2010年 03月 12日 ( 1 )

c0175975_20573849.jpg

なんとなく 帽子の箱に惹かれる。
祖母がタンスの上に積み上げていた伊勢丹の帽子のケース。
会社で働いていた頃にもらったケース。
円柱形の厚紙でできた箱なんだけどなんだか夢がある。
箱に入れなくては保管出来ないような帽子をかぶる事が無くなったから、
贅沢な気分に浸れるのかも。
重箱のように中に入れて収納できないし、
丸いから余分なスペースはできるし、全く機能的ではない。
不景気なおかげで余分な物は罪な感覚があるけれど
こんなちょっとしたどうでも良い事を楽しみたい。

白い物は厚紙製。
それほど高くないのでダービーハット程度の帽子が入っていたんだろう。
箱にある住所はVIA LAIETANA 
我が家の近所、もちろんこの帽子店ははもう無い。
下のケースは旅行用。
旅行にわざわざ帽子用のかばんを持って行くなんて
ある程度身だしなみにこだわることのできる裕福な人の持ち物だったろう。
一番下は旅行鞄。
スペイン映画でかなりの頻度で登場するごく普通のカバン。
古い物を見ていると頭の中で20世紀を旅できる。
[PR]
by patronistaT | 2010-03-12 21:12 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(6)