初めてタトゥー・スタジオに入る

c0175975_21533196.jpg

先日、東京から妹家族が遊びに来た際に、旧市街のパッサージュを案内していて
タトゥー・スタジオの前を通りかかった。ウチのおじいさんがTシャツが欲しいよと、
言うので妹達も東京でこんな店に入る経験はないだろうと入ってみる。けっこう大きな店。
店内いっぱいにタトゥーのデザインが飾られている。小6男児はビビリなので怖がる。
「入れ墨のお兄さんたちは、皆が悪い人じゃないから」
「ああいう子達だって階段で乳母車降ろすの手伝ってあげたりしてるの何度も見た事あるよ」
と、説明したりしてみる。
こっちは普通のおじさんとおばさん達だけど、私たちが日本人だと判ると、
日本から若い彫り師が来て実演したとかで写真を見せてくれた。
大昔、東京のイベントでたまたま彫り師の実演があってちらっと見た事がある。
図案はきれいなんだけどね、やっぱり日本人なので「や」の付く人たちとか連想する訳です。
3歳ぐらいの頃、いつも祖母と銭湯に行っていて
「あのおばちゃんの背中きれいだね」と叫んだとき祖母は慌てたそう。
増村保造監督の「刺青(1996年)」の若尾文子はいい、映画だからだけど。


20年以上も前に鼻にピアスあけてる。
鳥肌立ちそうな話。ホッチキッスのようなピアスが内蔵されている器具を買って、
自分でやろうとしたけど、いざとなると手に力が入らなくて、その時は看護婦になりたての妹に
パチンとやってもらったのでした。取り合えず、当時は会社員。
某アパレルメーカー企画勤務だったので、たいがいの服装は許されており、
(あんまりファッションレスだとねぇ、企画だし)
鼻ピアスでも特に問題なし。あ、もしかして誰も文句言えなかったのかも。
穴から鼻水出てこないか?とか、くだらない質問で話題にしてもらっていました。
ピアス再開しようとずっと思っていたんだけど、無くしちゃって持ってない。
でもなかなか薄暗いタトゥー・スタジオに入るのには勇気が必要。
でも先日入ったおかげで少々慣れた。「もし興味があったらタトゥーもどう?」なんて
言われたけど、現在97歳の祖母の頭のはっきりしている時に
言い残した言葉があるのでそれだけはやめておく。
「鼻ピアスはいいけど、刺青はやめてくれ」

ちなみ店員に聞いて見ると、15cm x 10cmの3色刷り程度で150ユーロぐらいだとか。
使用する器具も何もかも1点づつ消毒済みのパックに入れられていて、
免責事項、注意事項等の数枚の書面に署名必須で、きちんと管理されてる様子だった。





[PR]
トラックバックURL : https://patronista.exblog.jp/tb/25968474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2016-09-19 20:22
ただいま。もう先週の出来事が遠い昔の夢のようなカオスな国に帰国してます。凹
今回の訪問で、あれ、バルセロナってこんなにタトゥー人口多かった?と驚くほど市民の手足が鮮やかでありました。
日本人としては月並みですが、こんな身体で就職できるの?と思いましたが、訪問当時は暑すぎて市民の肌の露出も激しかっただけかも、と今思った。
ちなみに私にも20年前の若気の至りで一カ所入ってますが、やんなきゃ良かった感も多少あり、です。
Commented by patronistaT at 2016-09-20 16:42
一瞬、この年になって入れてみようかとよぎりましたが、
頭の中の冗談にすませました。ひらがなで一文字いれるかとかね。 
 何の柄が入ってるんでしょうか? 
ここ数年でタトゥースタジオ増加、柄入り人間もかなり増加です。
街を観察していると柄にも流行があるんだなって感じます。
こっちは一見普通に見える女性でも鼻、唇、耳たぶじゃない箇所のピアスしてる人も多いです。
by patronistaT | 2016-09-08 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)