ここの観光客が多すぎる問題  2

愚痴の続き。

先週から天気が悪く、曇りや雨模様、寒い。こんなとき「降っちゃえ、降っちゃえ」と、思う。
雨が降ると観光客は美術館、博物館へ行き、カフェやレストランの中の席に座るから騒音が少ない。最初はここも観光客が来ない場所だったのに、あれよあれよと言う間に人々の普通の暮らしに入り込んで来た。最近は買い物やバルに行って、会計やオーダーの時に英語で話しかけられる事が多い。

いつも読んでいるスペインニュースによると、今年3月にスペインを訪れた外国人観光客は増 加しているにも関わらず、個人消費は減っているらしい。
『旅行の予算平均は1人あたり1002ユーロ。また、訪問地別では、カナリアス、カタルーニャ、アンダルシアなど、観光客の多い地域での消費が高かったが、個人消費額が最も高かったのはマドリッドだった』(引用です)
c0175975_01465879.jpg
観光客で最近目立つのがやはり中国人の多さ。中国人観光客は私たちの生活を脅かすような 事は今の所は無い。いやなのは他の欧州からの客たち。バルセロナは物価が高い。それでも 他の欧州に比べると安い物がある。例えばビール。350ml缶をスーパーで買うと0.5ユーロ。 こんな 安かったら飲んじゃうよね。だからパキスタン系の移民が小さなスーパーを出店し まくる。
外人観光客は民泊で安く泊まって、どこに行っても見つけられるスーパーでビールを買う。
しかも海も太陽も無料。彼らにとっては天国。夏はきっとビーチで寝泊まりして、宿泊代を 浮かしている連中もいるらしい。食べ物やビールのゴミはそのまんま。ビーチの管理はもち ろんバルセロナがやらなければならない。もう、バルセロナのプラット空港で海と大陽税で も徴収すればいい。
(数年前からたしか1泊1ユーロの宿泊税がはじまったはず。でもこれは民泊では徴収できな い)昔からある商店は賃料の高騰で廃業に追いやられ(アールデコ建築と内装の素敵な店が!)
チェーン店のバルや移民の八百屋、スーパーになる。企業努力をしない個人商店、中小は淘 汰されてしまう。中世の歴史がある旧市街までそうなのだ。
そして道の細い旧市街やボルネ地区を縦横無尽に走り回るレンタルサイクル。
一人ならまだいいが、ガイドつきで数人連なって走られると危険すぎる。前の人について行 くのが精一杯で、周囲の人たちの事など目に入らない。そりゃ、レンタルサイクルがあった ら観光客は借りたくなるに決まっている。それならいっその事これ以上増やさないで欲しい 。
今のバルセロナは観光に力を入れすぎて住民の事はどうでも良い街になっている。
これでは風情なんて無くなるし、リピートしたくなる観光地にはならない。ただの人が多くってスリひったくりで治安の悪い観光地になりさがる。
観光客が来ないと存続できないのは判っている、でも質の良い客が来る様にしないと。
これはイギリスからのLCCが悪の根源か。
週末、飲みに行こうかと思っても家の近所だとかなりの確率で「バル難民」になって、
あっちこち彷徨う事になる。いつものバルに入れない。ここが好きななだけに、辛口になる なぁ。
日本もますます観光客が増えるはずだから気をつけた方がいいよ。
c0175975_01261827.jpg
 ここ数年前から、気がついたのは家の近所にイタリア人が増えた事。駅から家までの道にイタリア 人経営らしい安くておいしいピザ屋ができた。家の目の前に菜食主義のテイクアウトの店ができた 。それで、家の同じ階はイタリア若造の違法民泊。今までイタリア人を嫌った事は無かったが、
 彼らのせいで嫌いになりそうだ。日本人と比べるとスペイン人は騒々しい、だがイタリア人はそれ を上回る騒々しさ(たまたま彼らだけかもしれないが)


by patronistaT | 2016-05-12 00:00 | バルセロナ/スペイン事情