南欧の曲げ木の入れ物

c0175975_20211071.jpg
c0175975_20213670.jpg

曲げ木の入れ物を見つけた。
そういえば昔、曲げワッパの弁当箱を奮発して買ったなぁ。
お昼時にフタを開けるたび、木の香りがして
いい気分になったものだ。
日本から持ってくればよかった。
曲げワッパにはご飯とだよね。
さて、こっちでは何を入れたんだろう?
ボカディージョ(サンドイッチ)は紙で包む。
マメの煮たのなんか入れないよね、汁が出るし。
ヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」で
パルチサンがピレネーで山越えをするシーンを思い出した。

それとも、食べ物用じゃないのかな。
by patronistaT | 2013-02-17 20:30 | アンティーク古道具