人気ブログランキング |

映画の中の忘れられないメニュー

毎日こちらの全国紙新聞EL PAISにざっと目を通す。
けっこう面白いコラムや目を引く写真が多い。
芸術、音楽、文学、ファッション等の文化関連は日本の全国紙よりも充実していると思う。
10 comidas inolvidables de la historia del cine
料理研究家のコラム「映画の中の忘れられない10の食事」
面白い特集だな。
「何がジェーンに起ったか?」(1962年)のランチ
「パルプフィクション」のハンバーグ
「神経衰弱ぎりぎりの女たち」のガスパチョ
「暴力脱獄」のゆで卵  ...と、個性的な映画が並ぶ。
残念だけど他のは見てないの多い。

私の忘れられないメニューはやっぱりあれ。
c0175975_35137.jpg

日本でいうナポリタン・スパゲティ。ケチャップのスパゲティ。
ニール・サイモンの「グッバイ・ガール」でダンサーを目指す母親と
こまっしゃくれた娘がお金がなくって毎日食事はケチャップのスパゲティ。
スタローンの「ロッキー」でも低所得のイタリア系移民のロッキーの実家で
丸いテーブルの中央にどかっと置かれたスパゲティ。
具がたくさん入って記憶はない。たぶん炭水化物と油脂の固まり。
c0175975_3555599.jpg
 (あ、コンバースのオールスター履いて走ってたんだ、足痛めそう)

こんなしょうもないB級グルメの王者「ナポリタン」
海外にいるとなぜか無性に食べたくなったりする。
日本にいる時は作らなかったんだけどねぇ。

西部劇で野宿する時の晩ご飯に出てくる豆とか肉とか入っていそうな煮込み。
これは「丸大ハム」の厚切りを枝に刺してかぶりついてみたいのに共通する。
野宿っていうのにも憧れた。
c0175975_454015.jpg

中学生の頃、東京のスーパーでキャンベルの豆の煮込みの缶詰を見つけて
「これに違いない!」と買って食べてはみたが、まずかったという悲しい記憶もある。


極め付きはたぶんこれ。
問題のシーンのYOUTUBE動画があるなんて。
同じような事考えてる人がいるんだ。

アメリカ映画の食事のシーンでおなじみのマッシュ.ポテト。
「未知との遭遇」はSF映画でも一番好きで当時映画館で6回見た。
    (特別編じゃないの、これ以降のスピルバーグはダメなの)
自分で作ってフォークで同じようにつついてみたりした、子供でした。
こっちはジャガイモが安いのでよく作る。
作りながら思い出すのが、皿に盛り付けながら記憶を辿るロイ・ニアリーのこのシーン。

他にもニューヨークやサン・フランシスコが舞台の映画に良く出る、
箱に入ったテイクアウトの焼きそば。
最近はこっちでも見かけるようになった。
食べてみたいけど、食べない。だって子供の頃に見た映画のイメージが壊れるから。
「うまそう〜、一度食べてみたい!」で終わらせておくのでいい。

本当においしそうな料理が出てくる映画も見てるんだけど、
深く印象に残っているのはやっぱり70年代から80年代前半あたりまでの
アメリカ映画のだったりする。
なけなしのお小遣いほとんど映画に使ってた。
私、一度もアメリカに行ったことないので本場の貧乏移民スパゲティも
マッシュ・ポテトも食べた事がない。
by patronistaT | 2012-02-29 03:50 | 映画 CINE