人気ブログランキング |

さよなら'80s 永遠の微笑み

c0175975_52464.jpg


毎日お昼にはテレビをつける。
日本で言うNHK、午後2時に地元カタルーニャのニュース。
そのあと、ちょっとしたワイドショーのような番組がある。
夜のニュースの時も同じ。
日本と違って国営放送が芸能ニュースを流すのだ。
パリスがどうしたとか、ビヨンセがああだのとか。
カンヌ映画祭での出席者のファッションや
日本ではあまり見る事のできない海外の有名人の様子が流れる。

「ultima hora」というテロップで
ファラ・フォーセットの映像が流れた。
癌による闘病生活が続いていたのは知っていた。
25日、享年62歳
私はファラが出演していた「チャーリーズ・エンジェルス」を
一度も見た事がない。そのあとのシリーズから見るようになった。
毎月買っていた映画雑誌で彼女の歯を見せた笑顔のポスターを見た時は
ものすごく新鮮で、世の中の女性観の何かが
ちょっとだけ変わったのを子供ながらに感じた気がした。
「歯」を見せた笑顔なんて、その当時はほとんど無かったんだから。
映画は2本見ている。特に印象無し。
「サターン3」はカーク・ダグラスが筋肉ジジイなのが気持ち悪く、
若いハーベイ・カイテルの顔が嫌いだった。
ファラのことはほとんど覚えていない。
そのぐらいどうでもいい(ゴメン)女優だった。
でも、時はながれて、'80sがノスタルジーを感じるようになってから、
映画のワンシーンで部屋にあの有名なポスターが貼ってあったり、
「チャーリーズ・エンジェルス」がリメイクされたり、
あの頃の、なんとも言えないセンスがすごい物に感じることもある。
ほんとにファラは'80sのシンボルだったんだ。
どんどん時代が過ぎて行くなぁ。
      
    合掌
by patronistaT | 2009-06-26 05:06 | 日記