人気ブログランキング |

復活祭のお菓子 モナ

今日はPascua(パスクア)のMona(モナ)を食べる日。
この卵やヒヨコの飾りを付けたお菓子がモナ。
このお菓子は洗礼の時の世話人、名付け親(padrino/god father)から送られる。
数年前、友人宅でパスクアをお祝いした時に、
おじさんからわざわざモナのお届け物があった。
キリストが今日、復活したのをお祝いする。
町のケーキ屋さんはカラフルな羽のモナだらけ。
c0175975_23371371.jpg

c0175975_23382274.jpg

2枚の写真はPastisseria Santa Claraというケーキ屋さん
Jaume1の駅のそばにあって、同じ通りのパン屋さんと同じお店。
素朴でおいしい 私の行きつけのお店。
お洒落なカフェではないけど、
お客と店員のやり取りを見ながら食べるのもたのしい。
Pastisseria Santa Clara
 carrer Llibretería, 21, Barcelona, 08002

c0175975_23413524.jpg

c0175975_23521811.jpg

ここも行きつけの店。
中で食べる事はできないけど、創業140年ほどの古い店。
おしゃべりなご主人に捕まって、店の古い写真等見せてもらった事がある。
Pastisseria-Confiteria La Colmena
 Plaza de l’Àngel,12   Tel: 93 315 13 56

このモナの卵をみて相棒が、
「生卵を置いて焼いたんだよね?」
「・・・絶対違う。 卵の部分に場所を作っておいてから
   ほぼ焼き上がりにゆで卵を乗せたに決まってるじゃない!」と、私。
生卵をオーブンに入れたら破裂すると思うんだけど・・。


でも、あの大量にウインドーにあるモナは全部売れてしまうんだろうか?
日本のチェーン店でないケーキ屋さんは
クリスマスケーキは予約制だったりする。
こっちはそうでもないようだし。
あまったら、従業員でわけるのかな?
それとも、ギリギリになったら安売りする?




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
by patronistaT | 2009-04-13 23:49 | 食べる