この木なんの木 San Cugatでカルソッツ

日本へ帰国前に、食べなければならない物があった。
実は早春のカタルーニャ名物 カルソッツを食べた事がない。
 (定食では1回食べたけど)
バルセロナへ戻って来た頃にはもう旬は終わっているかも知れないし。

カルソッツとは、焼きネギ。
なんだそれだけか、とお思いでしょう。
それだけにシンプルでおいしい。
日本の下仁田ネギのような太目のネギを
炭火ではなくボウボウの火で周りの皮が真っ黒焦げになるように焼く。
焼けたネギを縦にぶらりと持ち、
もう片方の手で、外側の黒こげ皮を引きずりおろして、
アーモンドのたっぷり入ったコッテリソースをつけて
顔を上げて、ネギを下から受けるようにして行儀悪くいただく。

c0175975_2543572.jpg

向こうに見える黒い物体がカルソッツ

c0175975_256313.jpg

動物標本ではなくて、conejo(コネホ=ウサギ)の縦割りロースト(グロテスクです)
お肉が思ったより少なかったので、pollo(鶏肉)にすればよかった。

カルソッツはマシアと呼ばれる日本でいう山荘のようなところで食べるのが本格的。
だいたいそう言った場所は車が無いと不便。
私達は車無しなので、他の方のサイトで見つけたレストランが
どうやら電車と徒歩でも行けそうだということで、
サン・クガットの駅から45分ほどハイキング。


<駅からレストランまでの道の様子>
c0175975_313183.jpg
こんな日本の春を思わせる木や

c0175975_332635.jpg
ヨーロッパらしくて素敵だけど舞い降る花粉を連想してくしゃみが出そうな見事なミモザ

c0175975_351531.jpg
ゴッホの絵を思い出す

c0175975_394342.jpg
そしてこつ然と私達の前に現れたのが
この巨大な松。
ちょっと前の突風でめちゃめちゃになった木々も多かったのに
この老木の生命力はすごい。バルセロナは松の木が多いけどこんなに大きなのは初めて。
天気もよかったのでこの木の周囲でピクニックをしている人たちや、
ベンチで雑談するお年寄りなど。地元に愛されている松なんだろう。

巨木に圧倒されて、お腹もすいてフラフラと歩いていると、
急に茂みから何か飛び出した。
驚いた私達に「へへっ・・」と笑いかけたのはスペイン人のおじさん。
「今日のおかずにね」 手にはアスパラガスを握っている。
こっちではアスパラガスは山菜でもある。



<たらふく食べた帰り道>

c0175975_3165136.jpg
こんな風景に出会うと、日本が恋しくなる。



c0175975_3182658.jpg
そしてなぜかこんな人もいた。


昨日も天気が悪くて寒い。夏時間になったというのに。
早く暖かくならないかな。




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ
by patronistaT | 2009-03-31 03:06 | 郊外へ