<PASARELAS CIBELES2009/2010 マドリッド・コレクション>

しばらくぶりで更新です。

今日、マドリッド・ファッション・ウィークが終了。
お昼の公営放送のニュースでちらっと放映されていたではないですか!
新人デザイナーなのでいままでテレビではあまり紹介されていなかったような。
c0175975_6222840.jpg
このサーモンのワンピースは背中が開いていてレースアップ
c0175975_6225686.jpg

ホントに毎回思うんだけど、
デザイン画を渡されるときは
「どうなんのかな〜???・・・」
縫いあがっったら「まあまあ、かわいいかも・・・」
コレクションをみて
「洋服はやっぱり人間が着ないとね!」と、納得するわけだ。
正直に言って私はEl Delgado Builの服は着ないけど
見せ場を作る彼女たちのショーはカッコいいと思う。
意外性、色、動きなど「こうなっちゃうのね〜」と
たいてい納得してしまうのだ。
c0175975_6233559.jpg

c0175975_624196.jpg

上のパンツ2点が例の鳩目100個地獄
脇にヒモが通っているんだけど、
最初はこのヒモを共生地で作ってくれと言われた時は
「勘弁して〜」だってシフォンなら簡単だけど(でもないけど)
ベルベットで細いのは無理なのよ〜、何メートルあると思う?
下のパンツはシフォンにウィッグの転写プリント
写真ではよく見えないけど、刷毛目模様のようでニュアンスのある色合いがきれい
どちらのパンツも全く同じパターンだけど、生地が違うだけでこんなに変わってくるのだ。


ファッションショーを見て
「こんなの着れない」とは思わないで。
ショーはイメージ。
「モデルだから似合うんでしょ」私はそれも違うと思う。
好きだと思って着ればなんでも似合ってくるものだ。

ヴォーグ・エスパーニャのサイト
今回のコレクションの洋服を全部見る事ができます

EL DELGADO BUIL

EL DELGADO BUILのサイトの左上COLECCIONESをクリックすると
過去のコレクションの写真がでます。私の仕事もあるのでよかったらご覧下さい。

CIBELESマドリッド・コレクション公式サイト




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
[PR]
トラックバックURL : https://patronista.exblog.jp/tb/10965594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suga_bear at 2009-02-25 06:57
お疲れさまですー。縫い上がったものがモデルに着られてランウェイでお披露目されるってなんだか、興奮しちゃいます。オレンジのドレスの後ろが見たかったなあ。鳩目本当にご苦労様でした。パステルの色合いが素敵ですね。
Commented by granollers at 2009-02-25 07:56
お疲れ様です。
オレンジのドレス、素敵ですね。私も背中が見たかった!この手袋、
暖かそうでいいですね。ロシア人みたい。
Commented by patronistaT at 2009-02-26 02:39
suga_bear さん こんにちは
後ろ姿のショットがないかどうか探し中です。
きっとsuga_bear さんは繊細な素材の縫製になれていらっしゃるんでしょうね〜。
弟子入りさせてください!
Commented by patronistaT at 2009-02-26 02:41
granollers さん こんにちは
ミトンって大人になると使わなくなりますが、
チャーミングでいいですよね。
ふわっとした色使いもきつめのメイクのモデルが着ると
甘すぎずにカッコいいです。
Commented by yasasin at 2009-02-26 17:20
お仕事、大変そうですけど楽しそうだなぁ、といつも感心しております。
スペインのファッションっていうのは個性があって好きですね。
モデルじゃなくて、身に付ける人間の心意気によって着こなしが変わる、私も同感であります。
スペイン・ファッション。色使いが本当に素敵であります(愛)
Commented by patronistaT at 2009-02-26 17:57
yasasin さん こんにちは
会社にいた時は残業残業で「あぁ野麦峠」な時期もありました。
私達が切羽詰まるとその下の縫製工場ももっと大変です。

トルコは宗教の理由で着衣に制限がありますが、
たぶんその中でもデザイナーを目指している若者がいるんでしょうね。
以外と制限があったほうが物作りが爆発するような気がします。
Commented by makrele at 2009-03-04 07:39 x
今晩は。ひと段落されましたか?
鳩目地獄お疲れ様でした。
シフォンのパンツ素敵ですね。シルク?のパンツより表情とか好みです。
違うもんですね。
異素材の合わせ方もとても素敵です。
Commented by mchouette at 2009-03-11 10:01
>好きだと思って着ればなんでも似合ってくるものだ。
私、身長が167cmで、年齢の割には体型は大きくは崩れてなくって、結構ショーでつくったモデル着用の服なんかも着れるんです。で、先日、ショーで作った細身の黒のパンツがとってもお安くゲットできたというか、押し付けられてしまった。ぴったりだし、生地も上質で、ただ、膝から下がギャザーだのレースだのが、上品なんだけどついていて…でもこの写真見て着こなす参考になったわ。
「好き」っていう気持ちと、気合だよね。
でも「これが好き」っていうセンスとか、自分なりの拘りをきちんと持ってる人って案外と少ないかも。
素敵に着こなすとか、オシャレってどこか緊張感もいると思う。中年になってきて「おばさん」になるか「素敵な中年」になるかは、この緊張感で別れる気がするな。
私なんか、あなたはスタイルがいいから何でも似合うのよ、っていう言葉って、中年になると皆さん口にされるけど、それって自分に対する言い訳みたいにしか聞こえないな。
Commented by mimijean at 2009-03-16 09:27
*こんにちは。ご無沙汰しています。
parisは先週、ファッションウィークでした。

お仕事、大変そうですが、すてきなお仕事ですね。読みながら感心しました。なんかわくわくしながら、ブログ読ませていただきました。いいもの見せていただきました。刺激になりました~。ありがとう。
Commented by patronistaT at 2009-03-18 13:51
makrele さん こんにちは
鳩目地獄のその次はなにがくるでしょうか?
次のコレクションは9月なので7月頃にまた大忙しです。
Commented by patronistaT at 2009-03-18 13:54
mchouette さん おひさしぶりです!
おっしゃる事 同感です!!
若い時ってたった10年ぐらいしかない。
30、40歳を過ぎたらどう生きるかにかかってきますね。
・・・なんて言いながら忙しくて手入れを怠りがちな
自分に喝をいれてます。
Commented by patronistaT at 2009-03-18 13:59
mimijean さん こんにちは
やっぱりパリは憧れです。
会社に勤めていたとき、パリコレ出張を断った事があります。
若かったですね、行っておけばよかった〜。

日々の仕事の記事ですが、興味を持っていただいてうれしいです。
こちらこそありがとう!
by patronistaT | 2009-02-25 06:34 | EL DELGADOBUIL | Trackback | Comments(12)