タグ:旧市街 ( 95 ) タグの人気記事

フィリピン料理

久しぶりのラバル地区。知り合いのお兄さん宅の前を通り過ぎたところでフィリピンレストランを見つけた。ずいぶん前にこの辺りに数ヶ月住んでいたことがある。昼時になると、海外に住んでいる日本人なら誰でもが目を閉じて、茶碗に盛られた白米と一緒に食べているところを想像するような良い香りが漂ってきていた。ある時、アパートの入り口で男性に話しかけられた。
「お前もフィリピン人か?」ああ、そうか。フィリピン料理だったんだ。そう言われてみれば小柄で色黒のアジア人が多い。
それから、20年後ぐらいに再びバルセロナを訪れたのはセマナサンタの時期だった。この地区の教会から悲しみの聖母マリアを載せた山車が出て来る。周りは多数のフィリピン人。間違いなくこの教会の檀家(?)なのだろう。
そうだよね、昔スペインはフィリピンを植民地にしていたからカトリックだったかぁ。
あれから何年も経ってさらにこの地区にフィリピン移民が増えて、我が家の地域とは全く住民の顔立ちが違う場所になっている。
c0175975_19515424.jpg
私の注文した料理は海老のココナッツ炒め煮。辛くないタイカレーのようなもの。下にはご飯が隠れている。
相方の注文は牛肉の「シズリング」 メニューのスペルはどう見ても英語。後で調べてみると、焼き立てでジュージューしている状態を言う英単語だった。どうりで熱々の鉄板に盛られていたっけ。こちらもご飯付き。
コーラもビールも缶のが出て来るし、コーヒーはなかったりして適当な感じ。大昔、タイ南部のヒッピー島で毎食お世話になった食堂を思い出した。あのゆったり感、ここで味わえるとは。フィリピン人家族で経営しているような店。壁に貼ってある写真は故郷でのレストランでの様子かな? 美味しかったのでまた行きます。

フィリピン料理は生まれてから2度目。最初はラフォーレ原宿の向かいにあったセントラルアパートの中にあったレストラン。てネットで検索して見たら、ブログに書いている方いますね。懐かしくて思わずいくつも読んでしまった。

http://www.nonnakamura-presents.com/relayessay/eat/hiroko-kokubun-suginoko/



[PR]
by patronistaT | 2017-07-06 19:50 | 食べる

毎年のように年末はやって来る。あれよあれよ言う間にもう30日。
明日の大晦日の午前中まで郵便局はやっているけど、今日終わらせてしまおう。
その前に、旧ボルネ市場のミュージアムショップでカレンダー買わないと。
2、3週間前から探しているんだけど、旧市街にあるローマ遺跡の博物館のお店にもないのだ。
せっかく日本の友人に贈ろうと思ったのに、年明けになっちゃうじゃないか。東京の店なら11月ぐらいからカレンダー販売特設コーナーなんてあるに違いないのだけどね。なぜか今年は例年に比べてカレンダーの種類も量も少ない。
カレンダー目当てで行っただけなのだけど、以外にもこの市場の装飾がきれいだった。
c0175975_03084851.jpg

c0175975_03092966.jpg

c0175975_03102313.jpg

c0175975_03110645.jpg
そして最後の発送を終えたあとは、いつものお菓子屋さんでケーキを2個購入。
こんな包装してくれるなんて、まるで昭和なお菓子屋さん。これがいいんです。
お願いだから箱にしないでいつまでもこうやって包んで欲しい(たくさん買った場合は箱に入れてくれる)
普段、夜は食べないので、今日はケーキが晩ご飯。
ここ2、3年どこへ買い物に行っても英語で話しかけられる。観光客だと思われるのだ。
めんどくさいから英語にはそのままスペイン語で返す。中には『外人には英語』と条件反射のようになっている人もいて、こっちがスペイン語話していても、なぜか返事がずっと英語の時がある。なんか判る気がする。 勇気出して英語で話かけたけど、こっちがスペイン語判るって知るとホットする店員も。東京はもうすぐオリンピックが開かれるし、日本人も勇気だしてね!!
なんだかぜんぜん違う話で終わってしまいました。
私も来年も勇気出して行くぞ!!





[PR]
by patronistaT | 2016-12-31 03:06 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

リヨンまでちょっと 6

c0175975_17375026.jpg

いかにもフランスらしい感じの建物。パリの洗濯船を思い出す。

c0175975_17380516.jpg
こういう木の分厚いドアで、奥まっているのは、バルセロナでは特に旧市街では見かけない。

c0175975_17382691.jpg
あの丘の上まで歩いた、ものすごく長い階段で死ぬかと思った。。。
帰りはもちろん電車。

c0175975_17384054.jpg

c0175975_17401016.jpg

c0175975_17403183.jpg
日本でも人気のパン屋Paul バルセロナにもある。 リヨンにはあっちこっちにあって
ありがたみが薄れる。 甘い菓子パンには必ずミツバチがたかってる。
リヨンの蜂蜜はペストリーから作られるのか。 虫嫌いの方はこのタルト食べられないね。

c0175975_17405222.jpg

c0175975_17411379.jpg

c0175975_17412790.jpg

c0175975_17414388.jpg

c0175975_17421173.jpg

c0175975_17433388.jpg
実はリヨンのおまけ目的の一つは眼鏡店を探す事だった。
バルセロナでは取り扱いのないフランスのブランドが欲しくて。
日本では当たり前ではあるがフランスの販売価格の倍ぐらいする。
2軒見つけてどちらもバケーションで閉店だったけど、次回はメガネを買いに行く。





[PR]
by patronistaT | 2016-09-02 00:00 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)

リヨンまでちょっと 4

c0175975_20583401.jpeg
ほとんど予備知識なく行ったので、どこが見所、世界遺産なのかも知らなくて、
1日目の散歩のあとでどこが旧市街で世界遺産なのか知る。
旧市街と行ってもバルセロナの旧市街よりは多分ちょっとだけ新しい。
バルセロナはもっときちんと保護されていたら
世界遺産の価値があったはずなのに、、、と悲しくなる(今は荒れちゃって酷いのです)
リヨンの古い建物、なぜか外階段や廊下が多い。
雨が少ないのかと思って調べてみると、普通に降るらしい。
c0175975_20593296.jpeg

c0175975_21044815.jpeg
ブションでトイレに行ったら、奥がパティオになっていて、古井戸も残っていた
(保存状態は良くなかったので撮影しなかった)ちなみにトイレは昔のバルセロナの
食堂のトイレぐらい古くて汚くて小6の男子は入るのを嫌がった。
パティオの手前から螺旋階段で上はアパートに続く。
c0175975_21144347.jpeg

c0175975_21133628.jpeg
街を散策。多少は涼しいのかと期待していたが、バルセロナよりも気温が高い。
やはり内陸部の夏は厳しい。。。おかげで日焼けした。
ロータリーの植え込みは秋の気配。 ???と近寄ってみると、

c0175975_21163758.jpeg
赤紫蘇じゃないの、つまんで見ると良い香り。少し摘んで帰りたかったけど、
世界遺産の街なのでやめておきました。
c0175975_21180191.jpeg




[PR]
by patronistaT | 2016-08-31 20:57 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)

リヨンまでちょっと 2

c0175975_18123588.jpeg
午前中に到着したので最初の昼食探しも兼ねてとりあえず街を歩く。
快晴のリヨン 白くまぶしすぎる大聖堂 最近きれいにされたようだ
薔薇窓も大きい 昼食を逃すと困るので、中には入らない。あくまでも食べるが優先。

c0175975_18150192.jpeg

c0175975_18170546.jpeg

大聖堂前の噴水

c0175975_18190066.jpeg
丘の上に教会が見える

c0175975_18222625.jpeg
妹の期待の一つ、名物のどピンクのお菓子  私はおかずの方が気になる

c0175975_18370687.jpeg



[PR]
by patronistaT | 2016-08-23 18:10 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)

c0175975_22202722.jpg


c0175975_22144450.jpeg
最初はこのオルチャテリアのはあまり好きではなかった。
少々水っぽく、ときには粉っぽかったりする。
たぶん安定していないんだろうね。でも最近はそんな事はないようなので、通っています。
たまにはファルトンといっしょに。これは山崎パンの昔のロシアパンみたいな感じ。
素朴な懐かしの味。オルチャータに浸して食べるそうだけど、これができないのだ。
ぐちゃぐちゃになっちゃうでしょう。気持ち悪くて。。。
どうも日本人的にはお行儀が悪い行為と言う先入観もあってね。
チュロスもチョコラーテに浸しては食べられない。

オルチャータ、一年中売っている所もあるけど、
ほとんどの店で9月いっぱいで販売終了。夏のうちに飲んでおかないと。
今、日本ではタイガー・ナッツという名前で流行っているらしい。
本物を飲んだ事が無くて、家庭で作ると印象が悪いかもね。
おいしい!!と感動するような物ではないから。





[PR]
by patronistaT | 2016-08-18 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(0)

夏の祭り 2016

夏至が終わると住んでいる地区のお祭りが始まる。順々にバルセロナ中の地区の祭りがおこなわれ、最後は9月のMerceで締めくくる。(メルセを「メルセド」と書いている場合があるが
そうは発音しないので注意。メル とセを強く言う)7月の初めの週はここ。
以前はこの広場で花火はしていなかったが、数年前からやる様になった。土曜日の昼間は子供花火。大人と同じ事をするが、指導の兄貴達が付いてしっかり見守る。小さいパレードの先導と後にはバルセロナの白バイが付く。
c0175975_00261387.jpg

c0175975_00261320.jpg
教会までの列を待つチビ達。手に持っているのは花火を仕込む棒。先端に花火をつけて点火するとクルクル回転するのだ。チームによってユニフォームがあってこれはさながら
『赤い悪魔」軍団。

そして本格的な夏になる。暑いよ〜




[PR]
by patronistaT | 2016-07-03 00:02 | 下町風情 | Trackback | Comments(0)

愚痴の続き。

先週から天気が悪く、曇りや雨模様、寒い。こんなとき「降っちゃえ、降っちゃえ」と、思う。
雨が降ると観光客は美術館、博物館へ行き、カフェやレストランの中の席に座るから騒音が少ない。最初はここも観光客が来ない場所だったのに、あれよあれよと言う間に人々の普通の暮らしに入り込んで来た。最近は買い物やバルに行って、会計やオーダーの時に英語で話しかけられる事が多い。

いつも読んでいるスペインニュースによると、今年3月にスペインを訪れた外国人観光客は増 加しているにも関わらず、個人消費は減っているらしい。
『旅行の予算平均は1人あたり1002ユーロ。また、訪問地別では、カナリアス、カタルーニャ、アンダルシアなど、観光客の多い地域での消費が高かったが、個人消費額が最も高かったのはマドリッドだった』(引用です)
c0175975_01465879.jpg
観光客で最近目立つのがやはり中国人の多さ。中国人観光客は私たちの生活を脅かすような 事は今の所は無い。いやなのは他の欧州からの客たち。バルセロナは物価が高い。それでも 他の欧州に比べると安い物がある。例えばビール。350ml缶をスーパーで買うと0.5ユーロ。 こんな 安かったら飲んじゃうよね。だからパキスタン系の移民が小さなスーパーを出店し まくる。
外人観光客は民泊で安く泊まって、どこに行っても見つけられるスーパーでビールを買う。
しかも海も太陽も無料。彼らにとっては天国。夏はきっとビーチで寝泊まりして、宿泊代を 浮かしている連中もいるらしい。食べ物やビールのゴミはそのまんま。ビーチの管理はもち ろんバルセロナがやらなければならない。もう、バルセロナのプラット空港で海と大陽税で も徴収すればいい。
(数年前からたしか1泊1ユーロの宿泊税がはじまったはず。でもこれは民泊では徴収できな い)昔からある商店は賃料の高騰で廃業に追いやられ(アールデコ建築と内装の素敵な店が!)
チェーン店のバルや移民の八百屋、スーパーになる。企業努力をしない個人商店、中小は淘 汰されてしまう。中世の歴史がある旧市街までそうなのだ。
そして道の細い旧市街やボルネ地区を縦横無尽に走り回るレンタルサイクル。
一人ならまだいいが、ガイドつきで数人連なって走られると危険すぎる。前の人について行 くのが精一杯で、周囲の人たちの事など目に入らない。そりゃ、レンタルサイクルがあった ら観光客は借りたくなるに決まっている。それならいっその事これ以上増やさないで欲しい 。
今のバルセロナは観光に力を入れすぎて住民の事はどうでも良い街になっている。
これでは風情なんて無くなるし、リピートしたくなる観光地にはならない。ただの人が多くってスリひったくりで治安の悪い観光地になりさがる。
観光客が来ないと存続できないのは判っている、でも質の良い客が来る様にしないと。
これはイギリスからのLCCが悪の根源か。
週末、飲みに行こうかと思っても家の近所だとかなりの確率で「バル難民」になって、
あっちこち彷徨う事になる。いつものバルに入れない。ここが好きななだけに、辛口になる なぁ。
日本もますます観光客が増えるはずだから気をつけた方がいいよ。
c0175975_01261827.jpg
 ここ数年前から、気がついたのは家の近所にイタリア人が増えた事。駅から家までの道にイタリア 人経営らしい安くておいしいピザ屋ができた。家の目の前に菜食主義のテイクアウトの店ができた 。それで、家の同じ階はイタリア若造の違法民泊。今までイタリア人を嫌った事は無かったが、
 彼らのせいで嫌いになりそうだ。日本人と比べるとスペイン人は騒々しい、だがイタリア人はそれ を上回る騒々しさ(たまたま彼らだけかもしれないが)


[PR]
by patronistaT | 2016-05-12 00:00 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(4)

MRIを受けにオスピタル・デル・マル/Hospital del Marへ。
MRIとは核磁気共鳴画像法という。
英語ではmagnetic resonance imaging
スペイン語ではIRM(
Imagen por resonancia magnética)
エム・アール・アイと覚えてしまっているから、イ・エレ・エメと言われても
最初はピンとこない、順番が違うだけなのに。
難しい単語はみんな英語とほぼ同じだから、英語が話せるとたいが理解できる。
つくづく英米人は得だなと思う。

日本に住んでいた時に事故に遭い、検査をした結果、おまけで脳に動脈瘤が有るかもしれないので近いうちに検査するようにと言われた事がある。親に動脈瘤があると子供4人いると1人は
動脈瘤が有る場合が有ると言う。私の家庭は見事当てはまってしまったので、脳ドック1回10万円コースを覚悟で病院に行った。ところが話をしてみると、「そういう診断結果がでたなら」
1回につき1.5万円ですんだのだ。なら数年おきに検査してもビビらない。こちらに来てから最初は『病院へ行く』という事がものすごく大変な大仕事に感じてしまい、しばらくはいろんな事を無視していたんだけど、ようやく慣れて来てというか度胸もついてきたので、
ついにホームドクターに話のついでに動脈瘤の件を相談した。もちろん鍵になる専門的な単語は調べておく。MRI検査をするまでに3ヶ月はかかるよと言われたので、そうだよね、公立の病院だしねと覚悟はしていたが、なんと2週間で自分の番になった。しかも無料。病気になってしかもお金がかかるじゃ、余計に寿命が縮まる。
でも、今回のMRIは別件。年を取ると色々ある。
c0175975_22344528.jpeg
壁にモノクロ写真があった。
右下に年号がある。1932年とある。この病院、こんなに古くからあったとは。

c0175975_00192591.jpg
向こうに給水塔が見える。バルセロネタ公園/parque de la Barcelonetaの中にある。
公園自体は1996年にできた。給水塔はモデルニスタのジュゼップ・ドメニク・イ・エスタパ/Josep Domènech i Estapà(1858-1917)によって作られた1905年
では、病院はというと、同じ1905年年。
想像だけど、この頃に湾岸の整備が出来上がっていたのかと思う。




[PR]
by patronistaT | 2016-05-08 00:00 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

c0175975_21261416.jpeg

c0175975_21282875.jpeg

c0175975_21310023.jpeg

c0175975_21315854.jpeg

[PR]
by patronistaT | 2016-05-07 21:24 | 散歩 | Trackback | Comments(0)