テロから2週間。まるで何事もなかったかのような朝。
朝に散歩の習慣をつけるようにしている。続くかな。今日は海の方まで。
海までの道は左手はもうほとんど飲食店になってしまった。客はほとんど外人観光客。観光客の増加で今年の1月から7月までの間に、すでに約4700万人に達したそうだ。先日のテロがあってもイベント、ホテルなどのキャンセルは1件もなかったとか。このままだと来年も思いやられる。。。女性市長アダ・コラウさん、なんとかしてください!!
この靴屋、頑張っているけど時間の問題。いつまであるかな。ミッドセンチュリーな看板がいい感じ。
c0175975_00134314.jpg

こういう取り残された広告、まだ消さないでね。
c0175975_00143470.jpg

10年以上住んでいるが、初めてWホテルに接近。Wホテルの裏へ回る。
c0175975_00152578.jpg


c0175975_00162574.jpg

c0175975_00170375.jpg
もうトップマンタが店を広げている。マンタとはスペイン語で毛布とかの大きな布の意味。大風呂敷の四隅に紐を一つにまとめて、魚をとる網のようになっている。その上に商品を並べている。紐はいつ何時でもしっかり持つ。なぜかというと、警察だ!の一声で逃げなきゃならないから。売り物は中国製だと思われるブランド品の偽物のバッグなど。偽物の販売購入は犯罪です。というか、物作りしていた方からすると、偽物買う気になれないのです。
c0175975_00180736.jpg
面白い木。綿の木。トックリキワタというそうだ、この木は白い花が咲く。
c0175975_00191712.jpg

c0175975_00195251.jpg

いつまで続くか、この散歩。うっかり、ちょっと歩きすぎた。朝から4キロ以上は辛い。。。




[PR]
by patronistaT | 2017-09-01 00:00 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

c0175975_01343957.jpg
今日は夏至を祝うサン・ジョアンの日。
ビクトル・エリセの「みつばちのささやき」で
子供達が焚き火の上を飛び跳ねるシーンを覚えている人も多いでしょう。
あ、あのシーンはサン・ジョアンとは関係ないのかな。

これから日が暮れると花火がドンパチでとんでもなくうるさいのです。
花火は数日前から特設花火売店で売られていて、日本のようにコンビニで買えるものではない。
バルセロネッタの浜辺は飲めや歌えや踊れの大騒ぎに違いない。汗だくの大勢の人にまみれたくないので
一度も行ったことがない。ちょっとした小さなビーチパーティぐらいだったら行ってもいいし(行っていたけど)
この大騒ぎにはついて行けません。やだな〜、早めに終わってくれないかな。テレビの音も聞こえないほどうるさいんだから。 爆竹の音に驚いで犬が吠えまくるし。

そういえば、ここバルセロナ、住民のアンケートによると観光客の増加問題が失業率問題を上回ったらしい。

追記;
終わってみればそれほどうるさくなかった。10年ぐらい前の方がドンパチやっていたような気がするが、
ある時期から大きな打ち上げ花火の数が少なくなったような。
そのある時とはスペインの経済危機を境にしてだったと思う。




[PR]
by patronistaT | 2017-06-23 01:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

旅のおさらい 2

c0175975_00061048.jpg

c0175975_00061964.jpg

c0175975_00063773.jpg

c0175975_00064943.jpg

c0175975_00070997.jpg

c0175975_00071969.jpg

c0175975_00073725.jpg

c0175975_00082151.jpg
相方の兄弟の車で丹後半島の伊根へ。舟屋で有名な所で一度行ってみたかったのです。
桜もまだまだな3月半ば。天気が良く、寒天でも入ってるんじゃないかと思うような波の動き。
まったりです。やっと観光客用の駐車場を作っているような状態なので、まだそれほど全国から
山ほど人が押し寄せるような場所ではないのでしょうか。ほんとに誰もいなくて春の海を満喫できました。
再訪したい場所です。




[PR]
by patronistaT | 2017-05-29 00:00 | 日本 2017 | Trackback | Comments(0)

旅のおさらい






[PR]
by patronistaT | 2017-05-15 01:43 | 日本 2017 | Trackback | Comments(0)

ただいま工事中

先日の福岡駅前の道路陥没には驚いた。知人が毎日車で通っている所らしく、けが人がいなくて本当によかった。あの陥没がほんの数日で埋められて約1週間後には利用再開というニュースに世界が驚いているようだ。
ここの工事、何週間やってるんだろう。一度埋めたのに、また掘り返してたな。石の建物に囲まれている為、ドガガガガって亀裂いれる機械を使われると、音が周囲に響き渡り仕事どころの騒ぎではなかった。この四人でヒモを引っ張っているのだけど、右のほうから他の人のかけ声が聞こえてくる。どうやら地下に通したパイプの中になにかを通していて、それが右の数十メートル向こうから押し出しているのだ。私たちの住む地下の中には想像もつかないほどのケーブルだ、ガス管だのが埋められているとは思っていたけど、こんな風にやっているとは。。この方法が最新式とは思えないんだけど、どうなんでしょう。まるでドリフの舞台を見ている様で面白かった事はたしか。
バルセロナでも数少ない石畳の残るこの場所。きちんと元の通りに直してありました。
c0175975_03390252.jpg



c0175975_03401347.jpg

[PR]
by patronistaT | 2016-11-16 03:38 | 日記 | Trackback | Comments(2)

4度目のTerrassa


何年ぶりかに再びタラサを訪問。
小さな街だけど見所満載で、半日では時間が足りない。
いつもの塔。街の真ん中に中世の建築が残っているのはバルセロナと同じ。
c0175975_23402061.jpeg


カタラン・モデルニスモ 中にはチェーン店のカフェがテナントとして入ってる。
チェーン店か、、と思ったけど内装見るのに今度入っても良いかな。
c0175975_23414309.jpeg


ここは古い劇場。前に見た時はこんなにピンクではなかった気がする。
c0175975_23424969.jpeg

サバデイ銀行の入り口の両脇のレリーフ
「労働者よ!!」的な図案、バルセロナでもよく見かける。

c0175975_23460071.jpeg

稲に鎌に歯車
左上の女性が手にしているのは織機のシャトル さすが織物の街
c0175975_23444115.jpeg

c0175975_00163732.jpeg

秋の青空にレンガの色がきれい
やっぱりこの工場は美しい 博物館(有料)になっているが、受付の人に聞けば
テラスまでは無料で上がる事ができる。

c0175975_00181426.jpeg



c0175975_00195410.jpeg


c0175975_00210602.jpeg


c0175975_00221190.jpeg


c0175975_00231126.jpeg


[PR]
by patronistaT | 2016-09-16 00:00 | 郊外へ | Trackback | Comments(2)

c0175975_21533196.jpg

先日、東京から妹家族が遊びに来た際に、旧市街のパッサージュを案内していて
タトゥー・スタジオの前を通りかかった。ウチのおじいさんがTシャツが欲しいよと、
言うので妹達も東京でこんな店に入る経験はないだろうと入ってみる。けっこう大きな店。
店内いっぱいにタトゥーのデザインが飾られている。小6男児はビビリなので怖がる。
「入れ墨のお兄さんたちは、皆が悪い人じゃないから」
「ああいう子達だって階段で乳母車降ろすの手伝ってあげたりしてるの何度も見た事あるよ」
と、説明したりしてみる。
こっちは普通のおじさんとおばさん達だけど、私たちが日本人だと判ると、
日本から若い彫り師が来て実演したとかで写真を見せてくれた。
大昔、東京のイベントでたまたま彫り師の実演があってちらっと見た事がある。
図案はきれいなんだけどね、やっぱり日本人なので「や」の付く人たちとか連想する訳です。
3歳ぐらいの頃、いつも祖母と銭湯に行っていて
「あのおばちゃんの背中きれいだね」と叫んだとき祖母は慌てたそう。
増村保造監督の「刺青(1996年)」の若尾文子はいい、映画だからだけど。


20年以上も前に鼻にピアスあけてる。
鳥肌立ちそうな話。ホッチキッスのようなピアスが内蔵されている器具を買って、
自分でやろうとしたけど、いざとなると手に力が入らなくて、その時は看護婦になりたての妹に
パチンとやってもらったのでした。取り合えず、当時は会社員。
某アパレルメーカー企画勤務だったので、たいがいの服装は許されており、
(あんまりファッションレスだとねぇ、企画だし)
鼻ピアスでも特に問題なし。あ、もしかして誰も文句言えなかったのかも。
穴から鼻水出てこないか?とか、くだらない質問で話題にしてもらっていました。
ピアス再開しようとずっと思っていたんだけど、無くしちゃって持ってない。
でもなかなか薄暗いタトゥー・スタジオに入るのには勇気が必要。
でも先日入ったおかげで少々慣れた。「もし興味があったらタトゥーもどう?」なんて
言われたけど、現在97歳の祖母の頭のはっきりしている時に
言い残した言葉があるのでそれだけはやめておく。
「鼻ピアスはいいけど、刺青はやめてくれ」

ちなみ店員に聞いて見ると、15cm x 10cmの3色刷り程度で150ユーロぐらいだとか。
使用する器具も何もかも1点づつ消毒済みのパックに入れられていて、
免責事項、注意事項等の数枚の書面に署名必須で、きちんと管理されてる様子だった。





[PR]
by patronistaT | 2016-09-08 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)

 まるで7月に逆戻りした様な天気。 夏はもう飽きた。
 郵便局へ行かなければいかないが、暑すぎるので午前中に済ませたい。
 エルコルテ・ヤング館(私たちだけの呼び名)に頼んでおいた物を取りに行かなくては。
 これも同時に済ませたい、こんな暑さでは。。。

 スペイン映画「オール・アバウト・マイ・マザー」の撮影がされた小さな広場。
 だいぶ前から周囲は工事中でゴミゴミしていて、残念ながら風情がない。
 使われたシーンはペネロペとその父親役のフェルナンド・フェルナン・ゴメスが会うシーン。
c0175975_23594660.jpeg
 この辺、久しぶりに歩く。
 こんな所にヴィンテージ・ショップ。一時は骨董品店がどんどん閉店してたが、
 しばらく前からはインダストリアル系のヴィンテージショップが替わって増えだした。
 今日は時間がなかったので、次回入る事にする。

c0175975_00043115.jpeg


c0175975_00061705.jpeg

c0175975_00170546.jpeg
  バルセロナには珍しいパッサージュ。人気のカフェの2号店もできて人通りも増えた。
  あんまりチェーン展開すると付加価値もお洒落感も無くなるので、この程度にしておいて欲しいよね。

  最初はよかった”某カフェ”、どこにでも出店してファースト・フード化。従業員が少ないのと
  質が悪いので、店内汚いし態度悪いし。もう何年も行ってない。



  これはなんだと、おもったらサンタ・カタリーナ市場の設計をしたエンリク・ミラージェス基金の事務所。

c0175975_00193287.jpeg

c0175975_00261630.jpeg


c0175975_00265938.jpeg

 ランブラスへ出た。ランブラスを横断するのは国境や川を渡るぐらい勇気がいるのだ。
 だから下の方で渡る事にする。70年代そのまんまの感じのカフェ。中もそんな感じなのだ。
 大昔に入ったきり。今度、タイム・スリップしに入る事にしよう。

c0175975_00281635.jpeg
 UGTバルセロナ本部(かな?)労働組合だと思う。
 屋根のデザインが昔の工場の形。労働組合らしいね。

c0175975_00290835.jpeg
 今日のお昼の本命はこれ。 地元友人お勧めのボカディージョ店
 私が頼んだ中身はロースト・チキン、アスパラガス、カマンベール・チーズ。
 相方が頼んだのはロースト・ポーク、パテ、リンゴジャム
 以外とこだわりのボカディージョ店って言うのを見た事がないんだけど、なぜだろう? 
 ボカディージョってスペイン人の日常の味だよね。 
 ここはおいしいのでまた行こう。ちなみにボカディージョ以外もおいしそうでした。

c0175975_00295683.jpeg


c0175975_00312117.jpeg
 スケートボーダー達のアジト NYはスケートボード禁止らしい。アメリカからわざわざ
 そのために移住する若造が多いとか。
 うるさくて迷惑してるので、車いす以外の車輪付きはどんどん規制してくれ〜。
 しかも、スマホやりながらだったりするし。

c0175975_00325609.jpeg
 ブログに出て来た店が知りたい方はこっそりコメントで質問して下さい。




[PR]
by patronistaT | 2016-09-07 23:57 | 日記 | Trackback | Comments(3)

リヨンまでちょっと 6

c0175975_17375026.jpg

いかにもフランスらしい感じの建物。パリの洗濯船を思い出す。

c0175975_17380516.jpg
こういう木の分厚いドアで、奥まっているのは、バルセロナでは特に旧市街では見かけない。

c0175975_17382691.jpg
あの丘の上まで歩いた、ものすごく長い階段で死ぬかと思った。。。
帰りはもちろん電車。

c0175975_17384054.jpg

c0175975_17401016.jpg

c0175975_17403183.jpg
日本でも人気のパン屋Paul バルセロナにもある。 リヨンにはあっちこっちにあって
ありがたみが薄れる。 甘い菓子パンには必ずミツバチがたかってる。
リヨンの蜂蜜はペストリーから作られるのか。 虫嫌いの方はこのタルト食べられないね。

c0175975_17405222.jpg

c0175975_17411379.jpg

c0175975_17412790.jpg

c0175975_17414388.jpg

c0175975_17421173.jpg

c0175975_17433388.jpg
実はリヨンのおまけ目的の一つは眼鏡店を探す事だった。
バルセロナでは取り扱いのないフランスのブランドが欲しくて。
日本では当たり前ではあるがフランスの販売価格の倍ぐらいする。
2軒見つけてどちらもバケーションで閉店だったけど、次回はメガネを買いに行く。





[PR]
by patronistaT | 2016-09-02 00:00 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)

リヨンまでちょっと 5

 リヨンにはメトロ、路面電車、バスがある。こじんまりとした街なのでもし間違って乗っても
 大丈夫そう。切符はバルセロナと同様共通なので、どれにも乗ってみた。メトロの車両は
 少し小さめ。
c0175975_22303233.jpg

 自分の荷物からは離れないようにとの注意書きのよう。
 泥棒ではなくて、不審な荷物と思われない様にとの警告だった気がする。
c0175975_21573492.jpg
あとから気がついたらSans Souciという駅があった。
サン・スーシと言えば、1982年の映画「サン・スーシの女」というのがあった。
ロミー・シュナイダーの遺作。フランス語で「no problem」という意味らしい。
ベルリンにサンスーシ宮殿というのがあるそうだ。
c0175975_22261970.jpg
 すごく気になったのがこれ。「毛ガニ」にしか見えない。
 あとでネットで調べたら日本人には皆「毛ガニ」に見えるらしい。
 小6男児大喜び。パリにも毛ガニはあったそうだ。

c0175975_22294857.jpg

c0175975_22330972.jpeg
 バルセロナに比べてリヨンはアラブ系、アフリカ系移民がかなり多かった。
 ここバルセロナも最近はアフリカ系移民が増えたなと、感じるが近所で見かけるのは
 ほとんどが不法移民かもしれない金属クズ拾い。でもリヨンは会社員や学生の姿が多い。
 これだけアラブ系移民が多いとテロのあとのムードはどんなだったろう。
 大勢の人たちが行き来するリヨンの駅には迷彩服を来た軍人がかなりの数配備されていて、
 皆、自動小銃を持っており、通りすがりに銃口が触れるぐらいだった。
 さすがにバルセロナではそんな光景は見た事がない。
c0175975_22342586.jpeg


[PR]
by patronistaT | 2016-09-01 21:56 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)