タグ:スペイン ( 299 ) タグの人気記事

月に1度ぐらいの頻度で東京にいる友人に頼んで、ネットで購入したものをこっちに送ってもらっている。
運の良いことに私は一度も税関で引っかかったことがない、毎回普通に素通り。内容物は中古品、スナック、雑誌など。
2016年だったか国際郵便の新しいサービスができたので、今までのSAL便から新サービスである国際eパケットライトに乗り換えた。
サイトでは以下のように説明してあるけど、毎回ドアまで届けてくれる。
「配送状況を追跡サービスにより確認できるSAL便扱いの小形包装物(2kgまでの小形物品)で、配達の際は受取人の郵便受箱に配達します。」

最大で2.0kg まで 、欧州2,400 円、それで約1週間で届くならかなりうれしい。

c0175975_23414193.jpg

先日の帰国の際に渋谷のグローブスペックスでレスカのフレームでサングラスをオーダーした。
スペインへ戻らなければならないので、取りに来る時間がないと説明すると、担当の方が
「海外からのお客様も多いのでEMSでお送りできます」とのこと。
私は書類以外はEMSを利用したことがない。「EMSはちょっと。。。。」
国際eパケットライトの利用をお願いして見たところ、本部(?)から却下で出てたので、
時間がかかっても構わないので東京の友人宅へ送ってもらった。色々買ったものが2kgになるまで待ったので
サングラスが手元に来たのは約1ヶ月後だった。
ヨーロッパに住んでいるんだからフランスのメーカーのレスカはそっちで買えばいいのにと思うでしょうが、
こっちで取扱店がないのです。去年リヨン行った時はたまたま夏だったので数軒の取扱店はあったものの、
全てバケーションで全滅。だったら日本で作っちゃえ。もちろんフランスよりは高いけど、プロフェッショナルの手で
自分にあったように調節してもらい大満足。今回の帰国時の買い物で一番の出費。

今も7月6日に送った荷物がもうそこまで来ている。今度はちょっとハマっているは堅焼きせんべいと
中華調味料にorslowのデニムパンツ。あと何送ったっけ?

国際eパケットライト
https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacketlight.html

[PR]
by patronistaT | 2017-07-13 23:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

c0175975_01343957.jpg
今日は夏至を祝うサン・ジョアンの日。
ビクトル・エリセの「みつばちのささやき」で
子供達が焚き火の上を飛び跳ねるシーンを覚えている人も多いでしょう。
あ、あのシーンはサン・ジョアンとは関係ないのかな。

これから日が暮れると花火がドンパチでとんでもなくうるさいのです。
花火は数日前から特設花火売店で売られていて、日本のようにコンビニで買えるものではない。
バルセロネッタの浜辺は飲めや歌えや踊れの大騒ぎに違いない。汗だくの大勢の人にまみれたくないので
一度も行ったことがない。ちょっとした小さなビーチパーティぐらいだったら行ってもいいし(行っていたけど)
この大騒ぎにはついて行けません。やだな〜、早めに終わってくれないかな。テレビの音も聞こえないほどうるさいんだから。 爆竹の音に驚いで犬が吠えまくるし。

そういえば、ここバルセロナ、住民のアンケートによると観光客の増加問題が失業率問題を上回ったらしい。

追記;
終わってみればそれほどうるさくなかった。10年ぐらい前の方がドンパチやっていたような気がするが、
ある時期から大きな打ち上げ花火の数が少なくなったような。
そのある時とはスペインの経済危機を境にしてだったと思う。




[PR]
by patronistaT | 2017-06-23 01:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今回の帰国での最大のイベントは後半2週間はスペイン人の友人(女性)1名が参加することだった。彼女の周りの友人たちはみんな日本へ行っているのに、彼女だけは行ったことがなくて、しかも何年も前からの憧れの国で、しかも私たち日本人と一緒に行動できるからかなりの期待だった。
ちなみに彼女の友人たちはだいたい30代から40代。1980年代のスペインの大きな動きを若い時に体験している連中で
柔軟な考え方を持っている子達が多いと思う。50代になると仕事がない友人も多いせいもあって(元自営業者やアルバイトで食いつないでいた連中が多いので)、あまり日本に興味が無いようだ、遠すぎるしお金もかかるしね。オーバー50で1名だけ80年代に日本へ行ったことがある友人はシビラのコレクションのモデルの仕事で行ったそうだ。(懐かしいね、シビラの風呂敷は日本でライセンス契約して販売されているのでスペインでは手に入らない。旅に同行した友人はお土産に買っていた)

スペイン人との旅は東京ー京都ー大阪(奈良)ー金沢ー東京のルート。
金沢から高山へ日帰りした時のこと、私たちは帰国してからまだ一度も蕎麦を食べていなかったので、ここで食べないと食べそびれると思い、その日の昼食は蕎麦に決定。友人はかなりの偏食なので(多分日本人に比べると外国人は偏食の人が多く無いですか?)毎回私たちが勝手に決めていた。中庭のある古ぼけた昔ながらの蕎麦屋。白人の外人観光客も2組ほど、計6、7人はいただろうか。全員が暖かい蕎麦を食べていた。注文を決める時に友人もやはり暖かい蕎麦を希望。「え=、せっかく初めての蕎麦やなんだから冷たいのにしたら? 冷たい方が蕎麦の味がわかるんだよ」と、いう私たちのアドバイスで彼女はもりそば、私たちは天ざるに、なめこおろし。蕎麦がきた後に来店した外人家族もみな暖かい蕎麦を注文。「なんで外人はみんなあったかいのしか頼まないんだろうね」「だって、冷たいパスタなんか私たちにとっては意味がないのよ。温かいうちに食べないと。だから考えたこともなかった」と、彼女。あ、そうなんだ。日本だと冷たいスパゲティもあるし(て、いうかなんでもあり)、こちらこそそうだとは思いもよらなかった。彼女は私たちのおかげで蕎麦を楽しむことができたと感謝され、京都で食べた有名チェーン店のうどんよりは蕎麦の方が好きだと行っていた。蕎麦は冷たいのがオススメということは他のスペイン人友人にも伝えられるだろうね。 

その蕎麦屋で見た光景が忘れられない。外人家族の娘、多分10歳ぐらいが天ぷら蕎麦の上に乗っていたエビ天を箸で持ち上げ、衣を上から下へと剥がしていた。もそもそ食べていると、衣がぐちゃぐちゃになって気持ち悪いのよ、きっと。私も子供の頃嫌いだった。


[PR]
by patronistaT | 2017-05-25 18:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

油揚げが食べたい

3月から1ヶ月間帰国していました。1ヶ月も留守にするという事はその間の収入が無い訳で
帰国前は怒濤の忙しさ。旅支度は適当に旅券と航空チケット、
クレジットカードに今回初めて利用するJRパスさえあれば日本なんだからなんとかなるさ。
普段、昼食しか食べない生活しているのが、日本滞在中はスペイン人並みに1日5食ちかく。
実は5年ぶりの帰国だったので失われた時を求めて食べまくったのでした。
そんな中でやはり「油揚げ」は大切な食材で、いつもなら、甘辛く煮付けた後、
冷凍して大量に持ち込むのですが、今回はホテルから欧州に戻ったのでそれができずに残念。
持ち帰り分の食材は最初からあきらめていたので、ほとんど胃の中へ納めて来ました。

c0175975_22303025.jpg
いなり寿司を作ろうと、以前こちらで揚げを大量購入した所、煮ても焼いても硬く、
とてもじゃないが中にすし飯を入れるどころの物ではなかった事がありました。
しかたないので刻んでうどんの具。それでもアゴが疲れるほど堅かった。
油揚げなんて豆腐を揚げたものだろうと思っていたのが大間違い。
その後、自作に挑戦したところやはり堅すぎ。甘く見ていました。
水気があると堅くなってしまうのです。だから普通の豆腐と油揚げ用の豆腐は別に作るそうです。
そうなら、中国スーパーには「硬豆腐」というその名もズバリ堅い豆腐があるので
そのうち再挑戦してみるつもりです。そう言えば、前に醤油せんべいを作った時も
水分が残っていたため、歯が折れそうなせんべいになった事があった。
たぶんおんなじ理由なんでしょう。

以下、油揚げの作り方のリンクです。手間がかかりますが、試してみては。
http://www.ajiwai.com/otoko/make/abur_fr.htm



[PR]
by patronistaT | 2017-04-24 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(0)

ただいま工事中

先日の福岡駅前の道路陥没には驚いた。知人が毎日車で通っている所らしく、けが人がいなくて本当によかった。あの陥没がほんの数日で埋められて約1週間後には利用再開というニュースに世界が驚いているようだ。
ここの工事、何週間やってるんだろう。一度埋めたのに、また掘り返してたな。石の建物に囲まれている為、ドガガガガって亀裂いれる機械を使われると、音が周囲に響き渡り仕事どころの騒ぎではなかった。この四人でヒモを引っ張っているのだけど、右のほうから他の人のかけ声が聞こえてくる。どうやら地下に通したパイプの中になにかを通していて、それが右の数十メートル向こうから押し出しているのだ。私たちの住む地下の中には想像もつかないほどのケーブルだ、ガス管だのが埋められているとは思っていたけど、こんな風にやっているとは。。この方法が最新式とは思えないんだけど、どうなんでしょう。まるでドリフの舞台を見ている様で面白かった事はたしか。
バルセロナでも数少ない石畳の残るこの場所。きちんと元の通りに直してありました。
c0175975_03390252.jpg



c0175975_03401347.jpg

[PR]
by patronistaT | 2016-11-16 03:38 | 日記 | Trackback | Comments(2)

本日はビジネス・ランチ

c0175975_02474734.jpg
三ヶ月に一度は領収証や必要な書類を届けに会計を訪れる。近所に数軒入ってみたい店があったので、
今日はちょうど昼食時に来る事にした。店構えはフランスのビストロ風。
店名は東洋陶器または「ロザーナ」をヒットさせたバンドと同じ。
アンティーク風の作り物と判っていてもいい雰囲気が出てます。
洒落た店にする場合、アンティーク混ぜとけば間違いない!という感じ。
c0175975_02493512.jpg
一番乗りでした。キューブリックの映画「シャイニング」に出てくる幻のダイニングを思い出す。
本物の古い物と新品をうまく混ぜてある。
c0175975_02502655.jpg

c0175975_02510174.jpg
飲み物は昼間だけどビール。パンは普通に切った物以外にコカも付いて来た。
でもグラスのプレートが欠けてる。
c0175975_02513848.jpg
腐食したガラスの柱がきれい。わざわざ探したのか、腐食させたのか気になる。

c0175975_02524329.jpg
ビジネス・ランチ確か15ユーロぐらい。割と食べごたえあって良いんだけど。
少々雑な感じ、お昼のセットメニューだからしかたないのか。
食事出てくる前にトイレに行ったら、私たちが本日最初の客にも関わらず汚れていたので、
あんまり良いイメージ無し。せっかく良い雰囲気なのに。
平日の昼間で全席で客が一回転しそうもなさそうだった。 外国人の姿が多数。



[PR]
by patronistaT | 2016-11-07 02:45 | 食べる | Trackback | Comments(0)

歯医者通い 再び

日本で大昔に治療した歯の詰め物が取れてしまった。
悪い事はなぜか続いて、さらにもう1個。そしてもう1個と合計3個の破損。
なにもかもをすごくおっくうに感じる時期だったのでしばらく放置。
思い切って覚悟を決めて再びの歯科医通いが始まった。相方はインプラントの維持もある。
今回の壊れた3カ所の治療の見積もりが以下。スペインでは歯科治療には社会保険は適応しないので、全額実費です。4年前の相方のインプラントでは目の前が真っ暗になるような金額だったが、全行程終わるまでに1年近くかかったので、その都度終わった箇所から支払う訳です。
今回も1回払いではないし、もうとっくに腹をくくってます。
c0175975_00382789.jpg

先週はこの計画と見積もり。前回もこんな感じで1回1回かたづけていく。
内容は歯石除去とブリッジ1カ所、奥歯の修理2カ所。どれもセラミックです。
本日はtartrectomia/歯石除去、cuetaje/4カ所歯石除去のスケーリング、全部の歯の型取りまで完了。
初めての時からこの歯科医、他の歯科医の見積もりは出してもらっていない。最初にあった時の印象で決定。色々迷うのいやなのです。
たぶんこの歯科医は最新機器が揃っていて、レントゲンも他所に行く必要がないし、
審美歯科系なのでお高いです。一般人でも歯が命です。お肌のシミ除去も大事ですが、
私は今のところ歯を優先。
がんばって働きます。。。。
c0175975_01081223.jpg

c0175975_21534559.jpg



[PR]
by patronistaT | 2016-10-22 00:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

グエル公園に牛はいない

c0175975_22552487.png
バルセロナ観光の目玉でもあるグエル公園。
ここで知人が働いていて、面白い事を教えてくれた。
「モザイクの牛はどこにあるの?」
けっこうな数の観光客がこう尋ねてくるという。
グエル公園に牛はいない。
ランブラスにある土産物店にモザイクの牛の置物があるから、
それを見て、トカゲのほかに有るんだろうと思い込んでしまうのだ。
スペイン人はいい加減だから知らないのではない、無いのです。
このブログをみた日本人観光客はグエル公園で牛を探して時間を無駄にしないように。

下が土産物の牛の一つ。
だいたい闘牛の牛はバルセロナ、カタルーニャのシンボルではない。
(カタルーニャのシンボルで動物といえばロバ)
あまりにステレオタイプな置物。
土産といえばステレオタイプな物がほとんどなんだけど。
c0175975_22550661.png

[PR]
by patronistaT | 2016-10-16 23:03 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(0)

c0175975_23152660.jpeg
建物の工事の時はこんな風にする。最近は日本でもそうでしょうか。
初めてヨーロッパに旅行した時にこのホロをみて感動したものです。
このビル、カタルーニャ・カイシャ(CX)という銀行(信用金庫?)で
数年前までは別の名称だった(カイシャ・カタルーニャ)もしかして本店だったのかな?
この目の前にはBBVAという銀行の小さく目立たない支店がある。
正式名称はBanco Bilbao Vizcaya Argentaria 略して
BBVA
スペインでも経済的に豊かなバスク地方の銀行とカタルーニャの銀行、この2行が合併。
イメージカラー青と赤のグループがカタルーニャの伝統「人間の塔」を作り上げる。
 一緒に力を合わせて構築しよう!というなかなか良いデザインです。
BBVA、以前は支店も多かったのにどんどん減らしたので、業績悪いんじゃないかと思ってたけど、
どうなんでしょう。この2行ののうち、吸収されたのはカタルーニャ・カイシャだと思う。
BBVAはなぜか私とは相性が悪い。かつて2度もカード飲み込まれ事件に遭遇(15年間の間に)
でも、1回の引き出し可能額が多かった(たしか500ユーロだった、現在は不明)
日本の銀行も合併を繰り返しているので、どこがどの銀行だったかすっかり忘れてしまった。
私が就職して初めて持った口座は「第一勧業銀行」青山支店。キラー通りと246の角あたり。
今もあるかな。





[PR]
by patronistaT | 2016-10-04 23:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

c0175975_01182201.png
c0175975_01201408.png

長い事放置したままでごめんなさい。
実は2年ぐらい前からシアンCyanは日本からのバイヤーと話が進み、
取り扱いが決定していたのです。とりあえず、私の役目は終わったかなと、
思ったのですが、どうやらそうもいかないようで、こちらのブログの方へ移動します。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そして、日本ではCyanのブランド名がすでに商標登録されていたため
スペイン以外でのブランド名をCyedra(シエドラ)となりました。

facebook Cyan / Cyedra
http://www.cyanbolsos.com/


[PR]
by patronistaT | 2016-09-24 01:17 | CYAN BAG | Trackback | Comments(2)