タグ:グルメ ( 81 ) タグの人気記事

フィリピン料理

久しぶりのラバル地区。知り合いのお兄さん宅の前を通り過ぎたところでフィリピンレストランを見つけた。ずいぶん前にこの辺りに数ヶ月住んでいたことがある。昼時になると、海外に住んでいる日本人なら誰でもが目を閉じて、茶碗に盛られた白米と一緒に食べているところを想像するような良い香りが漂ってきていた。ある時、アパートの入り口で男性に話しかけられた。
「お前もフィリピン人か?」ああ、そうか。フィリピン料理だったんだ。そう言われてみれば小柄で色黒のアジア人が多い。
それから、20年後ぐらいに再びバルセロナを訪れたのはセマナサンタの時期だった。この地区の教会から悲しみの聖母マリアを載せた山車が出て来る。周りは多数のフィリピン人。間違いなくこの教会の檀家(?)なのだろう。
そうだよね、昔スペインはフィリピンを植民地にしていたからカトリックだったかぁ。
あれから何年も経ってさらにこの地区にフィリピン移民が増えて、我が家の地域とは全く住民の顔立ちが違う場所になっている。
c0175975_19515424.jpg
私の注文した料理は海老のココナッツ炒め煮。辛くないタイカレーのようなもの。下にはご飯が隠れている。
相方の注文は牛肉の「シズリング」 メニューのスペルはどう見ても英語。後で調べてみると、焼き立てでジュージューしている状態を言う英単語だった。どうりで熱々の鉄板に盛られていたっけ。こちらもご飯付き。
コーラもビールも缶のが出て来るし、コーヒーはなかったりして適当な感じ。大昔、タイ南部のヒッピー島で毎食お世話になった食堂を思い出した。あのゆったり感、ここで味わえるとは。フィリピン人家族で経営しているような店。壁に貼ってある写真は故郷でのレストランでの様子かな? 美味しかったのでまた行きます。

フィリピン料理は生まれてから2度目。最初はラフォーレ原宿の向かいにあったセントラルアパートの中にあったレストラン。てネットで検索して見たら、ブログに書いている方いますね。懐かしくて思わずいくつも読んでしまった。

http://www.nonnakamura-presents.com/relayessay/eat/hiroko-kokubun-suginoko/



[PR]
by patronistaT | 2017-07-06 19:50 | 食べる

今回の帰国での最大のイベントは後半2週間はスペイン人の友人(女性)1名が参加することだった。彼女の周りの友人たちはみんな日本へ行っているのに、彼女だけは行ったことがなくて、しかも何年も前からの憧れの国で、しかも私たち日本人と一緒に行動できるからかなりの期待だった。
ちなみに彼女の友人たちはだいたい30代から40代。1980年代のスペインの大きな動きを若い時に体験している連中で
柔軟な考え方を持っている子達が多いと思う。50代になると仕事がない友人も多いせいもあって(元自営業者やアルバイトで食いつないでいた連中が多いので)、あまり日本に興味が無いようだ、遠すぎるしお金もかかるしね。オーバー50で1名だけ80年代に日本へ行ったことがある友人はシビラのコレクションのモデルの仕事で行ったそうだ。(懐かしいね、シビラの風呂敷は日本でライセンス契約して販売されているのでスペインでは手に入らない。旅に同行した友人はお土産に買っていた)

スペイン人との旅は東京ー京都ー大阪(奈良)ー金沢ー東京のルート。
金沢から高山へ日帰りした時のこと、私たちは帰国してからまだ一度も蕎麦を食べていなかったので、ここで食べないと食べそびれると思い、その日の昼食は蕎麦に決定。友人はかなりの偏食なので(多分日本人に比べると外国人は偏食の人が多く無いですか?)毎回私たちが勝手に決めていた。中庭のある古ぼけた昔ながらの蕎麦屋。白人の外人観光客も2組ほど、計6、7人はいただろうか。全員が暖かい蕎麦を食べていた。注文を決める時に友人もやはり暖かい蕎麦を希望。「え=、せっかく初めての蕎麦やなんだから冷たいのにしたら? 冷たい方が蕎麦の味がわかるんだよ」と、いう私たちのアドバイスで彼女はもりそば、私たちは天ざるに、なめこおろし。蕎麦がきた後に来店した外人家族もみな暖かい蕎麦を注文。「なんで外人はみんなあったかいのしか頼まないんだろうね」「だって、冷たいパスタなんか私たちにとっては意味がないのよ。温かいうちに食べないと。だから考えたこともなかった」と、彼女。あ、そうなんだ。日本だと冷たいスパゲティもあるし(て、いうかなんでもあり)、こちらこそそうだとは思いもよらなかった。彼女は私たちのおかげで蕎麦を楽しむことができたと感謝され、京都で食べた有名チェーン店のうどんよりは蕎麦の方が好きだと行っていた。蕎麦は冷たいのがオススメということは他のスペイン人友人にも伝えられるだろうね。 

その蕎麦屋で見た光景が忘れられない。外人家族の娘、多分10歳ぐらいが天ぷら蕎麦の上に乗っていたエビ天を箸で持ち上げ、衣を上から下へと剥がしていた。もそもそ食べていると、衣がぐちゃぐちゃになって気持ち悪いのよ、きっと。私も子供の頃嫌いだった。


[PR]
by patronistaT | 2017-05-25 18:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

油揚げが食べたい

3月から1ヶ月間帰国していました。1ヶ月も留守にするという事はその間の収入が無い訳で
帰国前は怒濤の忙しさ。旅支度は適当に旅券と航空チケット、
クレジットカードに今回初めて利用するJRパスさえあれば日本なんだからなんとかなるさ。
普段、昼食しか食べない生活しているのが、日本滞在中はスペイン人並みに1日5食ちかく。
実は5年ぶりの帰国だったので失われた時を求めて食べまくったのでした。
そんな中でやはり「油揚げ」は大切な食材で、いつもなら、甘辛く煮付けた後、
冷凍して大量に持ち込むのですが、今回はホテルから欧州に戻ったのでそれができずに残念。
持ち帰り分の食材は最初からあきらめていたので、ほとんど胃の中へ納めて来ました。

c0175975_22303025.jpg
いなり寿司を作ろうと、以前こちらで揚げを大量購入した所、煮ても焼いても硬く、
とてもじゃないが中にすし飯を入れるどころの物ではなかった事がありました。
しかたないので刻んでうどんの具。それでもアゴが疲れるほど堅かった。
油揚げなんて豆腐を揚げたものだろうと思っていたのが大間違い。
その後、自作に挑戦したところやはり堅すぎ。甘く見ていました。
水気があると堅くなってしまうのです。だから普通の豆腐と油揚げ用の豆腐は別に作るそうです。
そうなら、中国スーパーには「硬豆腐」というその名もズバリ堅い豆腐があるので
そのうち再挑戦してみるつもりです。そう言えば、前に醤油せんべいを作った時も
水分が残っていたため、歯が折れそうなせんべいになった事があった。
たぶんおんなじ理由なんでしょう。

以下、油揚げの作り方のリンクです。手間がかかりますが、試してみては。
http://www.ajiwai.com/otoko/make/abur_fr.htm



[PR]
by patronistaT | 2017-04-24 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(0)

豆大福作りました

昔と違ってここバルセロナでも日本の物が色々と手に入る様になって来ましたが、
外国なので「これかぁ。。。」ってこともあるのです。だったら作るしか無い。
今まで、辛子明太子、干物、納豆など作りましたが、その中でもこれが一番簡単。
あんこは若い時から作り慣れてるしね。でも今回はあずき1キロだったのでまるで河瀬直美監督の
映画の様に念には念を入れて挑みました。が、実は焦がしてしまいました。
迅速に別の鍋に移し替えて、焦げた底の部分はごっそり廃棄したので焦げの臭いも残らず大丈夫。
c0175975_23233105.jpg
我が家には電子レンジがないので、昔ながらの蒸して練っての作業。えんどう豆はこっちでは
見つからなかったので、去年の夏に妹が来た際に持って来てもらったもの。
もう賞味期限切れてます。でも食べますよ、もちろん。その他の材料は全部、中華系スーパーで入手。相方は大喜びでなんと夜食にも食べていました。私は会社勤めの時にお弁当におはぎを持って行くほどあんこ好き。ケーキよりはあんこの方が食べられます。いまだに食後のデザートにケーキ食べるスペイン人が信じられない。甘い物の別腹を私は持っていなくて、辛い物専用別腹のみ。
来週は草団子作ります。
そう言えばこの冬はまだ辛子明太子作ってないな。




[PR]
by patronistaT | 2017-01-24 23:22 | 食べる | Trackback | Comments(2)

絶滅危惧バルにて

c0175975_01361261.jpg
先日、友人のアトリエ近くで昼食を食べる機会があった。
「安普請な感じのバルだけどいいよね?」
もちろん。私たちの住む地域にはスペインならではの地元民御用達のおやじバルはすでに絶滅。
現代的な安普請、なんと行ったらいいかアンティークもどきの安っぽい、どこにでもありそうな
風情のかけらもないお洒落もどきのバルやタベルナばかり。見た目はきれいだけど、偽物ぽくって
つまらないのです。(当方、浦安にあるテーマパークよりも花やしきの方が好きな方)
バルセロナ中心から離れれば、昔ながらの本当に地元のオジさんが昼飯食べに来ているバルがまだまだある。
まさに「入りにくい居酒屋」で私たち外人だけだと、「おまえら何しに来た?」な顔で出迎えられる。
その日、昼食を食べたバルはスロットマシン2台、テレビ、蛍光灯完備。カウンターには昼からビール立ち飲み
しているオジさん。これだけそろえば完璧です。
私たち、スペイン人との混成客計3名。
赤ワイン2杯、ガス入り水小1本、ピミエントス・デ・パドロン(ししとうのオリーブオイル焼き)、
イカフライ(アンダルシア風)、イイダコのニンニク焼き、この店のパタタス・ブラーバス、
これで上の金額。今なら2850円。安い、安い上に量も適度にありおいしい。
特にイイダコがかりっと焼かれていて、白いご飯にも合いそうなぐらい。
また是非行きたいです。残念ながら旅行で来られる方向けではありません。


[PR]
by patronistaT | 2016-12-09 01:35 | 食べる | Trackback | Comments(0)

本日はビジネス・ランチ

c0175975_02474734.jpg
三ヶ月に一度は領収証や必要な書類を届けに会計を訪れる。近所に数軒入ってみたい店があったので、
今日はちょうど昼食時に来る事にした。店構えはフランスのビストロ風。
店名は東洋陶器または「ロザーナ」をヒットさせたバンドと同じ。
アンティーク風の作り物と判っていてもいい雰囲気が出てます。
洒落た店にする場合、アンティーク混ぜとけば間違いない!という感じ。
c0175975_02493512.jpg
一番乗りでした。キューブリックの映画「シャイニング」に出てくる幻のダイニングを思い出す。
本物の古い物と新品をうまく混ぜてある。
c0175975_02502655.jpg

c0175975_02510174.jpg
飲み物は昼間だけどビール。パンは普通に切った物以外にコカも付いて来た。
でもグラスのプレートが欠けてる。
c0175975_02513848.jpg
腐食したガラスの柱がきれい。わざわざ探したのか、腐食させたのか気になる。

c0175975_02524329.jpg
ビジネス・ランチ確か15ユーロぐらい。割と食べごたえあって良いんだけど。
少々雑な感じ、お昼のセットメニューだからしかたないのか。
食事出てくる前にトイレに行ったら、私たちが本日最初の客にも関わらず汚れていたので、
あんまり良いイメージ無し。せっかく良い雰囲気なのに。
平日の昼間で全席で客が一回転しそうもなさそうだった。 外国人の姿が多数。



[PR]
by patronistaT | 2016-11-07 02:45 | 食べる | Trackback | Comments(0)

 まるで7月に逆戻りした様な天気。 夏はもう飽きた。
 郵便局へ行かなければいかないが、暑すぎるので午前中に済ませたい。
 エルコルテ・ヤング館(私たちだけの呼び名)に頼んでおいた物を取りに行かなくては。
 これも同時に済ませたい、こんな暑さでは。。。

 スペイン映画「オール・アバウト・マイ・マザー」の撮影がされた小さな広場。
 だいぶ前から周囲は工事中でゴミゴミしていて、残念ながら風情がない。
 使われたシーンはペネロペとその父親役のフェルナンド・フェルナン・ゴメスが会うシーン。
c0175975_23594660.jpeg
 この辺、久しぶりに歩く。
 こんな所にヴィンテージ・ショップ。一時は骨董品店がどんどん閉店してたが、
 しばらく前からはインダストリアル系のヴィンテージショップが替わって増えだした。
 今日は時間がなかったので、次回入る事にする。

c0175975_00043115.jpeg


c0175975_00061705.jpeg

c0175975_00170546.jpeg
  バルセロナには珍しいパッサージュ。人気のカフェの2号店もできて人通りも増えた。
  あんまりチェーン展開すると付加価値もお洒落感も無くなるので、この程度にしておいて欲しいよね。

  最初はよかった”某カフェ”、どこにでも出店してファースト・フード化。従業員が少ないのと
  質が悪いので、店内汚いし態度悪いし。もう何年も行ってない。



  これはなんだと、おもったらサンタ・カタリーナ市場の設計をしたエンリク・ミラージェス基金の事務所。

c0175975_00193287.jpeg

c0175975_00261630.jpeg


c0175975_00265938.jpeg

 ランブラスへ出た。ランブラスを横断するのは国境や川を渡るぐらい勇気がいるのだ。
 だから下の方で渡る事にする。70年代そのまんまの感じのカフェ。中もそんな感じなのだ。
 大昔に入ったきり。今度、タイム・スリップしに入る事にしよう。

c0175975_00281635.jpeg
 UGTバルセロナ本部(かな?)労働組合だと思う。
 屋根のデザインが昔の工場の形。労働組合らしいね。

c0175975_00290835.jpeg
 今日のお昼の本命はこれ。 地元友人お勧めのボカディージョ店
 私が頼んだ中身はロースト・チキン、アスパラガス、カマンベール・チーズ。
 相方が頼んだのはロースト・ポーク、パテ、リンゴジャム
 以外とこだわりのボカディージョ店って言うのを見た事がないんだけど、なぜだろう? 
 ボカディージョってスペイン人の日常の味だよね。 
 ここはおいしいのでまた行こう。ちなみにボカディージョ以外もおいしそうでした。

c0175975_00295683.jpeg


c0175975_00312117.jpeg
 スケートボーダー達のアジト NYはスケートボード禁止らしい。アメリカからわざわざ
 そのために移住する若造が多いとか。
 うるさくて迷惑してるので、車いす以外の車輪付きはどんどん規制してくれ〜。
 しかも、スマホやりながらだったりするし。

c0175975_00325609.jpeg
 ブログに出て来た店が知りたい方はこっそりコメントで質問して下さい。




[PR]
by patronistaT | 2016-09-07 23:57 | 日記 | Trackback | Comments(3)

リヨンまでちょっと 3

リヨンに到着したのが午前11時、そこから市内まで行き、昼食を求めて
ブラブラしていたのですが、少々出遅れました。スペインの昼食時間になれていると
うっかりしてしまう。スペインの昼食時間は2時前後。
フランスは隣だからといってここぐらい遅い訳ではないのです。
川の中州の向こう側に川に平行している石畳の道があり、食堂がたくさん立ち並ぶ。
庶民的な店から多少洒落た店構え等、だいたい15ユーロから28ユーロぐらいで
前菜、メイン、デザートのメニューがある。お昼の営業を終わっている店も多いので
ここでスパッと決めてしまわないと。というところで、15ユーロの店にしてみた。
大人3名+11歳の男児1名 それぞれにメニューを注文。
11歳の男児の前菜はリヨン風サラダ。むこうにみえるのがそう。ベーコンと目玉焼きがのっている。
手前のが相方の頼んだよくわからない一皿。ピンクっぽいのはソーセージみたいだったけど、
他の2つは入っている野菜が不明。茹でた大根のような。。。
c0175975_01273562.jpeg
向こうのボウルに入っているのがオニオングラタンスープ。
こちらはチーズの入ったパイ。
う、、、もうこれでお腹いっぱいになりそう。もちろんカゴに入ったパンは食べていない。
c0175975_01292069.jpeg
さて、メイン。
向こうがリヨン名物、クネル。ザリガニのソースになんとご飯付き。。。
手前はあえて頼んでみたのが、フランスのカジョス。かなり獣の味です。
臭いもの平気なんだけど、途中でギブアップ。
c0175975_01302072.jpeg

向こうは11歳の男児が注文した肉。子供らしい注文の仕方です。
手前はなんか腸詰めみたいなヤツのベシャメルソースのグラタン。
c0175975_01314841.jpeg
同じ観光地のバルセロナと比較して、安いのに量が多く、調理した物が出てくるのに驚き。
この状態だとあと2回の昼食を考えないと食べきれないし、どうしようかと心配。
ここ、かなり庶民的な店です。あとで判ったのですが
地元の人も多く訪れる量が多いと知られた店らしい。
夕食は家では食べないのですが、旅行では食べたい方。でもこの旅行では夕食抜きになりました。






[PR]
by patronistaT | 2016-08-29 01:26 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(2)

c0175975_22202722.jpg


c0175975_22144450.jpeg
最初はこのオルチャテリアのはあまり好きではなかった。
少々水っぽく、ときには粉っぽかったりする。
たぶん安定していないんだろうね。でも最近はそんな事はないようなので、通っています。
たまにはファルトンといっしょに。これは山崎パンの昔のロシアパンみたいな感じ。
素朴な懐かしの味。オルチャータに浸して食べるそうだけど、これができないのだ。
ぐちゃぐちゃになっちゃうでしょう。気持ち悪くて。。。
どうも日本人的にはお行儀が悪い行為と言う先入観もあってね。
チュロスもチョコラーテに浸しては食べられない。

オルチャータ、一年中売っている所もあるけど、
ほとんどの店で9月いっぱいで販売終了。夏のうちに飲んでおかないと。
今、日本ではタイガー・ナッツという名前で流行っているらしい。
本物を飲んだ事が無くて、家庭で作ると印象が悪いかもね。
おいしい!!と感動するような物ではないから。





[PR]
by patronistaT | 2016-08-18 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(0)

またオルチャータ飲んでます。たしか昨年、石田純一氏がバレンシアを取材していた番組で
飲んだ後に微妙な表情をしているのを見た。
やはりお気に召さなかったようです。最初はそんな扱いの飲み物。。。
秋には販売しなくなる店がほとんどなので、今が味わうよい機会。
バレンシアの名産なので、もしかしたらこの辺り以外では飲めないのかも。

初めて訪れたこのオルチャテリア。オルチャータ専門ではないのでカフェテリアでしょうか。
数店舗あるのは本家が別れて諍いの後、それぞれに出店したからだそうで。
この店は割と最近の開店らしい。そんな感じ受けます、まだきれい。一見お洒落にみえますが、
まがい物の古道具を使った今流行のインテリア。アンティークのリプロダクトは安物に見えてどうも好きになれない。椅子はヴィンテージだった気がする。店内が広いのは良いのですが音が反響して
落着かない空間となっております。それほどお客が多くはなかったので、まだいいですが満員だと
乗り物酔いににた気分の悪さを呼びます。
でも今日はオルチャータが主役なので。

c0175975_17322830.jpg

c0175975_17322837.jpg
前置きが長かったですが、味良しです。
私が知ってるオルチャータの金額よりもほんの少し高いだけ。20センチモぐらいかな。

お店を知りたい方は自分で探してくださいね。ヒント出てるので。




[PR]
by patronistaT | 2016-07-29 17:42 | 食べる | Trackback | Comments(2)