タグ:アンティーク ( 125 ) タグの人気記事

書店で衝動買い

c0175975_00015768.jpg
会計士に本年度2期の領収証を届けに行った帰り、通りすがりの書店に立ち寄った。
芸術、ファッション系の本がウインドーに並んでいたから。
アートに限らず哲学、歴史、映画等どちらかと言えば
サブカルチャー(80年代までの)好きも惹き付ける様な本が並んでいるような感じ。
そこまでかたよってはいないか。手前から順番に平積みにしてある本を見て行く。棚に入った本の背表紙の題名を見るのは苦手だ。せめて横に並んでいたらもう少し頭にはいってくるんだけど。
表紙で目についたのがこれ。今、マドリッドで展覧会をやっているボスコ。無い様な15世紀ぐらいの薄暗い、不気味な文化の解説本。魔女、魔法使い、悪魔、錬金術史、占星術などなど。
小説ではないので、好きな部分から読む事ができるし絵もたくさんあるので読みやすいはず。
さて、いつ読み終わるのか。。。。

Libreria Documenta
C/Pau Claris,144,08009,Barcelona

[PR]
by patronistaT | 2016-07-20 00:13 | 買い物 | Trackback | Comments(0)

聖シモンとカルメル山の聖母子の出現について調べていたら見つかった絵
聖シモンは13世紀のイギリスの聖人、
聖母の出現により茶色のエスカプラリオを授かったと言われる
祝日は5月16日
c0175975_17403825.jpg

c0175975_17404811.png


c0175975_17410123.png

[PR]
by patronistaT | 2016-06-24 17:42 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

ガラスネガから昔を覗く

c0175975_02290045.jpg
c0175975_02293655.jpg
c0175975_02294424.jpg
これはルルドの大聖堂だな
バルセロナで見つけたガラスネガ、ここからルルドまではとても近い。
近いと言っても昔だから、それほど交通手段もないし、しかもヘミングウェイの小説にも出てくる
ピレネーの山越えもある。お金持ちは自家用車、庶民はバスまたは馬車。
そうとう信心深い人は徒歩だったのか。


[PR]
by patronistaT | 2016-03-21 02:34 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(0)

Victorian Interiors 1837-1901



ピアノ曲つきです。音量に注意。

[PR]
by patronistaT | 2016-02-29 00:39 | 古い建物 | Trackback | Comments(0)

c0175975_23362344.jpg
c0175975_23353850.jpg
c0175975_23355144.jpg
c0175975_23360542.jpg
c0175975_23361189.png
c0175975_23361752.jpg
c0175975_23362941.jpg


昨年11月から始動していたパターンの仕事がデザイナーの都合で頓挫した。
当初からあまりにも時間がなさ過ぎなので、次回に回したらどうかと提案だけはしておいた。
少々嫌な予感がしていたのが、見事に的中。デザイン自体は面白く、やりがいの有る物だったのに
デザイナーの自覚不足により、続行不可能になってしまった。
とりあえず、やった仕事分のお金は回収しつつあります。
パタンナーとサンプル縫製の人手不足だったので他にも探していたんだけど、
紹介しなくてよかった。他にも迷惑がかかるところでした。
割とこういう仕事ってあるんです。でも、経験者っていないのよ。
パリに行くとたくさんいるんだろうな。





[PR]
by patronistaT | 2016-02-25 23:44 | ファッション | Trackback | Comments(0)

ハンガリーの切手

c0175975_18433939.jpg
c0175975_18433118.jpg
この前はイギリスの切手だったので、
ついでにハンガリーのも。
すこし大きめでレースの部分がエンボス加工だった記憶がある。
一時期、こういうテキスタイル、レース関連の切手ばかり集めて販売していた。
毎週日曜日の午前中は市へ出かけて、なじみのおじさんに頼んでおくのだ。
もう何年も切手の市へはいってないなぁ。


[PR]
by patronistaT | 2015-10-14 00:00 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

c0175975_18353436.jpg
c0175975_18354997.jpg
昔の写真を整理していたらこんなのが出て来た。
イギリスの切手、テキスタイル特集。
何年に発行されたんだろう。
イギリスの切手に必ずある女王陛下の横顔。
シルエットだと「メリーチョコレート」を思い出す。


[PR]
by patronistaT | 2015-10-12 00:00 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

c0175975_22293619.jpg

c0175975_22295397.jpg

c0175975_22301022.jpg

他所から拝借した写真3枚
欲しいですね。。。

先日NHK「所さん!大変ですよ」という番組を見た。
神主のいない多数の神社から仏像が盗難されているというのだ。
20年ぐらい前もアラブ系移民が道ばたのお地蔵さんを盗んで売却したという事件があったな。
もちろん盗みはいけない事だが、さらに悪いのは歴史もいわれも知らない者(たぶん)が
金に困って安価で骨董屋に売り、中には盗品と知った骨董屋が
安く買いたたいちゃったりすることもあるのではないかと思った。
輸送途中に手が取れたり、塗装が剥がれたり。
好きでもないし、興味もないましてや本当の価値も判らない者が
その場しのぎの金に換えようとすると、大切に扱わないような気がするのです。
本気で金に換えようと思う場合はかなりの努力をするとは思うけど。
200体以上の仏像が盗まれて、半数が見つかったそうです。
どこへ、どのぐらいの金額で引き取られたんでしょうね。
大事にして欲しいです。転売された先でだいぶあとになり
「おじいさんが集めてた訳のわからない汚い仏像」
なんて言われてリサイクルショップに売られたり、粗大ゴミに出されたりしない事を祈ります。。。
[PR]
by patronistaT | 2015-09-27 22:43 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(0)

c0175975_00502589.jpg
言わずと知れた「聖家族教会」 1928年

c0175975_00481314.jpg
1980年代

c0175975_00501980.png
割と最近、2000年以降

1950年代ぐらいの近所の通り。左の薬局は今も健在。
c0175975_00483867.jpg
c0175975_00491306.jpg
c0175975_00492115.jpg
c0175975_00515394.jpg

[PR]
by patronistaT | 2015-09-07 00:59 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(0)


伝統的にバスクのバルで使われていた
'txikito'(チキート)というコップは今ではもう消えてしまい、
それを残念に思った地元企業がバルの創業50年を記念して
再び作る事になったそうです。
1個の重量が700g、重いです。
ネットでも購入可能。
動画のナレーションが聞き取れない方(私も一度じゃ無理)
リンクでバル・チキートの歴史もどうぞ。


今、日本でも美食のスペインとして人気の高まっているバスク。
バル以外にもお菓子もおいしいのですよ。

おまけで、厚底グラスにちなんだスペインの面白い言い回し。
“gafas de culo de vaso”
コップのお尻メガネ
日本では「牛乳瓶の底」

[PR]
by patronistaT | 2015-09-03 18:35 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(4)