影と光

c0175975_17304676.jpg



夕方近く、ベルリンの町を歩いていたときに、
ふと見上げた集合住宅にこんな影が・・・。
近代的な住宅と古いカテドラルの時代のコントラスト。
バルセロナの私の住むエリアにはこのような
大きなビルはないので、こんな偶然を見つける事はできない。
[PR]
# by patronistaT | 2006-11-05 17:29 | ベルリン2006 | Trackback | Comments(0)

ベルリン その5 10/20 friday

c0175975_1736334.jpg


c0175975_17353172.jpg

金曜日 蚤の市は土日しか開催しない・・はず、私の集めた情報では。
この日も街の散策。
今日は南に下ってみよう。
Kreuzbergというトルコ人街があるらしい。
昔からドイツとトルコはどのような関係かは知らないけど
深いつながりがあるらしい。
サッカーでも多くのトルコ人選手がドイツリーグで活躍している。
韓国人も多いらしいけど、韓国レストランは1軒しか見なかった。

Kreuzberg str.(クライツベルグ エリアの名称でもあります)
U6又は7のMehringdamm駅下車 南へ歩く
何もない、カフェが数件あるだけ
アンティークショップがあるはずなのだけど。
それでもしつこくあたりを歩き回り
やっと3軒のリサイクルショップ発見。
60年代のイタリア製のメラミン樹脂製フックとドイツ陶器の雀の置物を購入。
結局ココが一番安かった。
メラミンフックは同じメーカーの物を週末の市でいくつも発見したけど
高くて買う気になれなかった。

しかし、アンティークショップはいずこ、 たったこれだけ。
実はKreuzberg通りではなく、大通りを挟んで反対側の
Bergmann str.に行かないとだめだったと後で知り、
もちろん、最終日にこの雪辱をはらす。

写真はBergmann str.で見つけたしゃれたカフェ。
通りの両側にはカフェがたくさん並び
トルコ人の経営するアンティークショップというよりは
見かけは単なる古道具屋(地下に店がある)が数件あり。
古着屋もあるが、正直言ってあまり良い物はない印象。

2枚目の写真はBergmann str.突き当たりの左手にある市場。
実はとても古い市場だが、戦争等で破壊されたため
数回の建て替え後の姿。
来年再度、建て替えするそうです、どうりで中の商店が少ないはず。
この通りはゆっくり散歩するのにはちょうど良い。
ギリシャ、ドイツ料理のお惣菜やがあり、立ち食だけど中で食べる事もできる。
[PR]
# by patronistaT | 2006-11-01 17:33 | ベルリン2006 | Comments(0)

C/Escudellers '60sな理髪店

c0175975_1893249.jpg

以前旅行したミラノで通りがかりの理髪店に入ったことがある。
看板、扉、内装どれをとってもアンティークでカッコいい。
壁には一面有名人の古い白黒写真。
政治家、音楽家、俳優などなど・・・。
理髪師のおじさんもいいムード。
ソファーに腰掛けてあたりを見回すと
「こんな所にブルータス???・・・」
日本の雑誌で取り上げられているぐらい有名な理髪店だった。
本当に散髪したかったので、入ったのだがはやり料金も高かった。
写真も撮ったし、記念になったから良しとする。

そんな、いかにもアンティークなムードで
有名人との交流はなさそうだけど、
ここ40年ほど改装した気配のない、キッチュな理髪店。
ランブラスからプラサ・レアルの手前を
プラサ・ジョージ・オーウェル方向へ向かう道
C/Escudellers,12
今は昔ほど物騒ではないけど、夕方以降は通りたくはない。
昼間はかなり下町なおじさんおばさんがうろうろしていて、面白い。

この理髪店、跡継ぎがいるのだろうか。
そのうち移民が居抜きで借りてまた別の理髪店になるのだろか。
私なら、外も中もそのままの状態でお店にするのに。
[PR]
# by patronistaT | 2006-10-14 18:13 | 下町風情 | Comments(0)