ガスナチュラル・ビル 

昨日、また動物園へいって来た。
前回行ったときは全部見る事ができなかったので
今度はくまなく歩いて全部見よう!!

入り口近い場所に人工的に作られた岩山があり
          山羊やワシなどのオリがある。
Sの向こうにはEMBTのガスナチュラルの本社ビルが。
  (東京ガスみたいなもんです)
完成前にすぐそばまで行ったことがあるが
完成後は見ていない。

何度見ても 
    ものすごい形・・・

つづく・・・
[PR]
# by patronistaT | 2008-06-18 09:44 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

日本よりも競争社会ではないので
はるかに流行のはやり廃りがおそいけど
最近、バルセロナで流行ってるな〜って言う物は
石鹸屋さん お土産にいいけど高いです
   しかもユーロ高だし

飲食もいろんな新商品を発掘したり開発するのは
やはり日本がすごい!
中国人の作ってる寿司をみて「たべれな〜い!」とか言ってるけど
日本では和風なんとか なんて当たり前
納豆スパゲティ、イタリア人が聞いたら怒りそう。
焼き肉ピザ、韓国人 憤慨!!
あんこのトースト? あんぱんは好きだけど・・・
去年はドーナッツ戦争まであったらしい・・・。
そんな日本の首都 東京に長年住んでいても
めまぐるしい動向に迷いそう・・・
バルセロナぐらいが一番私の速度に合っていそうだ。




外に人だかりができているのは最近流行のアジア・フード
テイクアウトのヌードル 人だかりは見てるだけです。
まだまだ買う所まで勇気が必要(スペイン人には)
お値段も勇気の価格約5ユーロ 約800円
テイクアウトに5ユーロの金額は高い方
(日本も縁日の焼きそばは高いけど)



面白かったのは厨房のコンロ
下に足フミのコントローラーがあって、それで火力調節
1回1回のオーダーごとにフライパンを洗うんだけど
手前と正面の蛇口からザ〜ッとお湯がでて
フライパンも周囲もきれいにできる。

こういった実演販売はバルセロナにはないし、
こっちの人たちは少々待つ事ぐらいなんでもない。
日本人的に見たら能率悪いけど、
とりあえず今の所は賑わっているようだ。
ランブラスを挟んで2店舗あるけど
どちらも観光客には立ち入り禁止危険ゾーンになっている場所
実演を覗き込んでバッグに
見知らぬ手が入らないようにご注意!

WALK TO WOK
いつの間にかバルセロナに3軒もできてた!!
ジャウマ広場近くが一番行きやすいでしょう

バルセロナおいしいマップ作ってみました
[PR]
# by patronistaT | 2008-06-03 00:36 | 食べる | Trackback | Comments(0)

出窓付きの物件です

c0175975_22344979.jpg


いい窓でしょう?
いつも通る道にある物件
パパブブレがある道。
バルセロナのアパートには鉄の装飾が施された物が多い。
ガウディも元々鉄細工の職人だった。

売りに出てますね。
いくらでしょう???
旧市街のアパートは陽当たりも悪くて、ボロい割には高いです。
電気やガスの配管も壁にむき出しだったりするし
(そのぐらい古いという証拠)
エレベーターもない。

古いアパートにあとからエレベーターを作ってしまうと
階段の中央の吹き抜けが占領されてしまうので
薄暗くなるし、見た目も悪い。
重たい鉄の蛇腹のドア&木のドアの古いエレベーターなら
いいけど、そんな昔の素敵なエレベーターも少なくなった。

この物件、上の階はだれも住んでいないみたい。
天井(上の階の床)大丈夫かな?
内装に手をかけられるだけのお金がある方にどうぞ。
[PR]
# by patronistaT | 2008-05-16 22:30 | 古い建物 | Trackback | Comments(0)

裏通りにて

c0175975_2236448.jpg



午前中の下町で良く見かける風景

ブタノ売り(プロパンガス売り)が棒でカンカンカンカ~ン!と
ボンベを叩いて売りにやって来る。
以前、住んでいたアパート付近に来るブタノ売りは叩いていたけど
今のアパートから聞こえる音は
「ブタ~ノ!」という声
ちょっと場所が変わると、ボンベを叩くリズムや
叫び方もちがってくるから面白い。
 日本ではこうやって聞こえてくるのはなんだろう??
竿竹屋はまだいる? 焼き芋屋はいるよね。
妹はロバのパン屋が来ると恐くて泣いていたっけ。

このブタノ売り いつかなくなってしまう仕事でしょう
まだ、家のガスがこのようなプロパンを使っている家もあるけど
数年前からの建築、リフォームラッシュで、
内装にガス管を通す家もかなり増えているからね。
我が家なんか、電気やガスの配管が壁の外に出てる。
と、言う事はガスも電気もなかった頃からの古いアパートと言う事なのです。


さて、左のおばさん
開店前のお店のお掃除おばさん 
お店の人が掃除する場合もあるけど、お掃除おばさんに頼む所が多い
モップで店の外側の石畳もきれいに四角く磨く
たちのぼる塩素系漂白剤の匂い
これを見るたびに、初めてバルセロナに来たときの事を思い出す
[PR]
# by patronistaT | 2008-05-07 22:35 | 下町風情 | Trackback | Comments(0)

人形の病院 旧市街

c0175975_22395834.jpg

旧市街 PI広場のそばに小さなショッピング・モールがある。
名画座もあり、小さくて居心地がいいので、昔はたびたび通っていた。
取り壊しが予定されていたけれど、根強いファンの反対で
営業がつづいている。とてもうれしいことだ。

そのショッピング・モールのなかにお人形の病院がある。
普通の人形のお店だと思っていたら、
店主のおばさんが腕や目を取り替えたり
カツラを直したりしているのだった。
この店も跡継ぎいないのかな~。なくなって欲しくない・・・。

昔、スペインにはマリキータ・ペレスという有名な人形があって
本当にお金持ちの子供しか買う事ができなかった。
今、マリキータはリプロダクトされ、
当時、マリキータを買う事のできなかった世代 
年を取って子供の世話も終えた多少余裕のある世代に人気だとか。

クローゼットの奥から何年も出すことの無かった古い人形を
長年のわびも兼ねて、この人形の病院へ
修理にだすおばあちゃんもいるだろう。

アンティーク・ドールは中学校からのあこがれだったけど
もちろん親にねだるわけにも行かず、未だに持っていない。
今、思えば思いっきりおばあちゃんにおねだりしておけばよかった。
[PR]
# by patronistaT | 2007-12-09 22:39 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(0)