油揚げが食べたい

3月から1ヶ月間帰国していました。1ヶ月も留守にするという事はその間の収入が無い訳で
帰国前は怒濤の忙しさ。旅支度は適当に旅券と航空チケット、
クレジットカードに今回初めて利用するJRパスさえあれば日本なんだからなんとかなるさ。
普段、昼食しか食べない生活しているのが、日本滞在中はスペイン人並みに1日5食ちかく。
実は5年ぶりの帰国だったので失われた時を求めて食べまくったのでした。
そんな中でやはり「油揚げ」は大切な食材で、いつもなら、甘辛く煮付けた後、
冷凍して大量に持ち込むのですが、今回はホテルから欧州に戻ったのでそれができずに残念。
持ち帰り分の食材は最初からあきらめていたので、ほとんど胃の中へ納めて来ました。

c0175975_22303025.jpg
いなり寿司を作ろうと、以前こちらで揚げを大量購入した所、煮ても焼いても硬く、
とてもじゃないが中にすし飯を入れるどころの物ではなかった事がありました。
しかたないので刻んでうどんの具。それでもアゴが疲れるほど堅かった。
油揚げなんて豆腐を揚げたものだろうと思っていたのが大間違い。
その後、自作に挑戦したところやはり堅すぎ。甘く見ていました。
水気があると堅くなってしまうのです。だから普通の豆腐と油揚げ用の豆腐は別に作るそうです。
そうなら、中国スーパーには「硬豆腐」というその名もズバリ堅い豆腐があるので
そのうち再挑戦してみるつもりです。そう言えば、前に醤油せんべいを作った時も
水分が残っていたため、歯が折れそうなせんべいになった事があった。
たぶんおんなじ理由なんでしょう。

以下、油揚げの作り方のリンクです。手間がかかりますが、試してみては。
http://www.ajiwai.com/otoko/make/abur_fr.htm



[PR]
by patronistaT | 2017-04-24 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(0)