c0175975_21440833.jpeg
私はメガネ歴中学生の時からの近視持ち。
今でこそメガネはお洒落だという傾向にあるけど、当時はメガネのダサダサな中学生。
社会人になってからはメガネとコンタクトレンズの併用。
近視に加えて乱視なので、乱視矯正用のコンタクトレンズが新発売になった時は
両眼で約10万円もする物を月賦で買った時もある。
友人が指を1本突き出して「これ何本?」の質問に
真面目に「2本」というぐらい物がだぶって見えていた。

数年前、ひどい肩こりがで仕事に差し支えがあるぐらいになってしまい、
おかしいなと、思ったら老眼が進行していた。普段はコンタクトレンズで生活していたから
見えない事で肩が凝っていたのだろうと思う。
そこで人生初の遠近両用コンタクトレンズを買った。
メガネでの生活もあるので、次は遠近両用メガネ。
日本の郵便局や薬局で置いている安物老眼鏡ではないのでそこそこ高い。
中学から近眼乱視対策しているから、ある程度の金額を払う事は覚悟できているけど、
高かったな。。(フレームはブランドのライセンスとかではない、レンズが高いようだ)

老眼になってから気がついたのだけど、近眼の目は裸眼の場合は近くはよく見える。
だから、近視矯正をすると急に老眼だけが出てくる。だから遠近両用が必要。
こんな事だれも教えてくれなかったので、自分の身に起こってやっと判る。
でも、遠近両用メガネは完璧ではないので、メガネを外した方がよく見える。
よく見えるというよりも、完璧に見える。
もしこれが遠近両用コンタクトだったらどうなるか。近くが見えないからと言って
外したり付けたりできないでしょう。
今回、数年ぶりにコンタクトレンズを注文したんだけど、この点でかなり悩んだのです。

まず、夏の暑さでメガネがずり落ちるのに耐えられない。
遠くが見えないと海にも温泉にも行けない。
(過去にメガネで温泉に入り、レンズのコーティングをダメにた経験有り)
スペインの厳しい紫外線から目を守らないとまずいな。。。
でも、度の入ったサングラスにしないとだめかも。それならコンタクトレンズにしようか。
寝る寸前までコンタクト装着しないから。
では、コンタクトにする場合、前と同じ様に遠近両用にするか。
または近視矯正だけにして、別途老眼鏡をかけるか。メガネ無しのお洒落もしたいし。
ええぇ〜い、もう全部併用にするしかない。
という事で近視矯正のコンタクトレンズ1dayと遠近両用2weekに
遠近両用のメガネ、老眼鏡という選択したのです。

ここで、タイトルのように一つ良い事に気がついた。
近視のおかげで裸眼でも近くが見えるという事は、化粧をする時に全く不便がない。
これは私にとって極当たり前の事だったので、老眼でメイクがやりづらいと言う事を考えても見なかった。
そう言えば、こぎれいなおばあさんなのに、アイラインが曲がり放題、アイシャドウがはみ出てるのを見かける事がある。
そういうわけだったのね。
若い頃は近視で苦労したしお金も使ったけど、こんな所で楽できるとは思わなかった。

エルコルテ・イングレスのメガネ屋の女の子、いろいろ相談に乗ってくれてありがと。
この前見つけたリヨンのメガネ屋で老眼鏡買うのが楽しみ。Lescaはこっちでは売ってないの。



[PR]
by patronistaT | 2016-09-29 19:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

c0175975_01182201.png
c0175975_01201408.png

長い事放置したままでごめんなさい。
実は2年ぐらい前からシアンCyanは日本からのバイヤーと話が進み、
取り扱いが決定していたのです。とりあえず、私の役目は終わったかなと、
思ったのですが、どうやらそうもいかないようで、こちらのブログの方へ移動します。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そして、日本ではCyanのブランド名がすでに商標登録されていたため
スペイン以外でのブランド名をCyedra(シエドラ)となりました。

facebook Cyan / Cyedra
http://www.cyanbolsos.com/


[PR]
by patronistaT | 2016-09-24 01:17 | CYAN BAG | Trackback | Comments(2)

4度目のTerrassa


何年ぶりかに再びタラサを訪問。
小さな街だけど見所満載で、半日では時間が足りない。
いつもの塔。街の真ん中に中世の建築が残っているのはバルセロナと同じ。
c0175975_23402061.jpeg


カタラン・モデルニスモ 中にはチェーン店のカフェがテナントとして入ってる。
チェーン店か、、と思ったけど内装見るのに今度入っても良いかな。
c0175975_23414309.jpeg


ここは古い劇場。前に見た時はこんなにピンクではなかった気がする。
c0175975_23424969.jpeg

サバデイ銀行の入り口の両脇のレリーフ
「労働者よ!!」的な図案、バルセロナでもよく見かける。

c0175975_23460071.jpeg

稲に鎌に歯車
左上の女性が手にしているのは織機のシャトル さすが織物の街
c0175975_23444115.jpeg

c0175975_00163732.jpeg

秋の青空にレンガの色がきれい
やっぱりこの工場は美しい 博物館(有料)になっているが、受付の人に聞けば
テラスまでは無料で上がる事ができる。

c0175975_00181426.jpeg



c0175975_00195410.jpeg


c0175975_00210602.jpeg


c0175975_00221190.jpeg


c0175975_00231126.jpeg


[PR]
by patronistaT | 2016-09-16 00:00 | 郊外へ | Trackback | Comments(2)

c0175975_21533196.jpg

先日、東京から妹家族が遊びに来た際に、旧市街のパッサージュを案内していて
タトゥー・スタジオの前を通りかかった。ウチのおじいさんがTシャツが欲しいよと、
言うので妹達も東京でこんな店に入る経験はないだろうと入ってみる。けっこう大きな店。
店内いっぱいにタトゥーのデザインが飾られている。小6男児はビビリなので怖がる。
「入れ墨のお兄さんたちは、皆が悪い人じゃないから」
「ああいう子達だって階段で乳母車降ろすの手伝ってあげたりしてるの何度も見た事あるよ」
と、説明したりしてみる。
こっちは普通のおじさんとおばさん達だけど、私たちが日本人だと判ると、
日本から若い彫り師が来て実演したとかで写真を見せてくれた。
大昔、東京のイベントでたまたま彫り師の実演があってちらっと見た事がある。
図案はきれいなんだけどね、やっぱり日本人なので「や」の付く人たちとか連想する訳です。
3歳ぐらいの頃、いつも祖母と銭湯に行っていて
「あのおばちゃんの背中きれいだね」と叫んだとき祖母は慌てたそう。
増村保造監督の「刺青(1996年)」の若尾文子はいい、映画だからだけど。


20年以上も前に鼻にピアスあけてる。
鳥肌立ちそうな話。ホッチキッスのようなピアスが内蔵されている器具を買って、
自分でやろうとしたけど、いざとなると手に力が入らなくて、その時は看護婦になりたての妹に
パチンとやってもらったのでした。取り合えず、当時は会社員。
某アパレルメーカー企画勤務だったので、たいがいの服装は許されており、
(あんまりファッションレスだとねぇ、企画だし)
鼻ピアスでも特に問題なし。あ、もしかして誰も文句言えなかったのかも。
穴から鼻水出てこないか?とか、くだらない質問で話題にしてもらっていました。
ピアス再開しようとずっと思っていたんだけど、無くしちゃって持ってない。
でもなかなか薄暗いタトゥー・スタジオに入るのには勇気が必要。
でも先日入ったおかげで少々慣れた。「もし興味があったらタトゥーもどう?」なんて
言われたけど、現在97歳の祖母の頭のはっきりしている時に
言い残した言葉があるのでそれだけはやめておく。
「鼻ピアスはいいけど、刺青はやめてくれ」

ちなみ店員に聞いて見ると、15cm x 10cmの3色刷り程度で150ユーロぐらいだとか。
使用する器具も何もかも1点づつ消毒済みのパックに入れられていて、
免責事項、注意事項等の数枚の書面に署名必須で、きちんと管理されてる様子だった。





[PR]
by patronistaT | 2016-09-08 00:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)

 まるで7月に逆戻りした様な天気。 夏はもう飽きた。
 郵便局へ行かなければいかないが、暑すぎるので午前中に済ませたい。
 エルコルテ・ヤング館(私たちだけの呼び名)に頼んでおいた物を取りに行かなくては。
 これも同時に済ませたい、こんな暑さでは。。。

 スペイン映画「オール・アバウト・マイ・マザー」の撮影がされた小さな広場。
 だいぶ前から周囲は工事中でゴミゴミしていて、残念ながら風情がない。
 使われたシーンはペネロペとその父親役のフェルナンド・フェルナン・ゴメスが会うシーン。
c0175975_23594660.jpeg
 この辺、久しぶりに歩く。
 こんな所にヴィンテージ・ショップ。一時は骨董品店がどんどん閉店してたが、
 しばらく前からはインダストリアル系のヴィンテージショップが替わって増えだした。
 今日は時間がなかったので、次回入る事にする。

c0175975_00043115.jpeg


c0175975_00061705.jpeg

c0175975_00170546.jpeg
  バルセロナには珍しいパッサージュ。人気のカフェの2号店もできて人通りも増えた。
  あんまりチェーン展開すると付加価値もお洒落感も無くなるので、この程度にしておいて欲しいよね。

  最初はよかった”某カフェ”、どこにでも出店してファースト・フード化。従業員が少ないのと
  質が悪いので、店内汚いし態度悪いし。もう何年も行ってない。



  これはなんだと、おもったらサンタ・カタリーナ市場の設計をしたエンリク・ミラージェス基金の事務所。

c0175975_00193287.jpeg

c0175975_00261630.jpeg


c0175975_00265938.jpeg

 ランブラスへ出た。ランブラスを横断するのは国境や川を渡るぐらい勇気がいるのだ。
 だから下の方で渡る事にする。70年代そのまんまの感じのカフェ。中もそんな感じなのだ。
 大昔に入ったきり。今度、タイム・スリップしに入る事にしよう。

c0175975_00281635.jpeg
 UGTバルセロナ本部(かな?)労働組合だと思う。
 屋根のデザインが昔の工場の形。労働組合らしいね。

c0175975_00290835.jpeg
 今日のお昼の本命はこれ。 地元友人お勧めのボカディージョ店
 私が頼んだ中身はロースト・チキン、アスパラガス、カマンベール・チーズ。
 相方が頼んだのはロースト・ポーク、パテ、リンゴジャム
 以外とこだわりのボカディージョ店って言うのを見た事がないんだけど、なぜだろう? 
 ボカディージョってスペイン人の日常の味だよね。 
 ここはおいしいのでまた行こう。ちなみにボカディージョ以外もおいしそうでした。

c0175975_00295683.jpeg


c0175975_00312117.jpeg
 スケートボーダー達のアジト NYはスケートボード禁止らしい。アメリカからわざわざ
 そのために移住する若造が多いとか。
 うるさくて迷惑してるので、車いす以外の車輪付きはどんどん規制してくれ〜。
 しかも、スマホやりながらだったりするし。

c0175975_00325609.jpeg
 ブログに出て来た店が知りたい方はこっそりコメントで質問して下さい。




[PR]
by patronistaT | 2016-09-07 23:57 | 日記 | Trackback | Comments(3)

リヨンまでちょっと 6

c0175975_17375026.jpg

いかにもフランスらしい感じの建物。パリの洗濯船を思い出す。

c0175975_17380516.jpg
こういう木の分厚いドアで、奥まっているのは、バルセロナでは特に旧市街では見かけない。

c0175975_17382691.jpg
あの丘の上まで歩いた、ものすごく長い階段で死ぬかと思った。。。
帰りはもちろん電車。

c0175975_17384054.jpg

c0175975_17401016.jpg

c0175975_17403183.jpg
日本でも人気のパン屋Paul バルセロナにもある。 リヨンにはあっちこっちにあって
ありがたみが薄れる。 甘い菓子パンには必ずミツバチがたかってる。
リヨンの蜂蜜はペストリーから作られるのか。 虫嫌いの方はこのタルト食べられないね。

c0175975_17405222.jpg

c0175975_17411379.jpg

c0175975_17412790.jpg

c0175975_17414388.jpg

c0175975_17421173.jpg

c0175975_17433388.jpg
実はリヨンのおまけ目的の一つは眼鏡店を探す事だった。
バルセロナでは取り扱いのないフランスのブランドが欲しくて。
日本では当たり前ではあるがフランスの販売価格の倍ぐらいする。
2軒見つけてどちらもバケーションで閉店だったけど、次回はメガネを買いに行く。





[PR]
by patronistaT | 2016-09-02 00:00 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)

リヨンまでちょっと 5

 リヨンにはメトロ、路面電車、バスがある。こじんまりとした街なのでもし間違って乗っても
 大丈夫そう。切符はバルセロナと同様共通なので、どれにも乗ってみた。メトロの車両は
 少し小さめ。
c0175975_22303233.jpg

 自分の荷物からは離れないようにとの注意書きのよう。
 泥棒ではなくて、不審な荷物と思われない様にとの警告だった気がする。
c0175975_21573492.jpg
あとから気がついたらSans Souciという駅があった。
サン・スーシと言えば、1982年の映画「サン・スーシの女」というのがあった。
ロミー・シュナイダーの遺作。フランス語で「no problem」という意味らしい。
ベルリンにサンスーシ宮殿というのがあるそうだ。
c0175975_22261970.jpg
 すごく気になったのがこれ。「毛ガニ」にしか見えない。
 あとでネットで調べたら日本人には皆「毛ガニ」に見えるらしい。
 小6男児大喜び。パリにも毛ガニはあったそうだ。

c0175975_22294857.jpg

c0175975_22330972.jpeg
 バルセロナに比べてリヨンはアラブ系、アフリカ系移民がかなり多かった。
 ここバルセロナも最近はアフリカ系移民が増えたなと、感じるが近所で見かけるのは
 ほとんどが不法移民かもしれない金属クズ拾い。でもリヨンは会社員や学生の姿が多い。
 これだけアラブ系移民が多いとテロのあとのムードはどんなだったろう。
 大勢の人たちが行き来するリヨンの駅には迷彩服を来た軍人がかなりの数配備されていて、
 皆、自動小銃を持っており、通りすがりに銃口が触れるぐらいだった。
 さすがにバルセロナではそんな光景は見た事がない。
c0175975_22342586.jpeg


[PR]
by patronistaT | 2016-09-01 21:56 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(0)