またオルチャータ飲んでます。たしか昨年、石田純一氏がバレンシアを取材していた番組で
飲んだ後に微妙な表情をしているのを見た。
やはりお気に召さなかったようです。最初はそんな扱いの飲み物。。。
秋には販売しなくなる店がほとんどなので、今が味わうよい機会。
バレンシアの名産なので、もしかしたらこの辺り以外では飲めないのかも。

初めて訪れたこのオルチャテリア。オルチャータ専門ではないのでカフェテリアでしょうか。
数店舗あるのは本家が別れて諍いの後、それぞれに出店したからだそうで。
この店は割と最近の開店らしい。そんな感じ受けます、まだきれい。一見お洒落にみえますが、
まがい物の古道具を使った今流行のインテリア。アンティークのリプロダクトは安物に見えてどうも好きになれない。椅子はヴィンテージだった気がする。店内が広いのは良いのですが音が反響して
落着かない空間となっております。それほどお客が多くはなかったので、まだいいですが満員だと
乗り物酔いににた気分の悪さを呼びます。
でも今日はオルチャータが主役なので。

c0175975_17322830.jpg

c0175975_17322837.jpg
前置きが長かったですが、味良しです。
私が知ってるオルチャータの金額よりもほんの少し高いだけ。20センチモぐらいかな。

お店を知りたい方は自分で探してくださいね。ヒント出てるので。




[PR]
by patronistaT | 2016-07-29 17:42 | 食べる | Trackback | Comments(2)

書店で衝動買い

c0175975_00015768.jpg
会計士に本年度2期の領収証を届けに行った帰り、通りすがりの書店に立ち寄った。
芸術、ファッション系の本がウインドーに並んでいたから。
アートに限らず哲学、歴史、映画等どちらかと言えば
サブカルチャー(80年代までの)好きも惹き付ける様な本が並んでいるような感じ。
そこまでかたよってはいないか。手前から順番に平積みにしてある本を見て行く。棚に入った本の背表紙の題名を見るのは苦手だ。せめて横に並んでいたらもう少し頭にはいってくるんだけど。
表紙で目についたのがこれ。今、マドリッドで展覧会をやっているボスコ。無い様な15世紀ぐらいの薄暗い、不気味な文化の解説本。魔女、魔法使い、悪魔、錬金術史、占星術などなど。
小説ではないので、好きな部分から読む事ができるし絵もたくさんあるので読みやすいはず。
さて、いつ読み終わるのか。。。。

Libreria Documenta
C/Pau Claris,144,08009,Barcelona

[PR]
by patronistaT | 2016-07-20 00:13 | 買い物 | Trackback | Comments(0)

夏の風物詩 子供の遊び

c0175975_17095106.jpg

c0175975_17101623.jpg


c0175975_17190548.jpg
この界隈も人通りが多くなり、外人観光客が地元の暮らしの中に入り込んでくるようになった。
タチの悪い遊びをする十代の移民3世愚連隊がたむろしていたりする。
あいつらは最近みかけないのは住民からの苦情が増え、以前より頻繁に警察が巡回するようになったからかな。(今年の冬、夜10時頃歩いていて背中にペンキかけられた)
ここらを見て回る警察が増えたのは明らかにパリのテロの後から。
こういうやんちゃな子供達の遊びは歓迎するよ。



[PR]
by patronistaT | 2016-07-18 17:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

c0175975_15312393.jpg


夏はやっぱりオルチャータ。5月あたりから飲みたくなってくる。
最初は「別に。。。」な飲み物だったが、今では好物の一つ。
豆乳のほかライスミルク、アーモンドミルクが流行って来てるから、これも東京のどこかで
飲める所があるかもしれない。乾燥のチュファを使って家で作る事もできる。
(やったことないけど)
wikiによると 『チュファからオルチャータを作る技法自体は、
イベリア半島イスラム王朝が成立していた8~13世紀に伝播してきたと考えられている』
なるほど、やっぱりおいしい物はみな大昔にアラブから渡ってきてる。

これは1リットル入りで約500円。グラス4杯分ぐらい。
日本人があまり好まないトゥロンもこの店のなら好物なのだ。


[PR]
by patronistaT | 2016-07-11 23:39 | 食べる | Trackback | Comments(2)

夏の祭り 2016

夏至が終わると住んでいる地区のお祭りが始まる。順々にバルセロナ中の地区の祭りがおこなわれ、最後は9月のMerceで締めくくる。(メルセを「メルセド」と書いている場合があるが
そうは発音しないので注意。メル とセを強く言う)7月の初めの週はここ。
以前はこの広場で花火はしていなかったが、数年前からやる様になった。土曜日の昼間は子供花火。大人と同じ事をするが、指導の兄貴達が付いてしっかり見守る。小さいパレードの先導と後にはバルセロナの白バイが付く。
c0175975_00261387.jpg

c0175975_00261320.jpg
教会までの列を待つチビ達。手に持っているのは花火を仕込む棒。先端に花火をつけて点火するとクルクル回転するのだ。チームによってユニフォームがあってこれはさながら
『赤い悪魔」軍団。

そして本格的な夏になる。暑いよ〜




[PR]
by patronistaT | 2016-07-03 00:02 | 下町風情 | Trackback | Comments(0)