Victorian Interiors 1837-1901



ピアノ曲つきです。音量に注意。

[PR]
by patronistaT | 2016-02-29 00:39 | 古い建物 | Trackback | Comments(0)

c0175975_23362344.jpg
c0175975_23353850.jpg
c0175975_23355144.jpg
c0175975_23360542.jpg
c0175975_23361189.png
c0175975_23361752.jpg
c0175975_23362941.jpg


昨年11月から始動していたパターンの仕事がデザイナーの都合で頓挫した。
当初からあまりにも時間がなさ過ぎなので、次回に回したらどうかと提案だけはしておいた。
少々嫌な予感がしていたのが、見事に的中。デザイン自体は面白く、やりがいの有る物だったのに
デザイナーの自覚不足により、続行不可能になってしまった。
とりあえず、やった仕事分のお金は回収しつつあります。
パタンナーとサンプル縫製の人手不足だったので他にも探していたんだけど、
紹介しなくてよかった。他にも迷惑がかかるところでした。
割とこういう仕事ってあるんです。でも、経験者っていないのよ。
パリに行くとたくさんいるんだろうな。





[PR]
by patronistaT | 2016-02-25 23:44 | ファッション | Trackback | Comments(0)

ゴボウが売られているという情報を聞きつけ、市場へ行ってみた。
見あたらないので、珍しい物を売っていそうな八百屋で尋ねてみると、
「大根の細いような根っこで茶色い野菜はない」
「ゴボウでしょう?」
知っているではないですか。袋ごと見せてもらうと、
ちょっと違う、ゴボウの葉には細かな毛が生えていて丸いのだ。
見せてもらった土まみれの根っこから生えている葉は細くて艶がある。
しかも香りもしない。手にする前に「日本人はこれを探してるの」なんて
言ってしまったから、あとには引けないし、食べた事も無い野菜なので
買ってみる事にした。しかも袋全部。6本ぐらい入っていて5ユーロ。
市場をでたら、まずその謎の野菜をポキリと折ってみた。
白い樹液が出るし、全く透明感がない。ごぼうじゃないな、やっぱり。
勘違いした人はゴボウの葉っぱを見た事なかったんでしょうね。
調理する時にがっかりしただろうな。
c0175975_00033094.jpeg
c0175975_00060381.jpeg
じゃ、なんだったかというと、「サルシファイ」という野菜。
「西洋ゴボウ」とも言うが、まったくゴボウの仲間ではなく、親戚でもない。
特に変わった風味が有る訳でもないので、トマトの煮込みに入れてみた。
肉じゃがでもOK。買うほどの事も無いけど、珍しい物がお好きな方どうぞ。

市場の奥さんがこれをゴボウだとお勧めしてると思うと、
間違いを正しに行った方がいいのか、
黙っておいたほうが良いのか、迷っているのです。
家からは遠いしなぁ。。。
ちなみにこれを売っているのはグラシアの市場。



[PR]
by patronistaT | 2016-02-24 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(4)


なるべく週に一度は市場へ足を運ぶ様にしている。
そして目に留まった物はなるべく買ってみるべし。
甘い物はどちらかと言うと苦手なので、今まで行った旅行先でも
おかず系で昆虫以外ならなんでも食べてみた。
普段は塩鮭、みりん干しなどは家で作る。
でもこっちは干物にそっくりなのがあるのです。
一番左はなんだろう、真ん中はニシン、右はサバ。
薫製でそのまま食べるそうだ。
c0175975_01503603.jpeg
一尾5.70ユーロ今なら日本円で約750円。ちょっと高め。
でも、結構大きなノルウェイサバの薫製。
c0175975_01533790.jpeg
さて、開封してみる。表は普通に皮がついている。
背中から二つに切って、端っこをそのまま味見。薫製の味。
二つに切ったのを頭と尾のさらに二つに切って焼いてみた。
焼いたら薫製風味はほとんど消えて、普通の塩鯖の焼いたのになった。
塩気がけっこう強いので、食べるときは是非おろし大根付きをお勧めする。
この日のお昼は豚汁、ほうれん草のおひたし、納豆、白菜の漬け物があったので、
半分も食べられず。う〜ん、大根買っておけばよかった。。。
日本の味が恋しい方、お勧めです。




[PR]
by patronistaT | 2016-02-08 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(2)

今度は病院へ行く

c0175975_03434274.jpeg
バスに乗って病院へ。
2年ほど前から相方が顔面けいれんを発症。
去年、ホームドクターに相談して専門医の予約をとった。
それが今日。
スペインでは社会保険が適応する病院は必ず地域の診療所へ行って、
最初の症状を説明、それから専門へ行くシステム。
もちろん救急は直接救急病院に行ってもかまわない。
相方はけいれんだけだったので専門の診療まで約1ヶ月半待ちだったが、
もし頭が痛いとか、手足がしびれる等の症状があればもっと早く検査するはず。
今回はそういう症状はないので、1ヶ月ならしかたないか。
c0175975_03561408.jpeg
病院の入り口。本館、別館などに別れている。
c0175975_03593107.jpeg
診察の待合室から見えるのは地中海。ほんとにいい環境。
ペドロ・アルモドバル監督の「オール・アバウト・マイ・マザー」の撮影にも使われた。

c0175975_03461452.jpeg
さて、診療結果は左顔面けいれん。
ねんのためMRIをやることになり、症状を和らげる為にボトックス治療することに。
ボトックスって美容整形でやるやつ? 家にもどってから調べてみた所
ボツリヌス菌(食中毒で有名なやつ)を注入する療法で日本でも施術しているそうだ。
病院も役所と同様、専門用語がたくさんでてきてビビるのだけど、こっちでは
おしゃべりで気さくな医者たちに当たって、ほんとにホッとする。


病院にかかるときに(日本でも海外でも)
私が脳のMRIをやったときは、2、3ヶ月待ちだと言われたが、
1週間待ちだけだった。心配だから検査する場合は時間がかかる場合が多いが、
身内にその病気にかかった者がいる、自身に何らかの症状が有る場合は早くしてくれる場合が多い。
スペインの公立病院でももちろん緊急時、命に関わるような事はすごく対応が早い。
スペイン国内の旅行中にで失神したときも脳や心臓の病気の恐れもあるからと、
検査だけは早かった。その後の検査結果を聞くまでに4時間かかったけど。
これ、社会保険料払ってるので、全部無料です。

[PR]
by patronistaT | 2016-02-04 03:42 | 日記 | Trackback | Comments(5)