2013年12月31日火曜日

2013年12月31日火曜日
今年最後の朝は曇りではじまりました。
c0175975_23534362.jpg
昼前になるとやっと陽がさし始め、買い出しに行く人が行き交う。
多分日本ほどではないとおもうけど、少しそわそわした街を見たくて
近所の市場に行ってみた。大晦日はどこも営業は昼まで。
スーパーは既に商品が品薄になっている棚もあり、
カバ、ワインやビールを抱えた客達がレジに並ぶ。

今はもう昼食時間で外には人もまばら。
と、書いているうちに日本は新しい年になりました。
みなさん新年もよろしく!!



[PR]
by patronistaT | 2013-12-31 23:59 | 日記 | Comments(0)

c0175975_01263007.jpg
土曜は午後3時からカタルーニャ美術館/MANACが無料なので行ってみた。
実は以前、特別展の時に1度来ただけ。
c0175975_01275109.jpg
c0175975_01281972.jpg
久しぶりに眺めるバルセロナの街
c0175975_01284192.jpg

c0175975_01291204.jpg
そしてたっぷり閉館まで見学したら、外は噴水のライトアップを待つ人々。
この日は博物館だけで知力体力を使い果たしたので、
噴水見物はこれだけ。寒いので夜の外出はついつい面倒になりがち。
でも、重い腰を上げて外に出るとやっぱり、すっきりするなぁ。





[PR]
by patronistaT | 2013-12-25 01:36 | 散歩 | Comments(0)

c0175975_23031234.jpg

  • 作:JUAN BAUTISTA MAÍNO, Pastrana, 1581 – Madrid, 1649
  • 題:Fray Alonso de santo Tomás
  • 年代:1648-1649

MANACは土曜の午後3時から閉館まで入場無料。

この絵がすごく気になった。

ちょっと受け口なのか、下唇が出ている若い頃の肖像画らしい。

右手に持った本は指でページを挟んでいる。

何の本か、何が書かれているページなのか、

知っている人には判るんだろう。

このフード付きのケープと下のコート、

ベージュのが多分麻で、上のがウールかな。

綿織物が登場する前はみなごわごわで、染色しにくい麻織物ばかり来ていた。

重いし、擦れて痛かったと思う。

冬はたくさん着てるから寒くなさそうな気もするが

袖口が開いているし、旅に出るのでも無ければ

手袋も靴下も付けないよね。やっぱり寒い。。。

しかも建物は石造りだし。ところで、こういう人たちの服は誰が作ったんだろうね。

修道院で働く人たちの中に「衣装部」でもあったのかな。


下はもっと後の肖像。着衣も違うし、背の高い帽子もあるので

位の高い職に就いたんだろう。

c0175975_23065909.jpg
1631年 マラガ生まれの聖人


Museu Nacional d'Art de Catalunya/MANAC/カタルーニャ美術館

ウェブでコレクションを見る事ができる




[PR]
by patronistaT | 2013-12-15 23:30 | 芸術 | Comments(0)

オロットという街がある

c0175975_03475348.png
カタルーニャの端の方、フランス国境近くにオロットと言う街がある。
行った事は無い。
でもなぜ、興味があるかといえば、宗教関連の人形に度々書かれているのだ。
探して見ると1880年から宗教芸術品、
つまり日本でいう仏像、やお地蔵さんを作るアトリエがあったそうだ。
下がその写真。
作っていた職人達に興味がある。
c0175975_03481779.jpg
昔はクリスマス前は大忙しだったのではないかな。
こっちはキリスト誕生のシーンを人形で再現するのが一般的だから。
教会、公民館などの公共ホール、各家庭など、今の時期から1月頭まで
あちこちで飾り付けを見る事ができる。

キリスト磔のリアリズムを追求する職人とかいたのかね。
セマナサンタの時に山車に乗せられるマリア像は、
かなり大げさな悲しみの表情をしていて、初めて見た時に衝撃だった。
磔にされているキリストもいろんな表情の物があって
まだ息が残っていそうで、目で何かを訴えている感じ、
または、もうすでに息絶え、光を失った眼差しとか。
誰が作った作品が一番苦しみを共感できるかなど、
休憩時間の茶飲み話に花が咲いたりしたんだろう。
そんなことを想像していると、スプラッター映画のダミー制作を思い出してしまった。
不謹慎です、ごめんなさい。
そういえば今日は13日の金曜日。
クリスマスも近いし、何か特別な催し、お祈りなどあったのだろうか。

MUSEU DEL SANT D'OLOT
直訳で「オロット聖人博物館」 こんなのもある。





[PR]
by patronistaT | 2013-12-14 04:07 | バルセロナ/スペイン事情 | Comments(2)

1939年7月の手紙

c0175975_22203886.jpg

[PR]
by patronistaT | 2013-12-07 22:21 | アンティーク古道具 | Comments(2)