こちらでも街に焼き芋と焼き栗の出店がある。
日本は昔はリヤカー、今は軽トラで売りに来るが、
こちらは駅前などの人通りの多い所に小さな屋台が出る。
ドラム缶を利用したオーブンにサツマイモと栗が並ぶ。
コロンブスが南米大陸を発見したおかげで
南米原産の珍しい芋「薩摩芋」がフィリピンを通って日本に来たのは
キリシタンが登場し始めた頃なのだろう。

スペインのサツマイモは「boñato/ボニャート」と言う。
日本で一般に出回る芋と比べると、皮が茶色く中は水気が多い。
そして甘みが少ない。
たぶんスィート・ポテトにするにはいいんだろうと思う。
甘みが少ないので、日本にいるときよりも八百屋の店先で
買う気が起きなかったんだけど、あるときひらめいた。
「大学芋にすればいいんじゃん」
c0175975_03410413.jpg

こんな簡単でおいしいおやつの存在をどうして今まで忘れていたんだろう。
日本にいたときはいつも作っていたのに。
スペインの店で手に入るものだけでできるのに。

こちらでよく食べるアーモンドのカラメルがけみたいな物なので
スペイン人も好きに違いないと、友人宅へ手みやげにしたところ、
みんなに大受けでありました。
スペインにも同じ様なおやつがあるそうだ。
違うのはタレに醤油が入っていなくて、ゴマがかかっていないこと。
こっちの芋は水気が多いので、
切って水にさらしてから1日置いた状態で作ってみた。
これなら、甘くないサツマイモでも大丈夫。
芋ケンピも作ろうかな。
[PR]
by patronistaT | 2013-11-17 03:58 | 食べる | Comments(0)

相方が黄色い乾麺を買って来た。
黄色いのは揚げてあるのが多くて、一度私の言う事を聞かずに買って、
口に入れた瞬間に「おげっ」っとなって食べられなかったのは
以前、記事にした事があった。油による食中毒にならなくてよかったよ。

今回のは店員の中国人、そばにいたスペイン人客のお勧めの乾麺だそうだ。
二人によると、レストランではみんなこれを使っているそうだ。
そうね、よく見ると油で揚げていない感じ。
ぶつぶつ言う前に食べてみる。
ふん、結構いける。日本のカップ・ラーメンでこんな感じの生麺風があったと思う。
ツルツルたまご麺。
しばらく「青田麺」の黄色のを食べてた事があったけど、
あれに比べると数倍いける。
c0175975_431451.jpg

c0175975_432753.jpg

インドネシア産 ハラル印もある、ということは豚から取った原料は使っていない。
よく見たら「ハラル証明番号」なる記載もある。
まさかハラルで「虚偽表示」はしないだろう。
そんな事したら世界中のイスラムを冒涜することになるし。
正面左のミサイル印が気になる。
ガツンと旨いってことかな。
金額は失念。でも高い物じゃないし、中華スーパーで
どれを買おうか迷っている方は是非試してみてね。
[PR]
by patronistaT | 2013-11-08 04:20 | 食べる | Comments(4)

Las estrellas

c0175975_249838.jpg

c0175975_2521856.jpg

c0175975_2492317.jpg

c0175975_2493216.jpg

c0175975_2494098.jpg

c0175975_2494962.jpg

c0175975_2495639.jpg

c0175975_250227.jpg

c0175975_250864.jpg

c0175975_2501779.jpg

c0175975_2502313.png

ご存命の方もいらっしゃるが、半数はあちら側に旅立った方たちばかり。
いつ何時見ても、胸がキュンとなるのだ。
映画雑誌を「ロードショー」「スクリーン」「キネマ旬報」などの
映画雑誌を買っていたときは、切り抜きしたりしていたけど、
今は便利なインターネットのおかげであちらこちらから
見た事も無い写真を見つける事ができる。
かつてスクリーンで萌えたあの人の今の様子とかもね。
[PR]
by patronistaT | 2013-11-06 02:56 | 映画 CINE | Comments(0)