先週、9月25日が新会場での初日。
c0175975_2095043.jpg

天井が鏡のようになっているため、ギラギラです。
実はこの会場から営業終了が午後8時に変わった。
日没近くの太陽が反射したりするんだろうか。
c0175975_2012552.jpg
c0175975_2013475.jpg
古い会場にはバルが2軒あり
もちろんその2軒も移動。LA PALMERAは2階のこの場所。
同じ場所の1階にもう1軒が入った。でも、そっちにはテラスもないし、ちょっとかわいそうな立地。
c0175975_2016597.jpg
同じ真上の3階には新規に飲食店が配置。
狭い場所なので、たぶんガスを使っての調理は既存の2軒のバルだけのよう。
ベンチもあるし、午後8時までの営業だから市をひやかしついでの一杯も楽しめる。
c0175975_2021460.jpg
ジャン・ヌーベルのTORRE AGBARとトラムの駅の真ん前
c0175975_20214023.jpg
だいぶ古い物は減ってきたが、パッと見は相変わらず。
営業時間が8時になって、車は地下の駐車場利用が厳守、場所代が値上がり
長時間いなきゃならないし、払う物は増えたし、どうしようもないよ、との声。
これを機会にやめた売り手もいるそうだ。
こうみえてもここは400年の歴史のある市(らしい)
「盗難品」を売買しているかのような誤解もあったりするようだが、
決してそんなことない。
(場所を構えておらず、歩き売りの場合は盗難品の場合あり)
あたらしい場所でこの先どのぐらい続くのだろう。

ちょっと古い人間なので、こんな建物なんか抵抗あるなぁ。
かのエッフェル塔も最初は受け入れざるモニュメントだったらしいから
そのうち変わるんだろうね。
[PR]
by patronistaT | 2013-09-30 20:33 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)

エンカンテス最後の日

何年も前のある日、
アフリカ系移民がたくさん集まって地べたで売買をしていた丸い広場が閉鎖された。
しばらくして、閉鎖だの移転だのという噂を耳にした。
場内の売り場に屋根がついたりして、
なんとか売り手のご機嫌を伺うようなことをし始めた。
c0175975_2016324.jpg
c0175975_20165786.jpg

バルセロナの水道局「TORRE AGBAR」とその周囲に残るバラック。
そしてゴミダメのような蚤の市。このコントラストがすごかった。
もうここ以外は都市計画によって「きれい」に変わり果て見る影もない。
c0175975_20264881.jpg

なんだかんだと色々あり、気がついたら、新しい会場は出来上がり、
9月21日に最後の日を迎えた。
c0175975_20143933.jpg

場内に2軒あるバルのボカディージョは最高。
ここは少し前から夫婦の他に息子も手伝い始めたようだ。
子供達は不景気で仕事が見つからないのだろうか。
新しい場所に移ってどんなバルになるのかな。
私たちが食べている間、どうやらバルをチェーン店に加盟しないかと
スペイン人、外人の二人の営業マンが来ていた。
オーナーの女性は最初は普通に接していたが、
最後には「バカにすんじゃないわよ!」
と、アンダルシア訛りのスペイン語で怒っていた。
息子の作った氷入りのエスプレッソを
タバコを持った右手でくいっと飲み干して、仕事に戻る。

ここでの写真撮影は売り手が嫌がるので、今までほとんどしたことがない。
この日は最後という事で、カメラ持参者多数、テレビも来ていた。
今日ぐらいは自由に撮影してもいいよね、だれも止める者もいない。

私たち、その友人もここがあったから辛い時期も乗り越えられた
と、ものすごく悲しんでいる。
来週、水曜から新しい場所で営業が始まる。

一体だれがこんなにしたのかなぁ。
何からに何までピカピカにしてしまって。



c0175975_20125637.jpg

[PR]
by patronistaT | 2013-09-22 20:35 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(0)

インターネットというこの上ない便利な物があるおかげで
海外在住でも日本で話題のドラマを見ている。
ちなみに我が家にはテレビがない。パソコンのモニターで見ている。
(ついでに掃除機もない。こっちは掃除機のない家が割と多い)
元々、ドラマは見なかったのに、なぜか相方がネットで情報を探し、
彼のお勧めドラマを見る。
NHKとWOW WOWのドラマは要チェック。
恋愛物とジャニーズが出てるのは見る気がしないのでパス。
今回見ていたのは

「名もなき毒」
  Son of 小泉 嫌いじゃないです 
   以前みた時代劇のちゃらちゃらした若旦那が印象的だった
   でも、やっぱり「原田いずみ」  
   先日、そっくりな方を見かけましたよ。本人じゃないよね

「Woman」
  あまりにかわいそうな滑り出しだったが、最後はパッピーエンドが予想されたので
  割と安心してみていられた。この夏のドラマで一番良かったキャスティング。
  毎回見ていて思ったのは、あのチビがどうやってあのタイミングで台詞を言えるのか。
  監督や他の俳優達がうまくあわせるんでしょうか。
  今の子役達は自然な演技が要求されているんだろうね。

そして、
「半沢直樹 」    楽しませて頂きました
この人のあごが梅干しみたいなのが、非常に印象に残ったのが大河ドラマの「新撰組」
c0175975_119660.jpg

彼がだんだんアップになって台詞にリズムが入ってくると
私はどうしても「遠山の金さん」を思い出す。
是非、近い将来、時代劇をやって欲しいなぁ。金さんか岡っ引きで。

「震える牛」「七つの会議」に「夫婦善哉」こんなのも最後まで見た

「パンとスープとネコ日和」
   これもなんか途中でパス    
    「食堂カタツムリ」とか「カモメ食堂」が苦手なので(どっちも見たよ)
       でも、光石研 いい俳優です

「激流~私を憶えていますか?~」
   だいぶ我慢してみてたけど、途中で見るの断念 
   結末が知りたい気も起こらない。

そう、「あまちゃん」  最初の数話でパス
面白さが判る所まで行けなかった。。。。
[PR]
by patronistaT | 2013-09-19 01:49 | 日記 | Trackback | Comments(4)

非効率社会の楽しみ

ちょっとした生活習慣や考え方の違いで
思っても見ない事が起こるのが海外生活での面白い事でもあるし困る事でもある。
だいたい困る事と言えば私の語学力不足とそれに伴う、
説明力不足&説明するのが面倒くさい!による場合が多い。
この年になると単なる勘違いも「ボケ」かと思われそうで情けない。
あぁ、帰国して電車の切符の買い方が判らないとやっぱり
田舎モンかボケだと思われてしまうのだろう。
長年東京で勉強、仕事していたのになぁ。

今の所、バルセロナは「忙しい町東京」よりはいろんな事に寛容だと感じる。
バスや電車に乗り込む時に多少、数秒まごついても平気。
自動ドアが少ないため、後から入ってくる、出てくる人にドアを押さえるのが常識。
客の順番待ちは後から来た客が誰の後か、自ら確認する。
これらは経済活動が活発でないために、忙しくないからできることなのだ。
店ではそれぞれが別々の注文をするし、思いもよらない行動を取る。
正直言って「非効率」だ。
今ではその「非効率」社会がちょっと気に入っていたりする。

以前、公立の語学学校でカタルーニャ語を勉強していたときの事。
「以下の4つのうち、迷惑、嫌だと思う事は?
ー禁煙の場所で喫煙する事
ー電車などで一人で話す
ー道にゴミを捨てる

私以外の生徒は全員「ー禁煙の場所で喫煙する事」だったのに
私だけ「ー電車などで一人で話す」
みんななぜそれを選んだのかとても不思議がって理由を聞いてきた。
「一人で話しているような人って急にナイフで刺したり物騒な事をしそうだから」
だれも同感してくれる者はいなかった。
どうしてかって、こっちは大きな声で独り言を言っている人が多いのだ。
酔っぱらい、そうでない人、色々。だからといって、周囲の人に危害を加える事もない。
(酔っぱらい、ドラッグ中毒は別)
日本だと一人でブツブツ言っている人はちょっと怖いよねぇ。

独り言も多ければ、鼻歌、口笛も多い。
1週間に必ず2回は聞こえてくるのが「子象の行進」
こっちの人、口笛上手。石の建物に響いてよけいにうまく聞こえる。
でも、誰が吹いているか判らない。どのおじさんなんだろう。。。。。

[PR]
by patronistaT | 2013-09-14 23:36 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)

妹の息子、小学三年生はクラシック・ギター歴5年。
幼稚園の時にこっちに一度遊びに来ている。
そのときにかなり衝撃を受けたらしく(親が刷り込んでいるかもしれない)
こういう事をする。4年生になったら「クワトロ」と書いてね。
c0175975_19442290.jpg


スペイン時間の昨夜、2020年のオリンピック開催地が決定した。
私はイスラム初という事でイスタンブルがいいなと思っていた。
最近見たスポーツでムスリムの女性アスリートを見かける機会も増えてきた。
でも、この状況ではね。
何年も招致活動をしてきて、今こういうことになるとは関係者は想像していただろうか。

マドリッドの最大の弱点は経済危機、あとドーピング問題。
2006年の事だけど、かなり報道していたので「ああ、あれか」と思い出した。
マドリッドではオリンピック施設の80%はもう完成しているそうだが
それはあまり効果的な宣伝文句とは言えなかったようだ。

ギターを習っている甥は、今は何でもスペインが好き。
運動会で世界の国の旗を描いてこいといわれば、スペインの赤黄の旗。
今回のマドリッド落選でかなりブーブー言っていたそうだ。
2020年、君は16歳。まだ未成年で海外留学に親の承認が必要な年齢。
2024年のオリンピックはたぶんパリかもしれないから、
スペインでのオリンピックはまだだいぶ先になるとは思うけど、
この先いくらでも見る機会はあるね。
でも、いつかスペインのバルで
音楽仲間と飲みながらマドリッド開催のオリンピックを見たりするんじゃないかと
妄想するのは、かなり叔母バカだと思う。
[PR]
by patronistaT | 2013-09-08 19:59 | 日記 | Trackback | Comments(2)