c0175975_2241299.jpg


秋の雰囲気の古い水差し
釉薬のハゲ加減がまた良い
7月のドライブの時に拾って来た植物を入れてみる
これ、名前は知らないけど、アザミの種類でかなり棘が堅く、
普通のビニール袋に入れて持ち運ぶ程度では危険。

この植物を初めて見たのは会社に勤めていた時で、
織り上がった毛織物の起毛加工をする時に使われた、と
デザイナーが見せてくれた。
Terressaの織物工場でもこの実を大量に取り付けた起毛用の古い機械があった。
もうだいぶ日が短くなって来た、
そろそろTerressaの織物工場のライトアップ見に行こうか。。。
[PR]
by patronistaT | 2012-09-28 22:43 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

週末から月曜にかけてバルセロナのメルセがある。
ヨットハーバーで行われるカタルーニャのワイン、カバの試飲会は
毎年の楽しみの一つ。
c0175975_23114240.jpg

今年は場所が変わって凱旋門のある遊歩道で。
初めて参加した7年ぐらい前はお客もそれほど多くなく、
食べ物の出店が多くて、飲み物と食べ物で10ユーロぐらいだったのに、
今年はグラス持ち込みでなければ15ユーロに値上がり。
しかも歩けないほどのお客。時間帯ずらして行ったつもりだったのに。
つまみはハム、チョリソ、コカぐらいしかない。
不景気だし、出店するレストラン、ハム屋、チーズ屋はもうからないんだろう。
飲み物は瓶だけだから楽そう。重いけどね。
c0175975_23131139.jpg

そんな訳で、今年は少し物足りない感じがした。
c0175975_23153699.jpg

会場の隣のシウダデラ公園が夜空のディスコ。
もちろん、無料(なはず)
 (無料または少しのお金でで遊べる事がたくさん)


そうそう、今まで市庁舎広場で行われていた、プロジェクターによるライトアップが
今年はサグラダ・ファミリアで行われた。
ちょうど良い時間だったので、バスで向かってみる。
久しぶりに見る夜のサグラダ・ファミリア。
きれいだ。
そして初めて見た真っ黒に煤けてまだ色の付いていなかったサグラダ・ファミリアと
当時の自分を思い出してちょっぴり切なくなる。
c0175975_23185648.jpg
c0175975_23225298.jpg
c0175975_23232656.jpg
c0175975_232428.jpg
最後はグエル公園のドラゴンのようなモザイクに。


凹凸のない建築物に投影する方が効果的なんだろうけど、
映像を浴びたサグラダ・ファミリアはおどろおどろしく、
まるで夜に目覚めた生き物のようだった。

毎年9月の20日からはいろんな催しが目白押しなので、
来年、旅行に来る方は是非この時期に。
[PR]
by patronistaT | 2012-09-23 23:24 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)

c0175975_2342360.jpg

昨日のVia Laietanaライエタナ通りの様子。
海からの風ではためくカタルーニャの州旗と
キューバの国旗を組み合わせた独立の旗。
肩車されている少女のの頭には男性の民族衣装の帽子。
この他、ロバのシルエットのプリントTシャツ、
同じく独立派が多数いるバスクの州旗も見られた。

c0175975_246791.jpg

c0175975_2494243.jpg

c0175975_2503371.jpg

足下に注目、カタルーニャ独特のアルパルガータ(エスパドリュー)

さて、今回のデモでは「カタルーニャはEUの新しい国家」のような
プラカードが多く見られたが、本気で独立を考えてるんではないと思ってるんだけど。
そのぐらい本気なんだぞ!という意思表示。
少なくもと私の友人達(もちろんカタラン人)は独立したいとは聞いた事がない。
私も税金を払っている身なので、他所よりたくさん税金をもっていかれて、
あげくに財政難、移民の商売は流行り、古い町並みが壊されていく姿をみると
どうしたんだ!と悲しくなってくる。
そして、最近のニュースでは「ユーロ・べガス」計画がマドリッドに建設されることになり、
その代わりにタラゴナにテーマ・パークを建設する予定があるそうだ。
「ユーロ・べガス」のバルセロナ予定地は野鳥などの自然が残っている干潟だったので、
 その干潟を破壊することなく済んだのはよかったけど、
テーマ・パークも良いアイデアとは思えない。作った後は維持しないとだめなんですよ。
第三セクターのおかげでテーマパークの宝庫となった日本としては
よっぽどの施設がないと黒字経営なんて無理なのではと、思う。
ディズニー系ぐらいでしょう、最近ドキュメントで見たけど、HISが入ったハウステンボスとか。
そんな市場調査がかなり必要な業種に手を出しても大丈夫かな。
やるなら、徹底的にやってください、緊急事態なんです。
日本がかつて経験済の事がまた改めてこっちでも行われたりするので、
最近はちょっと怒っていたりするのです。


ーーー以下引用ーーー
Día Nacional de Cataluña.
9月11日はカタルーニャの日で祝日とされている。
普通はラ・ディアダ(La Diada)と呼ばれる。スペイン継承戦争末期、1714年の第3次バルセロナ包囲戦でブルボン軍にバルセロナが陥落した日を記念している。
      Wikipediaより


スペインのカタルーニャ州の州都バルセロナで11日、経済危機に苦しむ中央政府から富を搾取されているとして、数十万人に上る民衆が自治権拡大を要求してデモを行った。
カタルーニャ州はスペインで比較的裕福な州だが、スペインからの分離独立を求める勢力は以前から存在しており、今回のスペインの経済危機が、そうした動きを煽る形となっている。
デモ参加者の数について、中央政府は約60万人だとしているが、カタルーニャ州の警察は150万人に達したとしている。
警察当局によると、デモは夜になって解散し、負傷者や逮捕者はなかった。
カタルーニャ州の人口はスペイン全体の15%だが、経済規模は20%を占めている。
ユーロ圏債務危機の影響でスペイン経済が急激に悪化する中、カタルーニャ州では、中央政府から受け取る恩恵に比べ、税金として支払う金額が数十億ユーロも多いとの不満が広がっている。
州政府が人員削減やサービス縮小を強いられていることも、住民の不満を高めている。
カタルーニャ自治政府のアルトゥール・マス知事は、州内から徴収する税の使途についてもっと裁量が認められなければ独立を探る、との考えをほのめかしている。
エコノミストは、カタルーニャ州が中央政府に支払っている税金は、学校や病院などを通じて中央政府から受け取っているサービスを少なくとも年間120億ユーロ上回っていると推定している。
ヤフーニュースより ーーー
[PR]
by patronistaT | 2012-09-13 03:05 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)

Santacana/サンタカナ

昨日、ものすごく久しぶりにどばっと雨が降って、
今日は雲ひとつない晴天。
空気の感触が違う。
少しだけ秋が近づいてきたか。
それともただの気まぐれか。

c0175975_1301529.png

Santacana Complementos

ちょっと前に、ウールの手袋を買ってしまった。
このくそ暑いのに....。記事はもう一つのブログでどうぞ。

Santacana/サンタカナ アンゴラウールの手袋

[PR]
by patronistaT | 2012-09-01 01:32 | 買い物 | Trackback | Comments(1)