c0175975_243799.jpg

チェーンのバッグ。これを見ると祖母を思い出す。
50年代ごろはこういうのが流行ったのだ。
なんとこれは新品のきれいな状態で見つかった。
アンティークの着物にも洋装にも。

c0175975_272244.jpg

60年代ぐらいの物でビニール素材。
今年はキラキラした素材が人気、すごくいいタイミングで見つけた。
ひったくりにあうと危険だからって
ハンドバッグを持つ事はあんまりないんだが、やっぱり持ちたい。
ストラップが短いと肩にしっかり掛けて取られにくいと思う。
無くなったら困るような大事な物は入れない。
でも、バッグが一番大事なんだよね。
[PR]
by patronistaT | 2012-08-26 02:06 | ファッション | Trackback | Comments(6)

2週間ほど前に、Castelldefelsにある友人の別荘へ行った。
バルセロナから北のコスタ・ブラバ(Costa Brava)は砂粒が大きくすぐに叩き落とせる。
南はコスタ・ドラダ(Costa Dorada)は関東近郊の砂浜と同じような細かな粒。
私には懐かしい砂の感触がこっちでは嫌う人も多いそうだ。
ちなみにバルセロネッタの砂は建築廃棄物を砕いた物だそうなので、
コスタ・ブラバ、コスタ・ドラダのどちらの砂とも全く違う。
c0175975_2291882.jpg

海の別荘は友人姉妹のおばあさんの所有で、
彼女達が子供の頃から遊んだ思い出のある場所。
このアパートを買った当初、おばさんがインテリアコーディネーターをしていたので、
内装はその方がデザインして、以来ほとんど変えていない。
c0175975_2302641.jpg

1960年代のインテリアのまま。
壁紙だけは花柄から無地の青に塗り替えられた。
子供の頃見た「私の部屋」「暮らしの手帳」などの海外インテリアの1ページを思い出す
c0175975_231253.jpg

近所のレストランも60年代。
c0175975_2325393.jpg

お、セグウェイ・ポリス。
c0175975_2334380.jpg

これがこの辺りの名物のtallarina(タヤリーナ)
アサリよりも小粒で細長い。
ニンニクとパセリのシンプルな味付け。
小さくて食べるのが面倒。スペイン人ってなんでこういうチマチマした物が好きなんだろう。
c0175975_2354439.jpg


c0175975_2403131.jpg
近所の手作りの変な家。貸しに出されていた。
c0175975_241598.jpg

8月のスペインはまったりしている。
老舗のバルや商店はすっかり夏休みで8月末から9月上旬まで休む。
何もかもがゆっくりでどよよ〜ん。
近頃やっとこのムードが好きになってきた。
[PR]
by patronistaT | 2012-08-20 03:01 | 郊外へ | Trackback | Comments(2)

隠し味に○○を入れるとかいって、隠れるどころか自己主張している隠し味。
そんな事をやっておもしろがって料理していたのは子供の頃。
食べてみた事もない外国の料理に似せて作った創作料理で家族に迷惑かけたこともあり、
初めて作った「本格派インドカレー」は責任とって全部自分で食べた。

渋谷のデパ地下にカオス状態の食べ物を思い出すと、
長い事慣らされた習慣を忘れる事はできないと、つくづく思う。
なにか新鮮なメーニューはないか。
食べられなかったら相当悲しいので、料理で予想もつかない挑戦はしない。
でも、ちょっとだけ試したりする。

宮崎に出張に行った時、「冷や汁」なるものあある事を知った。
「ただのさめたみそ汁じゃん」と、思ったがこう暑いと食欲も落ちる。
でも、なにか和食が食べたい。加熱調理もしたくない。
スペインの夏の食欲増進メニューが「ガスパチョ」なら日本人には「冷みそ汁」でどうでしょう。

ーーースペインで食べる冷たいみそ汁のレシピーーー
水にだしの素と味噌を溶かす。
薄く輪切りにしたキュウリとみじん切りにした「ミントの葉」を入れる。
すりごまを入れる。
あらかじめ茹でてさました豆腐を入れることもあり。

ミントはヨーグルトのサラダやミントティー用に買っても
すぐにダメにしてしまうので、他にも利用方法を探していたところだった。
ベトナム風とか言って冷やし中華に入れる事も。


c0175975_18162381.jpg

これはスパゲティで作る冷やし麺。
「SURIMI」(すり身)という名前で売られているカニかまにキュウリの千切り。
タレには豆板醤、ごま油、醤油、砂糖、ショウガ、ニンニク、ネギのみじん切り。
スパゲティを茹でる時にベーキングパウダーをいれると
中華麺になるというのは海外在住なら一度は試してみた事があるかも。
私はそれほど、感動しなかったので、いつもよりも柔らかめに茹で、
ゆであがりにごま油少々で和えておく。

さて、今日のお昼はなににしようか。。。。
[PR]
by patronistaT | 2012-08-17 18:23 | 食べる | Trackback | Comments(4)

c0175975_17463255.jpg

スペインでのバーゲンセールはフランスと同じように年に2回決められた日に始まる。
日本でも今年から百貨店ではなんとなく足並み揃えるようにしたらしい。
作っている方の立場では、なぜもっと早くできなかったのか、と思う。
私が勤めていたときはバーゲン用商品を新たに作っていた。
これは特別な事ではなくて、他のメーカーでも、今でもやっているんじゃないかな。
これでは、シーズン終わりかけの在庫の値引きにはならない。
そして各店舗ではよそより1日でも早くセールを開始したい。
結果、プロパーで売る期間が短過ぎて、作る側にもお客にも不利益だと思わない?

スペインではセール商品はプロパー価格が表示されていなければならないそうだ。
なんか、ずっと前に見た商品が並んでいる、と思うと、
昔の在庫が今期物と同じセール棚に並んでいる。しかも同じ値引率で。
日本だったら売れ残り商品はもっと値引きしてさっさと処分するだろう。
8月も半ばにかかりウィンドウには70% 75%OFFも目につく。
不景気のせいで例年よりも安くなっているようだ。
もう秋冬物も出ているけど、半分以上はセールの商品で埋め尽くされているので、
落着いて見る気が起こらない。
9月に入ってもセールを引きずる店が多いかもと予測してるけど、
それも良いアイデアとは思えない。9月から消費税も上がるし。
今回のセールで靴を買いそびれたので、久しぶりにプロパーで1足買おうかと思う。
靴とバッグだけは自分では作れないので。
[PR]
by patronistaT | 2012-08-14 17:55 | 日記 | Trackback | Comments(2)

c0175975_3245974.jpg
c0175975_325386.jpg
c0175975_3261210.jpg

c0175975_3251244.jpg
c0175975_3273228.jpg
c0175975_3275417.jpg
c0175975_3283029.jpg

女子サッカー、女子レスリング、
イスラム女性の参加など、今回は女性が主役のオリンピックだった印象。
今回初めて見た競技、馬場馬術、ボクシング、フェンシング。
どれも初めてだと、何がどうなってるんだかさっぱり判らん。

今回のイメージカラーは紫だったのか。
紫と水色、赤の組み合わせ、大好き。
この紫はサラエボオリンピックにも使われたのとそっくり。

私が子供の頃と違い、選手がのびのびとプレイしているように思う。
国を背負ってよりは、自分の為という発言、あの頃はなかったな。

バルセロナオリンピックから丸20年も経過したのか。
時のたつのは早いなぁ。

写真はスペインの新聞EL PAISより
[PR]
by patronistaT | 2012-08-14 03:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

なんだかあまり盛り上がりを感じないかと思ったけど、
それがそうでもない。
始まる前はあまり期待していなかったのに、スペインの国営テレビ局が
ネットでかなりの競技を配信しているおかげで楽しんでいる。
もう明日で終わり。

開会式で見つけた気になったユニフォーム

c0175975_2011068.jpg

c0175975_1956815.jpg
一番好きだったのが ジャマイカ
国旗の3色を基本として各アイテムに複数のデザインがある。
プリント生地の使い方も好き。
スピードや若々しさを感じる。

「炎のランナー」のような英国調デザインが多かった気がする。
好きなタイプです。
オランダはいつものオレンジ。ここも数種類のデザイン。
日本もいつも女性はスカートまたはスラックスばかりじゃなくて、
タイトスカートにプリーツスカート、スラックスといろいろ作ればいいのに。
c0175975_2062678.jpg

c0175975_20202685.jpg



c0175975_20132356.jpg
ニュージーランド
正統派に近い落着いたユニフォーム。
Kent & Curwenのデザイン。
東京の百貨店にも出店してるのか、知らなかった。


c0175975_2064489.jpg
オーストラリア
普通過ぎるけど、ジャケットのダークグリーンと白の組み合わせがきれい。
なぜかとても印象に残った。


c0175975_2061195.jpg
なんで?と思ったのはチリ
傘に長靴
「サンチアゴに雨が降る」かと思ったが、たんなるジョークのようだ。
ロンドンは天気が悪いそうなので。
女子マラソンのときも石畳の狭いコースは雨ではとても走りにくいだろうと心配した。
しかしこんなユニフォームに決定できるって、審議するときの雰囲気やメンバーはどんななのだろう。

ほかには民族衣装で登場するアフリカの国々。
日本も旗手だけ和服にすれば?
袴を履いて、足下はスニーカーなんてかっこいいと思うんだけど。
[PR]
by patronistaT | 2012-08-11 20:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

なんだかあまり盛り上がりを感じないロンドンオリンピックが始まって早1週間。
開催地とは時差がないので、ついだらだらと開会式見てしまった。
演出もさることながら、各国のユニフォームが気になる。
開会前に話題になっていたのはアメリカのユニフォーム。
デザインはラルフ・ローレンだけど、中国製。
スペインのもこちらではニュースに上がっていた。
「なぜ、スペイン人ではなくロシア人のデザイナーに依頼したのか」
世界的に見たらスペインファッションなんて注目度低いけど、
古くから繊維産業が盛んで、有名なデザイナーも輩出しており、
国内に良いデザイナーがいないわけないのです。
スポーツという産業に繊維産業も結びつけて少しでも
国内の動きを活性化させないといけないんじゃないの。
日本のファッションも世界から注目されているのに相変わらずです。
だれが、採用を決定するんでしょう。
デザイナーがユニフォームとして良いデザインを提出しても
「おやおや。。。」というのしか採用されないんだと勝手に想像してます。
今までの結果があるから、酷評を恐れて誰もやりたくないのでしょうか。

オリンピック開催前にスペインの全国紙「EL APIS」で見つけた面白い記事。
「私たちだけじゃない!最近のオリンピックのみっともないユニフォーム10選」
No somos los únicos: los 10 uniformes olímpicos más feos de la historia reciente
今回のロンドンオリンピックのスペイン代表のユニフォームを嘆いての記事。
面白いのだけ抜粋しました。
写真についてのコメントは記事の簡単な訳。()内は私のコメント

c0175975_20115718.jpg
10位は2010年ノルウエー代表 まるでピエロみたい
(目立つね、シャツとパンツのテキスタイルが逆だった方がよかったんじゃないかな)


c0175975_2013154.jpg
9位  1992年バルセロナ大会のイタリア代表
FCバルセロナのユニフォームをリサイクルした? 
オーバーサイズのジャケットに国籍不明のカラー。
(肩幅が広いのは時代のせい?)


c0175975_20205415.jpg
6位 日本 2004年 アテネ大会
花柄のパジャマ、ナイトガウンのようだ。
  (たしかKENZOだった、弱そう・・・スポーツ向きではない 光の加減で顔色が悪くみえる)


c0175975_2073123.jpg
4位に再登場 日本 
2000年シドニー大会 最低最悪のユニフォーム。
  (歴史に残るユニフォーム  ドン小西が選考委員にいたよね)

c0175975_20273673.jpg
3位 ロシア 2012年ロンドン大会
頭から離れない悪夢のようなテキスタイルデザイン。デザインはBosco Sport
(記事のコメントがぴったり! キースへリングのようにも見えるが。
 しかし、この写真の演出がすごい。「連帯」旧ソ連か。)

c0175975_2031219.jpg
1位 スペイン2012年ロンドン大会
これが上のロシアのユニフォームをデザインした会社と同じ。
お揃いのネクタイ、シューズ、ポロ、バッグ、すべて最悪。
アディダスがデザインした闘牛士風のユニフォームよりひどい。
(たしかにひどい、ひどすぎる、悪趣味、安っぽい。
 上のロシアの写真と比較するとかなりヘラヘラしていて正反対。
 プレゼン用のましな写真はないのかい!)
c0175975_20414191.jpg

アディダスの闘牛士風とはこれかな?


次回は好きだったユニフォームで
[PR]
by patronistaT | 2012-08-03 20:22 | ファッション | Trackback | Comments(5)

RUPIT その3

RUPIT村で見つけたディティール

c0175975_17503370.jpg

c0175975_17453574.jpg
c0175975_17401930.jpg
c0175975_17404839.jpg
c0175975_17412113.jpg
c0175975_17424147.jpg
c0175975_17462692.jpg
c0175975_17472930.jpg


帰りも迷う事無く無事に到着。
GPSがものすごく便利で世の中は変わったなと実感する。
こんなに便利だと本能が失われそう。。。

c0175975_1752107.jpg

[PR]
by patronistaT | 2012-08-01 17:43 | 郊外へ | Trackback | Comments(4)