CYANバッグ新作

最近「CYAN」で検索している方が多いようなので、
ちょっと遅いけど新作と新規取り扱い店舗を紹介。

c0175975_339842.jpg

ウッドに見えるのは樹脂製のバックル。
このグリーン欲しい!茶に近い紫と相性が良さそう。

c0175975_3422498.jpg
c0175975_3562942.jpg
同じシリーズのバックルを用いたベルト。
Cyan facebook
http://www.cyanbags.com/


続いて新規取り扱い店舗
今まで旧市街にある店舗の取り扱いが多かったけど、
今回はバルセロナ新市街に2店舗とVicに1店舗。


c0175975_3435418.jpg
DLUNIC
Rambla Catalunya, 99, 08008 Barcelona
TEL:934882666
dlunic


Chapóbulevard
Paseo de Gracia 55, Rambla Catalunya 66, Bulevard Rosa.
chapobulevard



c0175975_3571851.jpg
MIQUES
C/Sant Antoni,39, 08500-Vic Barcelona-
TEL:938892787
MIQUES


今後ともCyanをどうぞよろしく。
日本語でのお問い合わせは私まで。(お店の事はリンクの方へお願いします)
[PR]
by patronistaT | 2011-11-27 04:09 | CYAN BAG | Trackback | Comments(7)

c0175975_36458.jpg


日本に帰国中、バルセロナへ向けて小包を2箱送った。
中国人のスーパーがあちこちにあるので、食料品を送る事はあまりしない。
たぶん、スペインの通関で開けられたら、「どうしてこんな物が」と、思うような物ばかり。
引っ越しの最中だったので、捨ててもいいのだけど、
スペインで簡単に手が入らない物をボンボコ箱に詰め込んでいった。
ゆうパックの大箱と、大箱の約2倍の箱の計2箱。
スペインでは内容物が送料も含めて45ユーロ以上になると、消費税を課税される。
150ユーロを超えると関税+消費税。
スペインの消費税は18%。高い!でも、項目によって課税率が違う。
いままでは一度も課税された事はないが、なんでも国から出れば輸出入だから。
さて、郵便物をどのように送るか。
中身はさんざん読んだ本、着古したTシャツ、使いかけのミシン糸、ファスナーの在庫、
方眼定規、チャコ、縞スレキ、広幅のゴム1反、新品はユニクロの靴下3足ぐらい、
古着のバーバリーのコート、その辺に転がっていたクリップひと掴み....。
送り状の品目には書ききれないものばかり。
ほとんどが中古品で5年ぐらい実家に保管してあったので、
減価償却してるだろう、内容物の金額は「0円」と記載。
これで、送料分しか消費税かけられないだろな。。。
もし事故が合った場合、中身がゼロ円の価値でも補償は付くから。

2箱とも無事通関。無税だった、2ヶ月以内で到着。
おまけに、一つの箱は持って来てくれたし。
ありがたい!期待していないとこんなにありがたいものなのか。
これで一つ心配だった事が解決したのでした。
今回は忙しかったので、食べ物をあめ玉一つ入れておかなかったのが悔やまれるけど。

c0175975_361272.jpg

郵便局でポストのミニチュアの貯金箱を売ってる、お土産にいいよ。
[PR]
by patronistaT | 2011-11-23 03:39 | 日記 | Trackback | Comments(2)

世界のFreixenet その2

Freixenetの創立は1861年。
1930年代に北米のマーケットを拡大始める。
フレシネの広告の歴史
ちょっとしたパーティなどで気軽に飲めるスパークリング・ワインとして定着させた。
工場見学では、最初にフレシネの歴史についての短編ビデオを見る。
アメリカで放映されたCFの数々に驚く。
今は亡きポール・ニューマン、ライザ・ミネリ、キム・ベーシンガー、ローレン・ハットンもいたかな。
アメリカが華やかだった頃のそうそうたるメンバー。
さすがアメリカのCMはゴージャスで大人っぽい。

キム・ベーシンガー編


2010年バージョンはシャキーラ


2008/2009年はシンクロナイズドスイミング
スペインでシンクロと言えばジェマ・メングアル。彼女はカタルーニャ出身。
カバももちろんカタルーニャ。


シャロン・ストーン&アントニオ・バンデラス


ポール・ニューマン編
ファンの方がテレビをビデオで撮影したんでしょう。
画像がひどいけど、大ファンだったので・・・。


シャーリー・マックレーン&ミゲル・ボゼ
2人とも若い!


フレシネは創立者から3代目で経営はすべて身内。
今後、「グッチ」みたいに崩壊して乗っ取られたりしないように。
友人曰く「カバ」という名称は登録商標されていて
カタルーニャ以外は発泡性のワインにこの名前を使用は禁じられているそうだ。
固有の商品を守り付加価値をつけるには必要なこと。さすが、抜け目ない。
だから、日本も「スパークリング・ワイン」なんて呼ばないで「カバ」にしようよ。

ここまでフレシネを宣伝しておいて、実際に買うのはコドルニウのAna。
さて、もうすぐ飲めるねぇ。
コドルニウも工場見学可。
でも、駅から遠い、でも入場料が安くて建物が素晴しい。

駅を離れた町の様子はこんな感じ。
c0175975_1424958.jpg

c0175975_1431838.jpg

あちこちにワインやカバのボトル。

c0175975_144638.jpg

ワイン長者もいた事だろう。

c0175975_1453512.jpg

もちろんレリーフは葡萄。
[PR]
by patronistaT | 2011-11-20 01:51 | 郊外へ | Trackback | Comments(0)

<J~M>

ーーーJーーー
jabón(m)チャコ
jersey(m)セーター

ーーーKーーー

ーーーLーーー
lana(f 素材)ウール 羊毛
lana fría サマー・ウール
lechuga(f)ラフ フランシスコ・ザビエルの絵画などの衿にみられるひだ飾り
        スペインが発明したもの lechugaはレタスの意
levita(f)フロックコート

lino(m 素材)リネン

lazo(m )リボン

ーーーLLーーー
llavero(m)キーホルダー

ーーーMーーー
manga(f)袖
marrón(m,adj) 栗色、栗色の
mate つや消し、マット
monedero(m)小銭入れ
mono(m)オールインワン等の上下が繋がった物
     mono entero,mono corto 
[PR]
by patronistaT | 2011-11-18 02:55 | スペインファッション用語辞典 | Trackback | Comments(0)

世界のFreixenet

c0175975_039618.jpg

あ、道にカバのコルクが落ちてる。

c0175975_0401619.jpg

たくさんある。
遠くに見えるのがかの「CAVA」で有名な「FREIXENET」の工場。
この夏、初めて行って来た!
言わずとしれたカタルーニャが誇るカバのメーカーFreixenet。
CMでは「スパークリング・ワイン」と言っているようだけど、
私のまわりではみんな「カバ」で通用するのは、
スペイン好きが多いからかな。

c0175975_0482932.jpg

フレシネ・スクーター

c0175975_050499.jpg

フレシネ・クラシック・カー

c0175975_0512493.jpg



工場の装飾も葡萄と泡立つカバ。

c0175975_0535515.jpg

予約し工場見学の時間までロビーで待つ。
ロビーの天井のレンガなんだけど...あれ?

c0175975_05848.jpg

c0175975_0582067.jpg

ディスプレイではない。逆さまにして熟成させる。
c0175975_0595410.jpg

これもディスプレイじゃないから。
トロッコに乗ってカバの壁の間をどんどん進む。
このトロッコが面白い!スペイン人って人を楽しませるのが好きでしょ。

8月だったのであいにく実際のカバを作っている工場はお休み。
世界のFreixenetだから年末に向けてどんどん生産してるかと思ったんだけどね。
瓶詰めされてゆく行程はまた夏以外に来る事にしよう。


後半へ続く・・・・
[PR]
by patronistaT | 2011-11-12 01:09 | 郊外へ | Trackback | Comments(4)

世界のTDKがスペインに

c0175975_21545654.jpg

今ではこれが何なのか知らない人もいるだろう。
これはカセット・テープという物。
レコード(これも見た事無い?)のようにA面とB面があって、
音声が録音できるようになっていた。
私もたくさんもっていた、でも一つも残っていない。
そしてカセットテープといえばTDK(東京電気化学工業株式会社)。



このTDKがスペインの地中海沿岸のマラガに新しく工場を作るそうだ。
工業ができれば400人の雇用も増える。

「新工場で製造するパワーコンデンサーは、風力発電機や太陽光発電施設のほか、
送電効率を改善するシステムにも使われる。新工場は最先端製品の研究開発の拠点となる。
TDKは新工場の建設に約2000万ユーロ(約22億円)を投資した。
フル稼働後の年間売上高は5000万ユーロ(約54億円)以上を目指すという。
(2011年11月6日09時10分 読売新聞)」

円高で輸出関連は打撃を受けているが、
最近は武田製薬がヨーロッパの企業を買収したというニュースを聞いた。
今がチャンスという考え方もある。
高い失業率と借金まみれのスペイン。
日本の企業の進出で雇用が生まれるのはちょっとうれしい気がする。
しかもスペインが力を入れている自然エネルギー分野だし。

今月11月20日はスペイン総選挙が控えている。
2期続いたPSOE政権も、今回は保守政党PPに変わるだろうと言われている。
8年前の劇的な変化が懐かしい・・・・。
さて、どうなるでしょうか。
がんばれ、スペイン、ヨーロッパ。
[PR]
by patronistaT | 2011-11-06 22:10 | 日記 | Trackback | Comments(4)

映画のロケ/"Wine of summer"

c0175975_0514810.jpg

今週はなんだか自分も廻りもバタバタ。
火曜は祝日で明けた水曜の早朝から外が騒々しい。
半袖Tシャツにウエスト廻りにいろんな物をぶら下げた男性達が
広場を動き回って、照明設置。
我が家のベランダにも巨大な延長コードが置かれて、
上の友達のパパの所には照明2点設置。
(2日間の撮影で少々謝礼をいただいたそうだ)
夏はヒュンダイのCF、ビールのCF、日本の撮影隊も見かけたりした。
もう少なくなってしまったここには石畳が残っていて、広場も水飲み場もあるので、
風情あるロケ地にいいんだろう。

ロケは昼間は準備、撮影は2晩続いた。
広場の周囲と街路樹の隙間に大きな照明がつけられて、
夜遅くまで煌煌と明るい。
若いギャラリーが集まって絶叫しながら追いかけたりしていたので、
どうやら知られた俳優が出ているらしい。
さて、なんの映画かと調べてみた。
Elsa Pataky エリサ・パタキ主演の"Wine of summer"
Sonia Braga, Najwa Nimri, Bob Wells y Ethan Peck(グレゴリー・ペックの孫)
エリサ・パタキは日本ではほとんど知られていないようで、あまり情報がない。
映画は1本しか見た事無いのだけど、セクシー女優な扱いのようだ。
どちらにしても、見に行かないタイプの映画だろう。
c0175975_054324.jpg

撮影は2日にわたって行われたので、夜間は機材の監視で常にスタッフがうろついていた。
そう、近頃は金くず拾いの移民がやたら多いので、
道に落ちている電気コード、発電機なんか見つけたら速攻で集まってくる。


監督の声で動き出すエキストラ達。
エキストラの中を歩く男優。
カフェのウエイターが女性客に飲み物を出す。
通り過ぎる男性に気がつき、声をかけるウエイター。

若い男女が抱き合ってグルグル回るシーン。

女優が青いスポーツカーを出すシーン。

こんなシーンを順序立ててできるだけ短い時間で効率よく撮影できるように
準備するのは大変だろうなと、見ていて思う。
映画を見ていてエンドロールにものすごくたくさんの人たちの名前が出てくるのが理解できる。
以前、自主制作の映画の仕事を頼まれた時にした私のお願いは、
「名前をエンドロールに載せてください」だった。
映画の仕事が夢だったから。
[PR]
by patronistaT | 2011-11-06 01:08 | 日記 | Trackback | Comments(6)