一時帰国で気づいた事。

9月は丸々日本にいた。
2年ぶりの日本でしかも数年ぶりの「日本の夏」
蝉の鳴き声が聞きたいと思った。
蚊取り線香の匂いも。
  でも、、、

ー数年ぶりの日本の夏は暑すぎた。
   朝7時でもう太陽がギンギンだし、セミの鳴き声も激しすぎる。
   スペインの朝8時はそんなに明るくない。
          (冬は薄暗いのでさびしくて嫌だけど。)
   ギラギラの太陽のせいで、ゴミ収集車が来る8時半までに
   徒歩3分の場所まで捨てに行くだけで消耗する。
   私たちにとってサマータイムで1時間調節どころではない。
   3時間ぐらい前倒ししたぐらい。
   1ヶ月の滞在でたぶん4キロ痩せた。

ーゴミ収集
   会社に勤めていた頃、ゴミを捨てる時間がなかった事がある。
   夜中1時2時3時4時まで残業して、翌日10時の出勤に間に合うようにすると、
   どうしても朝7〜8時のゴミ集荷には出せないのだ。(寝る時間がない)
   しかも、自治体によって集荷方法、分別方法が違うし。
   市民にたより過ぎな気がする。 (ゴミ分別きちんとやってます)
   と、同じような事を感じていた人のブログを見つけたので貼っておく。
ゴミ出し事情、フランスと日本
    

ー電車が清潔!
   バルセロナの地下鉄は今まで行った、パリ、ベルリン、
   ブリュッセルのどこよりもゴミもいたずら書きも少なくて明るい方だと思う。
   でもさらに清潔なのは東京。
   電車に落書きがないは当たり前。線路にゴミがない。
   九州まで繋がった最新の新幹線を見て感動。
   新幹線の乗務員の丁寧さと快適さにも感動。
   でも、広告が多い。さすが経済国家。
   乗車中に吊り広告を眺めて今の日本を知る。

ースペイン人はうるさい、日本人は静か。でも日本の機械がうるさい。
   スペイン人は何をそんなに話す事があるかと思うぐらい老若男女おしゃべりで、声が大きい。
   日本はスーパーや町中の店の宣伝の音がうるさい。
   さすが経済国家。

ー物であふれている。改めて実感。
   こっちのスーパーは月曜の午前中はまだ納品されてなくて、陳列棚がガラ空き。
   土曜の午後も商品が少ない。まるで東欧。
   日本のスーパーはきっちり商品をそろえてからお客様を出迎えるので、
   よっぽどの事がないと、スカスカなんてあり得ない。
   震災後、省エネの為照明を落としていると聞いていたので、
   スーパーはどんな風かなと、行ってみると。
   ビール、缶酎ハイ等の冷蔵棚は蛍光灯がついているので、
   薄暗い店内でもまるで水族館のように浮き上がってみえる。
   これは、売り上げに効果的ではないかと思ったけど、どうでしょう。
   しかも万里の長城ぐらい商品が遠くの方まで並んでいる。
   相方はお惣菜売り場で立ち尽くし、
   あまりの物の多さに、2人してワハハ〜と笑ってしまった。

ー若い女性がキラキラキラキラししてる。
   これは、趣味の問題。
   自分は若いときからそういったタイプではない。
   80年代ぐらいに香港のアイドルの写真を見た時に、
   メイクやドレスが過剰にフリフリ、キラキラしているのを見て、
   ファッション後進国と感じたけど、その事を思い出す。
   髪の色や目の色、大きさを変えて、欧米に近寄っているように見えるが、
   私にはとてもアジアに見える。
   でも、これは「欧米化」ではなくて日本のファッションの特徴なんだと思う。
   改めて興味深く思う。

ーなんでも種類が豊富。
   スペイン人によく話すのが
   「大きな酒造メーカーが4社ほどあって、季節ごとに限定のビールが日本中で発売される」
   たぶん外人にはこの事が理解できないだろう。
   サイズ、販売時期やパッケージデザインなども変えて消費を促す。
   このぐらいしないと経済は発展しないって説明する。


日本の消費社会を思う時にいつも思い出す映画がある。
開高健原作、増村保造監督の1958年の映画「巨人と玩具」

日本とスペイン、どっちがいいかってことではない。
昭和な人間な私は、もうこの辺でいいかもって思う。
でも、パソコンだけは手放せない。
[PR]
by patronistaT | 2011-10-24 23:13 | 日記 | Trackback | Comments(6)

織りネーム/ETIQUETA

中学生ぐらいの頃、もう着られなくなった洋服を処分するときに、
1枚づつ衿ぐりに付いている織りネームを外して保管していた時期があった。
今、思うと保管しておけばよかった。
しょうもないものだけど、今ならスキャナーという便利な物があるし、
今はもう廃業したブランドなど思い出もデータとして保管できる。
だから、未だに織りネームが気になる。
しかも、昔の住所まであるし。
c0175975_2222149.jpg

E.FUREST
ここは今もセレクト・ショップとして存在する。
1898年創業。サイトには昔の写真がたくさんあるので、ブックマーク。
さすが、繊維産業で栄えたバルセロナ。
c0175975_22321855.jpg




c0175975_2222120.jpg

フランス、トゥールーズ。


c0175975_22214539.jpg

創業1854年のテーラーとシャツ屋。
ENRIQUE MORELL
Calle Escudillers,1 y 3


c0175975_222132100.jpg

EL SIGLO S.A.という百貨店
ロゴデザインが20年代。


c0175975_22211455.jpg

下着製造メーカー
J de CALASANZ MATI
Rambla de Cataluña,121
横には手刺繍とある。
[PR]
by patronistaT | 2011-10-21 22:45 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(6)

鼻が・・・・

c0175975_201464.jpg

スペインへ戻りうだうだしているうちに風は少しずつ涼しくなり、
ついに昨日は鼻風邪をひきました。
Palau Robertでカタルーニャの昔の広告の展覧会を見た帰り、
ついでにMauriでお茶して、久しぶりにバタークリームのケーキに満足。
帰りは散歩しながら歩いて帰宅。
ちょっと寒かったんですね。
夜には滝のように流れ出る鼻水とクシャミ。
何を食べても味なんてわからない。
おかげでまた、ぼ〜っとなってしまいました。
そして、やる気なし・・・。
[PR]
by patronistaT | 2011-10-18 02:08 | 日記 | Trackback | Comments(4)

一時帰国から戻りました

c0175975_0265769.jpg

9月は1ヶ月間日本におりました。
疲労のため、いまだボケボケです・・・。
[PR]
by patronistaT | 2011-10-09 00:28 | 日記 | Trackback | Comments(4)