c0175975_20224269.jpg

スポーツにはそれほど興味はない。
新聞やテレビでみられる一般常識程度しか知らない。
先日5月7日、プロゴルファーだったセベ・バレステロスが54歳で亡くなった。
若くして亡くなった父がゴルフ好きだったので、
バレステロスの名前はよく覚えている。
「スペインの若いゴルファーで優秀なんだぞ」
その当時私の知ってるスペイン人のうちの一人になった。
ピカソ、ダリ、ミゲール・ボセ・・・。

そして月日は流れ、このゴルファーのことなんかすっかり忘れ、
彼をたたえる何かの賞の新聞記事で思い出した。
その時には彼は既に父より年上になっていた。

70年代を活躍した人たちの訃報を知るとすごく感傷的になる。
日本でも相次いで昭和の名優が亡くなったし。
どんどん子供の頃が遠くなるな。
[PR]
by patronistaT | 2011-05-22 20:32 | 日記 | Trackback | Comments(2)

初夏のお客人

最近、ベランダがやけに散らかっているのに気がついた。
目隠しの細い小枝が散らばっている。
薄茶色の地味な小鳥がベランダの小枝をついばんでいた。
1日に少なくとも3回は目撃。
くちばし一杯に加えて上の方へ飛んで行った。
巣作りの時期なのだろう。
そういえば、ここ数日は先日の記事にしたクロウタドリの鳴き声が聞こえない。
もしかして、この地味な小鳥はクロウタドリのメス?
クロウタドリのオスは繁殖期になると印象的なきれいな鳴き声でメスを探す。
「ヒト」以外の動物界ではメスはオスに比べて地味。
ちょうど大きさや頭、くちばしのバランスもオスと同じぐらい。
ベランダから見えるいつも決まった枝の上での呼びかけに答えたのは
家に来るこのメスかもしれない。
c0175975_23373677.jpg


また、数日経過して、メスがちっとも来なくなった。
それと入れ替わりにまたオスが歌いだした。
別のオスかもしれないが、もしかしたらうまいぐあいに繁殖に成功して、
種の存続の為に再び別のメスを探す呼びかけを始めたのか。

初夏のちょっとした出来事でした。
[PR]
by patronistaT | 2011-05-17 23:47 | 日記 | Trackback | Comments(4)