古いノートで時間旅行

c0175975_1403275.jpg

サッカー1962~63年
FCバルセロナ5:エスパニョール0
 (この年のリーガ優勝はレアル・マドリ)
Santa Fe de Montseny
 ( Montseny国立公園のそば、Montsenyは聖地と言われている場所。)
夏休み8月1964年
 ・
 ・
 ・
c0175975_1415842.jpg

1976年
レアル0:FCバルセロナ5
  (この年の優勝もレアル・マドリ)
super8で撮影 (父が持っていたな)
c0175975_1425573.jpg

1963年8月の夏休み
 (筆記体が解読出来ない・・・たぶん地名)
caldes de marvella
  (ここは温泉地だろう)
c0175975_1434882.jpg

歴史のノートかな?
トレースしたとは言え、丁寧で上手。
高校生ぐらいだろうか?

こんな古いノートを見る楽しみ。
どんな人がどんな生活をしていたのか想像しながらながめると
遠い昔に時間旅行できる。
[PR]
by patronistaT | 2010-09-27 02:02 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

「ゼネスト」
なんて、なんとも言えない懐かしい響き。
今月、9月29日はスペインでゼネストが決行される。
どうやら現時点では回避はないそうだ。
今月パリでストがあったのは知っていたが、このニュースはスペイン人の友人から知らされた。
彼女たちは遅ればせながらの夏休み旅行でベルリン行きのチケットを買っていた。
「ゼネストってずいぶんやってないんじゃない?
 そう言えば、私が初めて旅行でバルセロナに来たとき、ストでパリに戻れなかった。」
「それって20年ぐらい前でしょ、たぶんそれ以来だと思う。
 パン屋もなにもかも閉まっちゃって、日曜日よりも静かになっちゃうんじゃないかな。」
まだベルリン行きがダメになったと決まった訳ではないので、
当日はいつもより早めに空港に行く事にして、なんとか飛べるように祈るしか無い。
なんせ、ものすごく久しぶりなのでいったいどんなことになるのか
私も全く検討がつかない。移民がやってる店ぐらいは開いているとは思うけど、
交通機関、美術館などは機能しないだろう。
ちょうど、29日にパリに住む友人が来る事を予定していたけど、
1日遅れに予定変更を勧めたばかり。


昨日、9月11日はカタルーニャにとって重要な祝日。
1714年の9月11日にブルボン家との戦いに敗れて独立できなかったのだ。
この日はあちこちで独立決起集会(?)が開かれ、町は騒然とする。
以前のアパートは教会の裏広場がすぐだったので
今まで聞いたこともないぐらいの、あたりを覆い尽くすような歓声と合唱で
窓ガラスが震えるぐらいだった。
今回は別の場所で行われた集会から戻る人たちの雑踏。
c0175975_0391376.jpg

写真右下はカタルーニャ旗とキューバ旗を組み合わせた独立系の旗を背負う少年。
若い連中ほど旗を背負って、独立のスローガンTシャツを来ている者が多い。
みんなが一帯になれるコンサートのようにウキウキするんだろう。
印象的だったのは、やはり旗を背中にまとった少年3人組。
真ん中の少年のTシャツのプリントは「COCA-COLA」。
ちょっと相反する気がするんですが、どうなんでしょうね。
世界的にナショナリズムが強くなっているムードの中で
ちょっと少年たちの行動がなんとなく気がかりな、
それともイベント気分なだけか、とも思ったりするのでした。

あ、別に、特に暴れたり観光客に迷惑かけたりはしないから大丈夫。


訂正)
調べて見たらゼネストは2002年以来だそうです。
あんまり旅行関連のサイトでアナウンスしてないみたいね。
[PR]
by patronistaT | 2010-09-13 00:39 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)

ちっとも面白くない話だが、タイトルの通り。
今朝、日本のクレジット会社から電話があり。
日本で逮捕された犯人の持っていた情報のなかに
私のクレジットカードの番号があったそうだ。
実はこれで2度目。
最初は1年前やはり9月。
電話があってカードの買い物での利用状況に不審な点があるとのこと。
関東某所の某スーパーでスーパーで使うか?ていう金額。
アイルランドで買い物。
オランダにてネットで買い物。
こんなにあっちこっち飛び回っていたら、とっくにマイレージが貯まって
日本往復チケットgetなのだ。
私が気が付く前にカード会社が気が付いて、実害はなし。
不幸中の幸い。
今回のは犯人、日本で逮捕されたそうだ。
今回も実害無し。よかった〜。

昨年、私が被害にあったころ、こちらの友人も同じ目にあった。
こちらのデパートでの買い物利用でしか考えられないとのこと。
私も心当たりがあるとすれば、ATMでのキャッシングぐらい。
買い物ではいつも利用するスーパーマーケット、手芸店、生地店、ブティックなど。
不審な店での利用はない。
ATMも通りに面した所では利用していないんだけど。
あ〜っ、ある!星のマークの金融機関は手数料が高いから、
赤い看板の金融機関も利用するんだけど、店内に無い事が多いのだ。
私の住んでいる地域は観光客が多いから、それを狙ったスキミングが多いんだろう。
人の少ない所でやっても儲からないだろうしね。

旅行に来る前に私のブログを見る方もいると思うので、
いろいろ調べて対策を記載してくので、参考に。

<対策>
キャッシング時のATMは通りにある機械を使わない。
カードはICチップ付きを使う。
スキミング対策のカードケースに入れる。(効果あるのかな?)
利用明細をきちんと確認する。
買い物でカードを手渡した時によく見ること。(店ぐるみの事もある)

こちらはもうカードで買い物する時はほとんどがICチップ付きカード。
スーパーでもサインが必要な所が減って来た。
日本はまだICチップ付きが普及していないようですが、どうなんでしょう?
カードの磁気部分をスキミングして、
IC付きが普及していない日本で悪用するとか??
海外に出る時はなるべくICチップ付きにした方がいいようです。
何かで読んだのですが、日本人のカードデータばかり狙った犯罪グループがあったらしいし。
これはやはり日本でICチップ付きが普及していないからなのか???

実際に知人で被害にあった者もいるけど、
使っていない証拠があったので、支払義務なしでした。
私は実害がなかったからいいけど、くやしいね。
まったく、いろんな事にピリピリして生活していかなきゃならんのだ。
カードの年間手数料が値上がりしてもいいから、セキュリティに力を入れて欲しい。
[PR]
by patronistaT | 2010-09-09 21:40 | 日記 | Trackback | Comments(6)

<季節はずれ>

c0175975_22242317.jpg

せっかく陽当たりの良いテラスがあるんだから、
何か植えなくてはと、種を撒いたのが7月。
そして一つ目の開花がなんと8月末...。
 しかも、出来損ない。
朝顔の他にもシソや三つ葉の種を撒いた。
でも、三つ葉は全滅。
シソは4株生存。でも丈が8cm程度で本葉はまだ数枚。
最初は土が悪いのかといろいろ調べたりしたが、
たぶん高温過ぎるのだと思う。
なるべく日が当たらないようによしずをかけたりもした。
しかも朝顔は乾燥の為に葉の裏にハダニが付いてしまい、
1日に数回葉の裏表に霧を吹きダニを落とす。
そうした頃、8月半ばになって少々涼しい日が続くようになったあたりから、
シソも朝顔もぐんぐん伸びてきた。
まったく季節外れで寂しい感じのする朝顔だけど、
子供の頃の夏休みや日本の夏の虫の声も聞こえてきそうで、
ちょっとうれしくなったのだった。
今朝は、全滅した三つ葉のリベンジ種まきをした。
たぶん今度は大丈夫だろう、お願い!
       茶碗蒸しに入れたいのよ!
[PR]
by patronistaT | 2010-09-07 22:34 | 日記 | Trackback | Comments(4)

<レンガ屋根/OCATAの町>

c0175975_239528.jpg

OCATAの町を散歩していると、カテドラルの目の前に展望スペースを見つけた。
ベンチが数台設置してあり、
夏休みで暇を持て余している10代らしき少年少女がおしゃべりしていた。
海のむこうにバルセロナが見える。
通りに挟まれた三角地帯。こういうのってなんかすごく気になる。


c0175975_240111.jpg

黒猫登場。この建物、全部が1世帯かな?


c0175975_2405153.jpg

こういう上からの眺めだ好きだ。
間取り図好き、ちょっと覗き趣味もあるかも。
ドリフのセットみたいでもある。
バルセロナの中心にはこんなレンガ屋根の風景はみられない。
瓦屋根がないし、ほとんどが真っ平らな屋根をしている。


c0175975_2414254.jpg

へばりついた苔で色が混ざり合って、点描のようだ。


c0175975_2422434.jpg

この部屋が気に入った。
スペインではATICOという。テラスの付いた小さなアティコに憧れる。
でも、こういうカワイイ物件にはエレベーターが無い事が多いし、
しかも夏は太陽の日が直接あたるので、ものすごく暑いのだ。
ここなら暑くなったら目の前の海にゆけばいいけどね。
[PR]
by patronistaT | 2010-09-02 02:57 | 郊外へ | Trackback | Comments(2)