c0175975_372887.jpg

先月、POBLENOUの共同墓地へ行ってきた。
毎週に第一と第三日曜にガイド付きの墓地めぐりがあるのだ。

この墓地はバルセロナの近代の共同墓地のなかでも一番古く最初は1775年に作られた。
その後、ナポレオンの部隊によって破壊され、
1813年にイタリア人の建築家に再建された。
もう、いろんな興味深い話が盛りだくさんな中で
とても以外だったのは、バルセロナの墓地に必ずある
引出し状の墓は実はとても古いということだ。
墓地の敷地は3〜4に別れており、入り口に一番近いスペースに
その引出し状の墓が団地のように並んでいる。
たいていの外国人は「遺体を引き出しに入れるなんてな」
と、思うようだけど、これは死後はだれでも平等であるようにとの
その当時では進んだ考えから考案されたものだったそうだ。

c0175975_384686.jpg

  最近リフォームされた物はガラスと金属の窓付き。
  賃料を滞納している墓には、督促状が貼られていることがある。
c0175975_311252.jpg

  ブロンズのレリーフ付き。ランプの装飾が多く見られるのは
  暗い世界に灯りをともすため。
c0175975_320437.jpg

  造花の献花が多いのは陽射しが強く乾燥した気候からきた習慣だろう。
  墓地の入り口には生花の出店もあった。
  写真左端の奥にハシゴが見える。キャスター付きで上の階の手入れもできる。
  だけど、高齢者には危ないな。
c0175975_3253232.jpg

c0175975_3101556.jpg

その墓団地を通り過ぎると、美術館かとおもうぐらいの
美しい彫刻の数々・・・。
こちらの方が時代は新しい。
産業革命が起こり、繊維産業で儲けたブルジョアたちは
死んだあともその財力を利用して見せつけたかった。
  ここで発想が逆行してしまったんだね。
以前、知り合ったフランス人の芸術家の言葉、
「芸術活動にはお金がないとね。」
「民芸」というのもあるけど、
美しい物を作り出すにはある程度の財力は必要だな。

この墓地はモデルニスモよりも古い時代の物なので
装飾もバルセロナの市内で目にするのと、ちょっと雰囲気がちがう。
ネオ・ゴシックっていうのだろうか、もっとおどろおどろしい感じ。

ブルジョアの墓石はまた次回で・・・。


バルセロナの墓地のサイト

他に面白いサイトをみつけたので。
私が行った事あるのは田中絹代、開高健、佐田啓ニ、ダリぐらい。
私も「墓マイラー」かも・・・。このサイト、ちょっと感動・・・!
世界の墓地
[PR]
by patronistaT | 2010-07-30 03:27 | 古い建物 | Trackback | Comments(10)

先日、古い写真の記事をアップしてたのだけど、
ネットの調子が悪く、写真だけで断念。
あらためてまた、アップする。

相方は古い写真は気持ちが悪いと言う。
ほとんどの人はそう感じるかもね。
たしかに、映画の「アザーズ」のように死者の写真は縁起でもないが、
たいていのアルバムは楽しい思い出を残しておくための物。
写真の主のその後を知らない他人のほうが
他人の幸せな記録を楽しめるかも知れない。
c0175975_325553.jpg

近所のなかよし。兄弟もいるようだ。
左の少年の足元、「アルパルガータ」を履いている。
こちらの伝統的な履物でひも付きでも男女関係なく履く。
 アルパルガータって要するにフランスでいう「エスパドリーユ」ね。
世界中で数年に一度大流行する。


c0175975_3265520.jpg

砂浜のカップル。
もうこんなタイヤチューブの浮き袋なんか見ない。
水を吸ったらずっしり重くなる莫大小(メリヤス)の水着。

c0175975_3282428.jpg

職場か学生時代の友人か。
生きていれば祖母と同じぐらいの年齢だろうか。
1937年 あと2年でスペイン内戦が始まる。

c0175975_3291532.jpg

古い写真は当時の服装、車、建物すべてが興味深い。
車は逆V字の飾りがあるからシトロエン?
クルマ好きの方、知っていたら車種等教えてください。
シトロエンといえばアラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドの
「ボルサリーノ」だな。
マフィアの抗争に巻き込まれたくないけど、
タイムマシンがあればこの時代にも是非いってみたい。
[PR]
by patronistaT | 2010-07-28 03:53 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

c0175975_18582770.jpg
c0175975_1993228.jpg

[PR]
by patronistaT | 2010-07-25 19:26 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

先日、ワールドカップの準決勝を見ているとき、
遠くからドンドンといつもの地響きのような太鼓の音が聞こえてきた。
この近所の南米人も多く住むので
スペインVSパラグアイだし、近所の南米人たちが集まって
応援しているのかと思ったら、太鼓の音はだんだん近寄って来て
ついに目の前の広場まで来た。せっかくワールドカップみてるのにうるさいんだよ〜。
この試合に勝ったら決勝なのに〜。
c0175975_17541421.jpg

太鼓の集団は9月のMERCE(メルセ)のクライマックスの<CORRE FOC>(コレ フォック)に登場する
太鼓と花火のグルーブだった。
あ、そうか、fiesta mayorだったのね。
c0175975_17502633.jpg

悪魔集団のようなお揃いのユニフォームを身につけた、花火隊員に
花火に着火するちょっと年上のリーダー、予備をカートで押して歩く予備花火班。
c0175975_1751214.jpg

c0175975_17545860.jpg

しばらく広場で花火を披露したあと、この地区の最終地点San Pere教会へ
煙と共に向って行った。
c0175975_17563885.jpg


各町内会が終わると、最後は9月のMERCEで締めくくる。
それが終わると、新学期。
今年のMERCEの情報は以下でどうぞ。
http://www.bcn.cat/merce/en/index.shtml
[PR]
by patronistaT | 2010-07-18 18:18 | 下町風情 | Trackback | Comments(4)

c0175975_20473968.jpg

スペインはガラス工芸が盛んなようで、
ヨーロッパでもスペインスタイルのシャンデリアは古くから人気が高かったと聞いたことがある。
いったいどんな形がスペインスタイルなのだろう?
自宅になくても、シャンデリアを見る機会は以外とたくさんある。
内部を公開している邸宅や、市庁舎、そのほかの観光施設にアンティークショップなどなど。
でも、デザインの違い以外にはっきりした違いが判らない。
以前、ブリュッセルとベルリンへ行った時に見たシャンデリアは
スペインでよく見かける物に比べてぐっとシンプルだった。
シンプルで荘厳さが足りない感じ。
なら、ガラスがたくさん付いていて、縦長で、アームがガラス製とか
豪華、荘厳、重厚なのがスペインスタイルなのかな?

写真はハンドメイドのガラスパーツ。
しずくのふくらみが大きくてレンズのよう。
バルコニーの向こうの風景が逆さまに映っている。
ちいさなパーツのなかに小さな世界が閉じ込められたようで、
しばらくじっと見ていたくなる。
[PR]
by patronistaT | 2010-07-13 20:59 | アンティーク古道具 | Trackback | Comments(2)

c0175975_215662.jpg
サッカーについての記事はあまり書いた事がないが、
今回は実はとってもとってもうれしいので書いちゃう。
欧州選手権優勝後、当時の監督のルイス・アラゴネスがトルコへ行ってしまって、
このワールド・カップはどうなるか?と心配であった。
優勝なんて夢か、リーガが強いから、ま、良いか・・・。
なんてちらっと考えたりしていたので、涙がでるほどうれしいです。
c0175975_223482.jpg
c0175975_234882.jpg

写真はゴール・キーパーのイケル・カシージャスと彼を祝福する家族たち。
  ではない!!! 横のご夫人は王妃、その隣が皇太子妃。
  後に皇太子。まるでごく普通の家族のようだ。今回、国王は手術したばかりだったので
  試合は見に行かなかったんだろうね。国王への優勝インタビューを期待していたんだけど、
  今回は残念でした。欧州選手権の時はごく普通の立ち話みたいだったんだから。
  さきほど、代表が宮廷に国王を訪問しているニュースをみた。
  王妃はまたも、勝負色「赤」のワンピース着用。
 
c0175975_241439.jpg

ゴールを挙げたイニエスタはユニフォーム脱いで、
昨年の夏に無くなったダニ・ハルケへの言葉を手書きしたTシャツを見せていたが、
試合中にユニフォームを脱ぐ行為は違反行為。
ほかにセルヒオも代表に選出されたのに無くなった
元セビージャのプエルタの名前を書いたのを来ていたらしい。
プエルタが無くなってもう3年も経つのか、早いな。

しかし、ほんとにうれしい。残念な事は自分がスペイン人でない事かな。
優勝した国にいる事ができて感動です。
私が生きている間に日本が優勝する事はないだろうなぁ。

  (私の説明不足があったのでイニエスタがユニフォームを脱いだ件に付いて
                   書き換えました。)
[PR]
by patronistaT | 2010-07-13 02:32 | 日記 | Trackback | Comments(4)




「こんにちは、お花のお届け物でぇ〜す。
c0175975_352592.jpg

「あれぇ、だれがお花なんかくれるのかなぁ???」
c0175975_36448.jpg



「ご主人様、鍵のお忘れ物でございます」
c0175975_383961.jpg


なにかの意味があるんだろうね。
これらの彫刻は全部同じ建物についている。
c0175975_3142350.jpg



こんな感じに。
c0175975_3153136.jpg

ホントはおじさんとアヒルさんが対になっている。


最近は暑くて散歩も命がけです。
観光の方は水分補給をお忘れなく!!
[PR]
by patronistaT | 2010-07-07 03:17 | 古い建物 | Trackback | Comments(2)

<街の中の異物??>

町を歩いていると、時々『あれれ??』と思う物を見かける事がある。
c0175975_23273470.jpg

BORN地区のちょっとおしゃれなホテルの1階部分にあるレストラン。
一度、リニューアルして今はこんな風にアジア&南米料理ですか。
「こももと」って「熊本」って言いたかったのでしょうか?
FUJIMORI元ペルー大統領のように日系2世、3世の方が経営されているのか、
日本語がつたないのでしょうね。おばあちゃんが熊本生まれなのかも。

c0175975_23305760.jpg

日本では「いのうえ」は「INOUE」と読むんですが、他のアジアでは違うんですね。
店名の下のロゴタイプが「SUSHI」「TEPPANYAKI」を表示するのには
かなり微妙です。日本人なら絶対に選ばないロゴでしょう。
「YOKOHAMA 」「YOKOSUKA」な感じ。
バーのロゴにはいいでしょうね。藤竜也が経営してそうかも。
私はこのレストランに食事に行く予定は今の所ないです。

c0175975_2333054.jpg

これは、日本人、スペイン人だれでも知っているキャラクター。
これ、変ではないんです。彼女はもともとブロンドなんですから。
知っている人は知っている、ペコちゃんのトリビア。
実は日本の会社がコピーしたんです。私も子供の頃はずいぶんとお世話になりました。
「オバケのQ太郎」「怪物君」はこの会社の提供でした。
パラソルチョコ、ペンシルチョコ、ミニカーのチョコにパイ。
そうそう、ミルキー!! 七五三のミルキーはかじると歯が折れそうでした。
スペインのペコちゃんの会社は甘いお菓子のメーカーではなく、
ひまわりの種やコーンなどの塩味けいスナックの会社。
ひまわりの種は1年に1度ぐらい食べますが、
私達は慣れていないので、食べると手がよだれでベタベタになってしまいます。
スペイン人はまるでオウムのように器用に食べる事ができるんです。
公園のベンチの周囲にこのひまわりの種の殻がたくさん落ちていることがある。
どうでも良い事を喋りながら、ひまわりの種を食べるのが、
スペインらしい暇つぶしのマナーです。(新市街では見た事無いです)
[PR]
by patronistaT | 2010-07-02 01:21 | 日記 | Trackback | Comments(6)

今、日本は7月になったばかり。
こちらスペインはまだ6月、でももう夏真っ盛り。
先週の夏至の日はこちらでは祝日になっており、
花火をあげての大騒ぎ。
「Sant Joan」の日だ。
もともといらなくなった家具等を広場で焼いたりしていたそうだが、
危険なので花火に変わったということだろう。
朝から滞在許可の更新にも行かなくてはならず
新市街から旧市街を斜めに縦断。
町には花火の屋台が立ち、みんな行列。
お菓子屋はサン・ジョアンに食べる「コカ」を買う人たちの行列。
時間がなかったのでどちらの行列にも参加せず。
やっと家の近所にさしかかったところ、
地元の少年グループが路地で爆竹をやりだした。
「あんたたち!ここでやっちゃだめなのよ! 決められた場所があるでしょう!!!」と、
窓からおばさんが怒鳴る。
たぶん、特に決められた場所はないと思うのだが、
暗黙の了解があるようだ。「道ではやらない、人には向けない、薄暗くなってから」
こちらで聞く爆竹の音は、建物が石造りで共鳴するので、日本でよりもはるかにうるさい!!
仕事中に何度びっくりしたことか!
c0175975_0172365.jpg

写真は旧市街にある市庁舎広場。
明るいけど、この次点でたしか8時過ぎぐらい。
花火に点火用の台のような物が設置されていた。

c0175975_0215563.jpg

夜は恒例の友人宅でのパーティ。
メトロの外れで、最上階にあるので市内の花火が一望できる。
たしか昨年は花火の数が少なくて、「不況のせいかなぁ」なんて
言っていたが、今年は景気よくバンバンやっていた気がする。
もういい加減「crisis」って単語にも飽きただろう。
根拠の無い楽天主義も時には必要だと思うよ。
今回のワールド・カップは是非、優勝して欲しい。
がんばれ スペイン!!

そして、日本代表のみんなもおつかれさまでした。
コテンパにやられてもいいからスペインと対戦したかったね。
なぜかポルトガルも含めてイベリア半島とは縁がないようで。
[PR]
by patronistaT | 2010-07-01 00:33 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)