c0175975_1584615.jpg
「さすらいの二人」
ちょっと古い映画なので見た事ない人も多いだろうな。
1974年 ミケランジェロ・アントニオーニ監督
ジャック・ニコルソン、マリア・シュナイダー
ミケランジェロ・アントニオーニ監督はイタリア人、
マリア・シュナイダーはフランス人
撮影はロンドン、北アフリカ、スペイン。
70年代の映画はやっぱり何かが違う
最初にこの映画を見たのは何年も前。
その時はバルセロナが出てるって気が付いていなかった。

c0175975_22471.jpg
c0175975_222344.jpg
c0175975_224583.jpg
ネットのストーリー紹介にこの建物が教会の中だと書いてあったけど、
これはRavalにあるグエル邸じゃない?
改装前はこんな感じだったような・・・・・。
          かなり遠い記憶。


c0175975_23890.jpg
c0175975_23308.jpg

もちろん世界遺産になる以前のカサミラ。
煤けていてムードがある。
映画では屋上に洗濯物が干してあったり、テラスで夫婦喧嘩が見られたり、
ごく普通のアパートだ。

この他、ランブラスも登場。
「sepu」もチラッと出てくる、懐かしい・・・。
         (カルフールのほぼお向かいで今はナイキ・ショップ)


c0175975_244066.jpg
スポーツカーでバルセロナからどんどん南へ・・・
あんな車、当時のスペインの田舎では目立ちすぎる


特にコレと言ったストーリーもなく、
ただ見知らぬ男女が逃亡するロード・ムービー。
薄暗く、エキセントリックな町バルセロナを経て
白い太陽の光の照りつける南へ・・・。
太陽のスペインと言えば情熱の国が定番だけど、
この映画ではだる〜い感じ。
音楽もほとんどなく、風の音と見つめる様なカメラ。
マリア・シュナイダーがコケティッシュで素敵。
高校生の頃、「夜をさようなら」を見て憧れたな。


「欲望 Blow-up」もちょっと変な感じの映画だったけど、
この監督の映画は2回ぐらい見ると病みつきになるかも。
「さすらいの二人」「欲望 Blow-up」バルセロナの図書館で見つかります。

+++追記+++
今日、グエル邸のそばを通りかかったので何年ぶりにか、中へ入ってみた。
中の人に尋ねてみたところ、やはりジャック・ニコルソンと
マリア・シュナイダーが再会するシーンはこのグエル邸だった。
今はこの映画でしか上の階を見る事ができない。
私が上の階を見たときは、他のガウディの建物の内部とだいぶイメージが違っていて
あんまり好みでない絵画が飾ってあったりして、ちょっと以外だな
と、感じたのを覚えている。
[PR]
by patronistaT | 2009-05-31 02:22 | バルセロナで撮影された映画 | Trackback | Comments(10)

以前よりもサッカーを見なくなっていたけど、
さすがに今回は3冠がかかっているので見ない訳にはいかないな。

そして、優勝!!
お向かいのご近所さんも友人を招いて自宅観戦。
街中には歓声と爆竹の音が響く。
夜中までうるさかったが、度々あることではないのでね、
まあ良しとしようじゃないの。

いつもの手芸屋の店員の女性たちも、
制服の上からバルサのマフラーや、カタルーニャの赤と黄のリボンを付けたりして
昨晩の興奮をアピールしてる。
市場でもどこでもみんな優勝をすっごく喜んでいる。

決勝のローマからの凱旋パレードがちょうど近所を通るので
あの、スーパースターたちが来るなら行かないと!
ちなみに私はチャビとイニエスタのファンである。

7時に港のほうからくるらしい。
郵便局の角のところにいれば向こうからやってくるのがみえるな、きっと。

c0175975_1964232.jpg

バスが通る度に「オーレ〜!!!!!」
路線バスのドライバーでもノリのいい人はクラクションで答えてくれる。
宅配便のトラックやゴミ収集車もシートにバルサのTシャツや旗をかけているのが多い。
そういうドライバーはみんな笑いながらクラクションを鳴らしてた。

c0175975_19224783.jpg

2階建ての観光バスが通る度に、「オォォォ〜!!!!」
観光客も「オォォォ〜!!!!」
もちろん選手が乗っているはずがない。
ノリがいいな〜、みんな。

c0175975_19115124.jpg

カタルーニャ広場では決勝戦の夜、
いつものように便乗して喧嘩したりする外人&スペイン人で大騒動だったが
このあたりは家族連れが多くて和やかムード。
車いすのおじいちゃんもうれしそうだ。

c0175975_19163893.jpg
もちろん犬もバルサファン

そろそろくるかな〜。
来たみたい!! 
c0175975_1928082.jpg

まずは馬にのった警官が観客を整理する。
これはいいね、人間がやるより効果ありそう。
馬はかなりギリギリまで寄ってくる。

c0175975_19291172.jpg

その次は若くてかっこいいおまわりさん 
今日はいつもより愛想がいいようだ。
c0175975_19312999.jpg

向こう正面の建物は中央郵便局、もちろん職員の皆さんも見たいよね。
左はしに女性警官も見える。

c0175975_19334573.jpg

やっと見えてきたぁ〜!
c0175975_19351733.jpg

近づいてきたよぉ〜。
c0175975_19363227.jpg

その前にこんどは本物の騎馬隊、かっこいい、左は女性の騎馬隊員。

c0175975_19381281.jpg

目の前に来たよ〜!!
アンリ、たぶん後ろ姿はピケ。
なぜかイニエスタはシャツを後ろ前に着てる。
名前を覚えて欲しいのか??もう知ってるって。
運転席にちらっと優勝カップが見える。

c0175975_19422976.jpg

チビだ〜、ごめんチャビでした。
チャビの向こうにはメッシとプジョルもいるし。
試合を見に行ってもこんなに近くでは見る事はできないな。
   (実はカンプノウへは行った事がない、
         エスパニョールの試合しか見た事無いのだ)

c0175975_19472318.jpg

窓から見ているのは郵便局のお掃除のおばさん方でしょうか?

c0175975_1948283.jpg

職員の皆さんも大勢テラスに出て来てる。
まあ、いいでしょ、今日ぐらいはちょっと発送が遅れたって。

そしてこのパレードの続きはテレビ中継で見た。
別にどおって事はないんだけど、
皆が喜んでいるのを見るのは気分がいいではないですか。
不景気、不景気って暗いムードをこの数日間は思い出さなくていいんだから。

あれれ、監督のペップ・グラディオラがいなかった。
あとでテレビでみたら選手と同じTシャツ姿だった。
それじゃ気が付かないはず。
選手、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。
あとは日本でトヨタカップがあるそうなので、
おまけの4冠がんばってね。
[PR]
by patronistaT | 2009-05-29 19:23 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(10)

c0175975_19251040.jpg

2年ぐらい前にオープンした
オリーブイオルやビネガーのお店。
名前は・・・知らない。覚えていない。
今度確認して、書き込みます!

おもにフランス産、すこしだけスペイン産もおいている。
いままでウインドーにへばりついて見ているだけだったが、
(だって高そうなんだもん)
たまたま機会があり、店の一番奥のビネガーを試食。
アプリコット、いちぢく、りんご、カシス、オレンジ・・・
などいろんなフルーツのフレーバーのビネガー。
カラフルな色にそそられるな〜。

c0175975_193096.jpg
私の気に入ったフレーバーはカシス味。
まるで梅干しのお酢みたい。
さっそく、スペイン料理でもフランス料理でもない
ホタルイカとキュウリの和え物に使って見た。
日本の酢に比べて酸味が強い気がしたので
砂糖を少々多めにいれて、
カシスビネガーで作ったイカの梅和え。
ちょっと贅沢な気もするけど
こちらでは梅干しの方がお高いので。

写真のボトルで750ml入 10ユーロ
他にも小さな瓶に入ったオリーブオイルや石鹸、
自然の塩などなど、キッチンが楽しくなる調味料が揃ってるお店。

近くには業務用等もあつかう厨房用品の店やカフェ、レストランもあるので
古い町並みを見ながら落ち着いてお買い物するには最適。

c0175975_19372058.jpg

この店がオープンするまでこの角の物件は古道具屋のような感じで、
おじいさんが一人、椅子に座って毎日ボ〜ッと外を見ていた。
ボロボロのガラスのウインドーにはアンティークのランプ・シェードが
ぐちゃぐちゃにホコリをかぶったまま放置されていたのを覚えている。
何度も店に(店として営業していなかった)入って、
そのガラクタを譲ってくれるように頼んでみようかと
思ってはいたのだが、年よりの話す事を理解するのが
難しかったりするし、嫌がられたらどうしよう・・・
とか、考えているうちにおじいさんとガラクタは無くなっていた。

plaza de las olles,08003 Barcelona
[PR]
by patronistaT | 2009-05-22 19:46 | 買い物 | Trackback | Comments(10)

c0175975_0392040.jpg
c0175975_039536.jpg

墓地です
なぜだか墓地は落ち着けるのです。
「墓のうらに廻る」尾崎放哉
  と、言ってもこちらの墓には廻ってみる裏が無い。
表に無くなった方について記載されている。
1944年に72歳でなくなったようだ。
長生きしたね、スペイン人は世界でも長寿のほうらしい。
命日が偶然にも私の母の誕生日だ。
 (母はまだ健在です)

c0175975_0404351.jpg

c0175975_0412563.jpg

こちらは集合墓地
花が鮮やか
 造花だからね
しおれてきたない姿を晒す事もない。
私の家族は父を早く亡くしているので、墓参りを1年に数回は行うが、
スペイン人の友人たちは墓参りを1年に1回もしないらしい。
 (セマナサンタの時には墓参りの様子のニュースも流れるが)
こういった集合墓地も賃貸だったりして、
賃貸料を支払っていない墓地には
正面に督促の赤紙が貼られていたりする。
日本人的にはなんだかバチが当たりそうな様子だが、
そんな風に考える日本人だから、
足元を見る訳のわからない宗教や商売があったりするのかな?とも思う。
墓に督促状を貼られるぐらいなら
ウソのお祓いとかに引っかからないだろう。

まあ、ここは過疎の村なので、墓の数も増える事もないし
墓地が不足することもない。
みなさんすごく安らかに休んでいることでしょう。
[PR]
by patronistaT | 2009-05-16 00:55 | スペインの田舎 | Trackback | Comments(0)

荒野に咲く花

c0175975_0162619.jpg
一見、荒野のように見える乾いた土地でも
歩いてみるとたくさんの野の花。
あまり日本の野原では見かけない赤、深い紫。
アマポーラ(ひなげし)
初めてみた野生のアネモネ
アザミはもう季節が終わっていた。

c0175975_0204077.jpg
c0175975_0224230.jpg
これはなんという名前だっけ?
球根で植えた事がある。

c0175975_0243111.jpg
スペインには花がないなんて言わないで。たくさんあるよ。

c0175975_026913.jpg

[PR]
by patronistaT | 2009-05-15 00:30 | スペインの田舎 | Trackback | Comments(7)

c0175975_331555.jpg

c0175975_3153014.jpg

化石ファンが多い様なのでまた化石の写真です。
アンモナイトが一番目立っていたが、2枚目の写真のような2枚貝も見つかる。
今回はサザエやタニシのようなとんがり系の化石は見つけることができなかった。
c0175975_3182440.jpg
相方が見つけて集めた化石の山!
大きな物は持ち帰りたくないので、写真におさめる。
見つけた物の最大で直径30cmぐらい。
これが生きている状態を想像すると気持ち悪い・・・。
図鑑の絵によると、中にはイカのオバケみたいなのが入っていたな。


c0175975_32232100.jpg

一見、荒野に見える大地。
でも、しっかり緑が生きている。
雨が少ないので、葉っぱの大きな樹木は育たないけど、
小さな、細い葉っぱの、でもトゲがあって実は強そうな植物がたくさん生えている。
c0175975_325242.jpg

気温は高かったが風のせいでとても気持ちよい。
生い茂る樹木を通ってくるのとは違う風の音がする。
花を探して飛び回るミツバチの羽音。
風にのってにおってくるローズマリーの香り。
ローズマリーとタイム、ラベンダーがごちゃ混ぜに自生している丘があり
あたりはとても良いにおい。庭以外でハーブを見たのは初めてだ。
ミツバチの箱も見かけた。
おもいっきり鼻から空気を吸い込むたびに
ハーブの香りでリラックス。
 贅沢だな〜。
[PR]
by patronistaT | 2009-05-12 03:42 | スペインの田舎 | Trackback | Comments(4)

MUNIESAでは化石がたくさん取れると言う事で
私達も早速化石探しに挑戦。
c0175975_1831918.jpg

近所の地主さんの所有地にたくさんあるので
車で連れていってくれることになった。親切だ〜。
c0175975_1834339.jpg

恐竜の化石でも見つけたらお金持ちになれるかな〜
なんてくだらない事を話していたら、
このあたりは海の底だったので、恐竜の化石は見つからないそうで・・・。
もっと地層の上のほうなら、虫や動物も見つかることもあるそうだ。
でも、実は化石を採取するのは禁じられている。
今回は記念に少し取るだけということで、地主さんが連れていってくれた。

c0175975_18404186.jpg

最初はどこにあるかわからなかった私たちも
徐々に目が慣れてきてすぐに探せるようになった。
こんなアンモナイトの化石が山ほどある!
いままで化石と言えば、三越の正面玄関の柱ぐらいでしか見た事なかった。
大きいの、小さいの、巻貝、2まい貝・・・。
地球の形が大昔は違っていたなんて、本で読んで知ってはいたが
実際にその場所に立ってみると、
私が気が付かないだけで、
地球は生きているんだなと、ちょっとだけ実感できた気がした。
c0175975_18472190.jpg

どこまでも、どこまでも続く・・・・

c0175975_18492975.jpg

[PR]
by patronistaT | 2009-05-08 18:50 | スペインの田舎 | Trackback | Comments(10)

小旅行 MUNIESA/ARAGON その4

ムデハル様式の教会から真っすぐに丘の方へ道が伸びている。
その道の最終地点にはサンタ・バルバラという礼拝堂のような建物。
礼拝堂の数十メートル手前からは3〜4メートル置きに柱が立ててあり、
キリストがゴルゴダの丘にたどり着くまでの様子が
タイルにして飾ってあった。
「最初に転んだ場所。
「女性に汗を拭いてもらった場所」
「2度目に転んだ場所」・・・・。

丘の上からはムニエサの村が一望出来る。
何年ぶりかに日没を見て、改めてスペインは大きいなと思う。
c0175975_18350100.jpg

c0175975_1843141.jpg

c0175975_1853194.jpg

そして小さな家に帰り、夕食を食べたあとは
屋上のテラスで星の観察。さすがによるは寒い。
北斗七星、オリオン座だけは覚えている。
白鳥座、夏の大三角形、ほかに夏の星座は何があったかな?
もうちょっとちゃんと勉強しておけばよかった。
視線の左に長い尾を引く流れ星を見た。
いつも視線の端に現れる流れ星、一度でいいから真正面から見てみたい、
なにかいい事あるかな?
お願いする間がなかったけど。




c0175975_1872394.jpg

後日撮影した昼間のサンタ・バルバラからの眺め
最近デジタル一眼レフを購入して
初めて外へ持ち出したせいもあり、写真撮影が楽しい。
カメラの性能がいいとうまく撮れるな〜。
c0175975_1895745.jpg

[PR]
by patronistaT | 2009-05-03 18:11 | スペインの田舎 | Trackback | Comments(6)

小旅行 MUNIESA/ARAGON その3

ちいさなムニエサ村を散歩してみよう。
メイン通りを歩いて行くと水道があった。
水路の向こうにあるのは洗濯場。
c0175975_22175130.jpg

c0175975_22182181.jpg

プールが2槽あり、右は石鹸水、
左はすすぎ用のきれいな水。
c0175975_2219152.jpg

なんだか日本の温泉みたいだ。
最近リフォームされたようで、
水槽の周りの洗濯板も刻みがくっきり。
使い込まれてすり減った状態が見たかったな。

c0175975_22261190.jpg
c0175975_22271593.jpg

アラゴン地方の建物はカタルーニャとは明らかに違う。
レンガの色が少し黄みがかっていて、
建物全体が四角ばっている。
竹を縦半分に割った様な瓦屋根は木材で支えられていて
下から屋根を見上げると、日本の家を見ているようだ。
面白かったのは、建物に取り付けられている街灯が
まるでアルミの片手鍋みたいだったこと。

c0175975_2232391.jpg

ムデハル様式の教会の塔。
ゴシック様式のように尖ってたりブツブツは無い。
断面は6角形でオリエンタルな感じ。
よく見ると左に少し曲がっている。
写真の歪みではなくて、肉眼でみても曲がっていた。
いつか倒れるかも・・・。
c0175975_22371427.jpg


Muniesa村ホームページ
[PR]
by patronistaT | 2009-05-01 22:34 | スペインの田舎 | Trackback | Comments(1)