<   2009年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

少々遅ればせながらではありますが、
21日〜23日の3日間に渡って開催されたヨーロッパ有数のアパレル・フェアー
ブレッド&バターに行ってきました。
最終日だったのと不景気暴風雨の影響で
なんだかパッとしない・・・。
なんといっても人が少ないのだ。
そして、ノベルティを配っているブースも少ない。
  (もしかして経費削減の為、作り込みが少なく2日で配り終えちゃったとか?)

昨年同様、Bolsito Cyanのエヴァ、トッポと友人カルロス&私の4人でブラブラ。
ぱっとしないのはあんまり仕事の運びが芳しくない自分たちのせいか??
とも思ったが、それだけでは無いと思う。
c0175975_23194084.jpg

PUSSY Deluxe
ドイツのメーカー すごく人気がある
ブースの前は人だかり この不景気に・・・。
c0175975_2321383.jpg

製品に人気があるかどうかは知らないが
毎回このフェアで配布するビニールのバッグが人気なのだ。
私達も1枚づつget!!
そしてこのあと、5〜6人に
「あの〜、このバッグどこでもらったんですか??」と、尋ねられた。
人だかりの向こうは肝心のブース内部なのだが、
サンプル商品が無い?? 商談している人もいない。
前2日間で仕事は終わったのか???

会場を全部見た事はない、ものすごく広いし大変なので。
でも、今回目立った物のひとつに
「日本みたい」なのがあった。
c0175975_23252762.jpg

日本人ならこのブースが日本のメーカーではないと断言するでしょう。
また、逆にここまでやっちゃう日本のメーカーがいてもすごいかも。
着物(これを着物と呼びたくない)の打ち合わせが逆です。
         ま、それ以前の問題ですが・・・。
見てるだけで恥ずかしかったです。
 (周りの外人には違いがわかるはずもないですが)
おそらく、この女の子たちは日本人ではないでしょう。
このブース以外にもなんだか日本風のブランド名や
漢字を使ったディスプレイ。
どちらにしてもあまり興味のないタイプなのでちら見でおしまい。
c0175975_23385366.jpg

neosens
スペインのシューズ・メーカー ネオセンス
ヒールの形があまり好きではないので、まだ購入には至っていないが
結構おもしろい靴。コーティングした皮で好きなのがあった。
商品と価格とのバランスもいいと思う。
ディスプレイの下に落ちている枯れ葉は紙にプリントした物
1枚1枚ブランド名も印刷。
c0175975_2344285.jpg

ウイング・チップもこんな色で。
左のピーコック・グリーン 
   今年の流行色 多くのブランドがこの色を使っていた

c0175975_234546100.jpg

鳥かごに入ったカルロス
 

続きはまた後日・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-31 23:45 | ファッション | Trackback | Comments(8)

c0175975_2034013.jpg

以前も紹介したGOTHAMのウインドー
Faseの別のモデルのデスクライト
カッコいい!スタンドとアームのバランスが何とも言えないです。
ここまでの物は蚤の市でも見た事無い。
あったとしても、早朝に高額で取引される・・・。
    (思っているよりカタラン人はお金を出すようだ。
                    以外と外人が値切る。)

やっぱりミッドセンチュリーの物は無駄に広い家じゃないと合わないな。
見た目は好きなのだが、買う気にはなれないのです。

GOTHAM
Gothamの地図


c0175975_20344989.jpg

サンタ・マリア・デル・マル教会近くの雑貨店
置いている物に興味はないけど、
ちょっとおもしろいのはこの天井の照明。
    一つ一つは普通のZライト 
でも、ベースにたくさん取り付けてショップのメイン照明に。
まるで、動きそう  遊星からの物体X??
こっちのウインドは照明に凝った物が多い気がする。

写真の右下角にちらっと写っているマネキン
これはイギリス製のメンズのボディ、
             どこで売ってるかな・・・。
もし、見かけた方、教えてください、宜しくお願いします。






にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-30 20:36 | ショーウインドウ | Trackback | Comments(2)

c0175975_2026487.jpg


今、スペインはバーゲン真っ最中!
スペインのバーゲンは日本と違って、開始時期が決められている。
フランスも同様。
通常は1月6日のクリスマスのお祭りが終わった翌日。
(どうして1月6日がクリスマスと関係あるのか知りたい方はこちらをクリック)
でも、バブルがはじけちゃったスペイン、今年はは1月2日から開始。
バルセロナは観光客も多くてちょっとは余裕があるのか?例年通りの開催。
(日本もセール時期が決まっていればいいと思うんだけど。
       プロパーで売る時期がないじゃない。作っている方は大変なの)

もう1月末 春夏が店頭に並ぶ時期。
Bolsito Cyansも納品に大忙し。
去年撮影した写真がなかなか入手できないので、
私が横で撮影した物をちょっと。

c0175975_20274389.jpg



バッグはピンク味のベージュ
口金のボールはウッドとメタルで違う素材
これ、気に入ってます。たぶん、マスタード色も作ったかな?

洋服は参考商品。
だぶん、バルセロナのどこかのブティックに並ぶと思うけど。
いまだに未定・・・。

写真入手次第アップします。
バッグはピカソ美術館向かいの
テキスタイル博物館のショップでも販売されています。
 




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-25 20:30 | CYAN BAG | Trackback | Comments(12)


タイトルのとおりバルセロナで一昨年撮影された
ウディ・アレン監督の最新作。
邦題はそれでも恋するバルセロナ
だれが決めたんでしょうね、わざとレトロなずっこけを狙ったんでしょうか?
オリジナルのタイトルには「Barcelona」と入れるようにとの契約だったそうです。
バルセロナはだいぶ投資したのでは?


c0175975_5162914.jpg

c0175975_5171021.jpg
何も言わないでもどこかわかるでしょう   そして遠くに見えるのは・・・



スペインでは去年公開されたんですが、
なんとなく しょうもない映画かと思い、見に行かずじまい。
まさかゴールデン・グローブを取るとは。
こっちでもまた上映するでしょうね、なんといってもバルセロナで撮影したんですから。


c0175975_5183512.jpg
ティビダボ遊園地  遠くに見える観覧車は下の写真で

c0175975_458511.jpg
小さい観覧車だけど動きが早くてものすごく恐い・・・


見ていないのでなんとも言えませんが、
撮影前から、「どうもラウラのおばさんの家を使うらしい・・・」
とか、「今日は海で撮影らしい・・・」
撮影が続いていた時は、必ずお昼のワイドショーで
今日のウディの様子を放送。
実は我が家の近所、すぐそばでも撮影されたので、
外を歩いていると、なんだか警官が多かったり、
腰にガムテープやトンカチ等を下げた人や、
レフ板を抱えた人がウロウロしていて、
買い物帰りに遠回りをしなきゃならないことも。
昔はウディ・アレンのファンで、しかも同じ誕生日なので、
映画を良く見たもんですが、最近はさっぱりご無沙汰してます。
それでも、不景気そうな顔の本人をちらっとひと目見たい!っとウロウロしても
残念ながら、スタッフの姿しか見れませんでした〜。

よく行く中国系の八百屋の女の子がウディ・アレンと一緒に写真を撮って
でかでかと引き延ばして飾ってあったのを見たときは
正直、「誰だか知ってるの〜?????」って思いました。



c0175975_519164.jpg
この壁はクワトロ・ガッツ?



ある日、外が騒がしい。
相棒が「今ね、外でハリボテ出して花火大会やってるよ!」
「ふ〜ン、メルセは9月なのにね」と、私。
その時がまさに映画の花火のシーンの撮影だったのでした。
正確にはサンタ・マリア・デル・マル教会の裏門前。
またもニアミス!そのとき出てれば絶対に撮影みれたのに・・・。

映画を見てからバルセロナに来れば、2倍楽しいかも!



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-23 05:29 | 映画 CINE | Trackback(1) | Comments(7)

c0175975_6233636.jpg
郵便局の美しい正面玄関



我が家の近所には郵便局が3カ所あった。
1カ所は市役所の裏 ここは一昨年閉店。
もう1カ所はシウダデラの裁判所の中。
ここに郵便物を出すときは飛行機に搭乗する時のように持ち物チェックを受ける。

そして、海に向ってそびえ立つ中央郵便局。
観光で来る方達はあまり用事がないかも知れないが
すばらしい郵便局だ。
先日、局員のおじさんに
「ここはいつからあるの?」と尋ねたところ、
「1920年代ぐらいかな?」
戦争で破壊されずに残っていてよかった。


c0175975_624613.jpg

この郵便局で郵便物を出す時はホールに入って右と左にある
番号を出す機械の一番上を押して自分の番号を確認。
そのまま進むと、正面の上方に2カ所電光掲示板があり
そこに自分の番号が出たら、横に同時に出る番号の窓口に行く。

だいたい、ホール正面横にずらっと並ぶ窓口と
ホール正面右角の2個の窓口が、
時間帯により交代で受け付ける。
今日はどこのおじさん?と美しい建物を見ながら待つ。

建物もきれいだが、この郵便局は他の面でもちょっと面白い。
以前NISSANのテレビ・コマーシャルに出たというおじさん。
魚釣りをする漁師の役だったそうだ。

Benito Pocinoさん(ベニート・ポシーノ)このおじさんも俳優
スペインで有名なコミックのMortadelo y Filemón(モルタデロ&フィレモン)の映画版に出演。
ウィキペディアのスペイン語版にも出てる!びっくり。
決して素敵な容姿の持ち主ではないので、
このブログには写真をアップしないけど、(失礼)
興味のある方は検索してみて。

ちなみに上記のおじさん2名は窓口担当ではなく、
窓口の局員が処理した郵便物を裏へ持って行く雑用係。
「持って行っていいか〜」
「まだだ、うるさいな!」  こんな会話が聞こえる。

窓口ナンバー「6」番 ホール正面左角
私達は「コンニチハのおじさん」と呼んでいる。
その名のとおり、日本人だ!と思うと「コンニチハ!」と声をかけてくる。
日本語が話せるのではなく、オハヨ、アリガトなどの挨拶と
ヤマハ、ホンダなどの世界的に有名な会社名ぐらいしか知らない。
ちなみに名前は「Jesus」(ヘスース)さん。近いうちに定年だそうだ。

その「コンニチハのおじさん」の向って右となり。
眼鏡の青年 推定年齢35歳ぐらい??
映画オタク。
その道の映画好きにはカンヌ、ベルリン、ヴェネツィアよりも意味のある映画祭
シッチェス・カタロニア国際映画祭にも度々行くそうで・・・。
三池崇史、北野武の映画はほとんど見たという。
(三池崇史のは見れないよ・・・悪夢を見そうで。
          数本見たけど、見た事を後悔した。)
一度、彼と映画談義に花を咲かせてみたいものだ。

他に、本局裏の窓口にいるアラブ人青年。
名前は知らない 
最初はものすごく愛想が悪かった・・・。
客にその態度はないだろう!ってぐらい。
でも、話しはじめたら人が変わった。(なんだ、笑うんじゃん〜)


何時に行ってもいる訳ではないけど、
運良く出会えばみんなとちょっと世間話をする。
「コンニチハのおじさん」は我が家の近所に住んでいて
道で出会うとやっぱり「コンニチハ!!」


中央郵便局
営業時間 月曜日〜金曜21:00
     土曜日 13:00

ホールに入る手前の左のオフィスは切手を販売している。
いつも見ようと思うのに、夕方はやっていないのよね・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-22 06:28 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(12)

日が暮れてから、ちょっと用事を思い出したので外出。
午後7時前、スペインではまだ夜ではない、夕方だ。
寒い 寒い。最近は天気はまあまあだけど、空気が冷たい。
衿もとをモヘアのヘアピン・レース編みのショールでグルグル巻にして外へ。


c0175975_22272993.jpg
いつもJauma 1駅からc/llibreriaの方へ行ってしまうので
今日は曲がらずにそのまま真っすぐ行ってみよう。
下からの照明で積み上げられた石が浮き上がってきれいだな。


c0175975_22281688.jpg
ここはカテドラルの裏 
教会の中の照明でステンドグラスがぼんやりと明るく見える。
明るくもなく、真っ暗でもないこの夕方の時間帯が、
ゴシック地区をいっそう謎に感じさせる。
一度でいいから、この教会の裏あたりで、
フワリと消える白い謎の物体でも見てみたいものだ。
ほんとに見えそうな雰囲気があるんだから。


c0175975_22293038.jpg
c0175975_22295638.jpg
王の広場
ここはリドリー・スコット監督1992年の映画「1492 コロンブス」に登場する。
シガニー・ウィーバーの イサベル1世がすごく印象的だった。


c0175975_22304221.jpg
遠くからピアノの音が聞こえている、
進むにしたがって音がだんだん近くなる。
フレデリク・マレ博物館の前の広場にて。
街灯の下で電子ピアノの演奏をしている。
寒いのにご苦労さんです。
石に響き渡って、なんとも言えない雰囲気。
そして、また音が背後に消えて行く。



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-18 22:33 | 下町風情 | Trackback | Comments(11)

全く違う土地で子供時代を過ごしてきたのに
スペインで昔の話に花が咲くとは思わないだろう。
これも日本の世界に誇るアニメ産業のおかげ。
日本では「アルプスの少女ハイジ」は
あまり再放送されていなかったようだが
スペインでは何回も再放送している。
スペインでアニメ番組をあまり制作していないのと、
買った方が安く上がるということもあるだろう。
ハイジの主題歌を歌えるスペイン人も多いし、
お店のディスプレイになったりもするのだ。
実はバルセロナの蚤の市でハイジのアニメ本、レコードも何度も買った事があり。
日本に残してきたLP盤は日本語のオリジナルバージョンも集録されていて
さらにおもしろいのは「日本語のオリジナルバージョンbyスペイン人歌手」
歌詞の「教えておじいさん」の部分が
スペイン語になると「osiete oji-san」なので
「おしえて おひーさん」と歌っている。
      (スペイン語で「ji」の発音は「hi」)

「アルプスの少女ハイジ」はスペイン以外のヨーロッパでも
放映されていたが、一番オリジナルに忠実だったのは
スペイン版だったそうで、その事は日本の宮崎駿も認めているそうだ。
  (私はあんまりこの辺りのことには詳しくないです)

まずは懐かしいオリジナルからどうぞ


次はオリジナルそっくりのスペイン語バージョン


そして数年前はハイジ生誕30周年だったそうで
このバラエティ番組のコーナーでどれだけハイジが有名かわかるでしょ。

ローンの支払もあるし・・・どうのこうのと言っている内容は見て想像できる通り。

こういうのもある
遠目に見ると顔がそっくりなのが笑える。


こんなのも見つけました
スペインと関係ないですが・・・
なつかしアニメをキャラ弁で

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-16 23:33 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(11)

先週末から今週にかけていろいろあった・・・。
所詮、私たちは外人。
私は他人に多くを期待しない性格なので 
うまく事が運んだとき、親切にしてもらった時の喜びは大きい!!
 (がっかりしたくない為に、期待しない作戦をとっている)

毎日毎日天気は悪いし、なんだか気分がパァ〜ッとしなかったが、
今週から青空が戻って来た。でも空気は冷たい。
実は今年になって昼間外出したのは、今週が初めてと言う事に気が付いた。
夕方、仕事のキリがついてアトリエに納品したりしていたらもう外は真っ暗。

今日はお菓子を作るためにちょっと探し物。
アーモンド・プードルはすぐそこの古い食材店GISPERTへ。
c0175975_3574715.jpg

ちょっと高めだけど、今日は時間がないのでここで買う事にしよう。
アーモンド・プードルだけの買い物だが、なんだか気分がいい。
アーモンド・プードル100g 1.40ユーロ
c0175975_3582798.jpg

次はラム酒 これが以外とあるんだけどない。
日本ではマイヤーズが知られているけど、こっちでは見た事無い。
グルグル歩き回って思いつくだけのLICORERIA(酒屋)とBODEGA(ボデガ酒屋)を見る。
サンタ・カタリーナ市場に酒屋ぐらいあったかも?
c0175975_3585686.jpg
   魚屋に群がる人々

さすがにお昼前の市場は人が多い。
時間の無駄なのでこの時間帯は絶対に買い物は避けることにしている。
スペイン語が話せなかった時は市場での買い物はものすごいアドベンチャー。
家で頼む時のシミュレーションをしたりしても
思いもよらない質問がくると、頭が真っ白になったりしたもんだ。
おたおた頼んでいると、おばさんの視線が突き刺さる。
当時はすべてのおばさんが敵だったな。
こっちはおばさん以外におじさん、若い男性の買い物客も多い。

c0175975_41578.jpg

c0175975_414137.jpg

この店は瓶詰め、缶詰、オリーブなどの保存食を扱っている
我が家の行きつけのお店。
下のショーケースに入っている物はBACALAO(バカラオ/タラ)の塩漬け。
これを塩抜きしてサラダにしたり炊き込みご飯にしたりする。
私は塩を少し取り除いてそのまま焼いてホカホカご飯と一緒に食べたりもする。

c0175975_43296.jpg
これは同じ店の端っこにおいてあるPESCASALADA(魚の要するに塩漬け)。
イワシの塩漬けだ。見た目は日本の糠味噌みたいで汚い。
日本ではこの匂いはなんとも思わないけど、こっちではかなり臭く感じる
これ、焼いて食べると、北陸名産のイワシのぬか漬けまたはへしことほとんど変わらない。
お茶漬けに合う!!以前はイワシで干物を作っていたけど
これを見つけてからは買ってすませている。

私は普段、食料品の買い物はしない。
最初、バルセロナに来た当初は
相棒は全くスペイン語がわからなかったので、
どこへ行くにも私が付いて廻っていたが
今では買い物は相棒の仕事である。
おかげでおつりを間違ってもらって来たり、
買ったはずの商品を忘れてきたりたまに損害もある。
久しぶりの市場をぐるっと廻っても酒屋はない。
しかたないな、他を当たろう。

カテドラルの真横にある古いBODEGAがある。
以前は樽に入ったワインを度々買っていたけど
(2リットルで1.50ユーロぐらいだったか?)
2年ぐらいまえから樽は消えて、
ブルーの上っ張りを着たカタラン人の丁寧な店員もいなくなり
南米系の小さな若い女性店員になってしまっていた。
酒の種類も少なくなったな。たぶんもう行かないと思う。

郵便局の方まで行ってしまい、やっぱりマイヤーズはないので
その辺にある物を買う事にした。
アーモンド・プードルとラム1本で午前中の1時間を費やした。
お天気だったし、ま、いいか。


E&A GISPERT
C/ Sombrerers 23
08003 Barcelona, Spain
tel 933 197 535

サンタ・カタリーナ市場
Avinguda de Francesc Cambó, 16
08003, Barcelona
月曜: 8:00 〜 14:00
火曜/ 水曜: 8:00 〜 15:30
木曜 / 金曜: 8:00 〜 20:30
土曜: 8:00 〜 15:30


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-15 04:07 | 下町風情 | Trackback | Comments(2)


みなさん ご心配おかけ致しましたが
昨日 火曜日の午前 無事にガス給湯器 復旧!
修理の方は時間通りに来て、日本では普通に親切に
海外にいる身としてはそれがとっても親切に感じた。
ありがとう!!
数日湿気の途絶えたシャワールームに
ほっかほっかと涌きだす熱湯。
それがその時の私には名湯の源泉のように思えるほど。
さて、お湯でシャワーを浴びるぞ!
と、シャワーごときでウキウキしてしまった。
ありがたい ありがたい!!
いつもより長めのシャワータイム
乾燥したお肌にお湯がしみ込んでごわついた顔も柔らかしっとり。
土曜と日曜日をはさんで月曜に直ったんだから
ま、最速の対応だったと思う事にしよう。

c0175975_2213627.jpg

Caldes de Montbuiの源泉 75度もある


日本人にはあまり期待出来ないかもしれないけど
いつか、スペインの温泉に行ってみたいと思っている。
だけど、日本のようにお風呂だけってわけには行かないのだ。
近郊にCaldes de Montbuiという温泉で有名な町がある。
古い建物の温泉付きホテルや邸宅を公開している美術館もある。

バルセロナ近郊にはこういう昔の湯治場のような場所がいくつもある。
もともと温泉好きではないけど、
海外で温泉なんて一度行ってみたいでしょう!
オーストリアだか、どこかの温泉もとてもきれいだし。
でも、きっと実際に行くと気持ち悪いかも知れない・・・。

とりあえず、我が家のバルセロナの普通のお湯で
今のところは満足している。


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-14 22:06 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(6)

先週の金曜日、ガス温水器の調子が悪くなった。
たぶん、原因は上がった水圧を下げる為に抜いた水のせい。
ちょうど良い圧力まで戻して、栓を締めても水が漏れてくる。
知らないうちにラジエーターの温度も下がってしまい、
ついにお湯が出なくなった。


金曜/VIERNES/FRIDAY
不動産屋に電話しても出ない。
修理屋に電話しても「もう来週の予約待ちだから」
栓の口からは30秒に1回ぐらい滴が落ちて
ガス温水器の水圧は一晩で目盛りが「0」に。

土曜日/SÀBADO/SATURDAY
不動産屋も修理屋も営業していない

日曜日/DOMINGO/SUNDAY
不動産屋も修理屋ももちろん営業していない

月曜日/LUNES/MONDAY
ひたすら電話待ち
友達が心配して電話してくれる


暖房は持ち運びのできるプロパンガスのストーブがあるからいいとして、
シャワーを浴びる事ができない。
シャワーなのだ、我が家にはバスタブがない。
以前の家にはバスタブがあった。
でも、電気でタンクにたまった水を暖める式なので、
バスタブにお湯をはって、そのあと頭を洗う事は不可能。
連続して2名シャワーも不可能だった・・・。
今の家は都市ガスが通っているので
栓をひねれば日本と同様十分な水圧で熱々のお湯が出る。
赤文字の部分、こっちの下町のアンティークなアパートでは当たり前なことではない。

日本でもいつも古い家ばかりに住んでいるので
けっこう不便には慣れているけど、
不便さを楽しむ以上にお金がかかっている気がしないでもない。

さて、明日の12時から2時ぐらいに修理屋が来る事になったが
直るかな〜??不動産屋に修理代を請求するつもり。
だって変な事をして壊したのではないし、
ガス温水器はもともとあった設備だから。うまく行くかな?

そして家の近所にアラブ風呂ができた。
Aire de Barcelona
セビリヤへ行った時に見かけたお風呂屋さんのようだ。
セビリヤでは一番安い料金で19ユーロ(約2400円)だったのに
バルセロナでは驚きの24ユーロ!!!!(約3000円)
たしか時間制限があって30分ぐらいしか入れないはず。
   (麻布十番温泉は時間制限無いし、もっと安いし宴会場もついているぞ)
それに、きっとお湯もぬるいに決まっている。
しかも、水着なんか着て風呂に入れるか・・・。

日本の実家のお風呂は大きい。
湯船で居眠りをするとズブズブと沈んで溺死するぐらい。
帰国するとお湯がぬるくなるぐらい長時間つかっている。
でも、そのあと肌から皮脂が出てしまってかゆくなるけど。
あ〜、熱いお湯に浸かりたい・・・。


c0175975_343153.jpg

下町で良く見かける風景 お掃除おばさんとブタノ(以前の記事へリンク)
オレンジのガスボンベ現在1個チップ込みで17ユーロ
未使用で中に液体のガスが入っていると女性では持ち運びがかなり辛い。
これをパキスタン人が我が家の日本で言う5階まで肩に抱えて持ってくる。
ストーブに利用すると2週間ぐらいでなくなる。
料理用のガスコンロで使用すると3ヶ月ぐらい持つのが不思議。


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-13 03:47 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(13)