書店で衝動買い

c0175975_00015768.jpg
会計士に本年度2期の領収証を届けに行った帰り、通りすがりの書店に立ち寄った。
芸術、ファッション系の本がウインドーに並んでいたから。
アートに限らず哲学、歴史、映画等どちらかと言えば
サブカルチャー(80年代までの)好きも惹き付ける様な本が並んでいるような感じ。
そこまでかたよってはいないか。手前から順番に平積みにしてある本を見て行く。棚に入った本の背表紙の題名を見るのは苦手だ。せめて横に並んでいたらもう少し頭にはいってくるんだけど。
表紙で目についたのがこれ。今、マドリッドで展覧会をやっているボスコ。無い様な15世紀ぐらいの薄暗い、不気味な文化の解説本。魔女、魔法使い、悪魔、錬金術史、占星術などなど。
小説ではないので、好きな部分から読む事ができるし絵もたくさんあるので読みやすいはず。
さて、いつ読み終わるのか。。。。

Libreria Documenta
C/Pau Claris,144,08009,Barcelona

[PR]
by patronistaT | 2016-07-20 00:13 | 買い物 | Trackback | Comments(0)

c0175975_1401265.jpg

c0175975_1423837.png


COCINOYO

年末年始には日本で仕事を手伝ってくれている友人にプレゼントを贈るのが習慣になっている。
年末のデパートが込み合わない時期に、なにか面白い物を探しに行くのも楽しいものだ。
今回はパエリアの本場、バレンシアのパエリアの缶詰。
大きいホールトマトの缶ぐらいある。
中にはきっと具とスープが入っているんだろう。
   (試食はしてない)
旅行に来てもって帰るにはちょっと重量級。

他にも赤ワインにスペイン名物のチョコレートも。
チョコレートの発祥の地はスペインだから。

ちなみに2011年はこんなの
これなら軽いからいい

洒落たパスタ/SANDRO DESII

[PR]
by patronistaT | 2013-01-30 01:50 | 買い物 | Trackback | Comments(2)

Santacana/サンタカナ

昨日、ものすごく久しぶりにどばっと雨が降って、
今日は雲ひとつない晴天。
空気の感触が違う。
少しだけ秋が近づいてきたか。
それともただの気まぐれか。

c0175975_1301529.png

Santacana Complementos

ちょっと前に、ウールの手袋を買ってしまった。
このくそ暑いのに....。記事はもう一つのブログでどうぞ。

Santacana/サンタカナ アンゴラウールの手袋

[PR]
by patronistaT | 2012-09-01 01:32 | 買い物 | Trackback | Comments(1)

古い箱のなかから出て来た包装紙。
こうやってスキャンして保存しておけばよいのだ。
子供の頃に集めた紙類を捨てた事が悔やまれる...。

c0175975_2304680.jpg

「お買い上げありがとうございます
ロドリゲス・菓子店」
バルセロナから南下した郊外の町Reus(レウス)にある(現存です)
残念ながら店の写真が見つからなかった。
Dulce Rodriguez (ロドリゲス・菓子店)
Carrer Rourell, 6,REUS
43204 REUS Tarragona

c0175975_2322740.jpg

黄色は手芸店、今でもこの古いデザインの包装紙を使っている。
「passamaneries」とはカタラン語でブレード、タッセル等の
布、糸でできた装飾付属の事。
刺繍テープ、マラボー、留め具などの単語が見える。
ファスナーと枷取り器のイラストがかわいい。
La Selecta
Rambla de Catalunya,109
08008,Barcelona

ついでに旧市街にある手芸店も。
Merceria Santa Ana
いつも込み込み。
入店すぐに「最後はどなた!」と尋ねる勇気のある方のみ買い物ができる店。
自分で選ぶ事はできないので、店員にしつこく聞く事。
空いている朝一番に行って、ついでに辞書に載っていない裁縫用語も聞いてみる。
物は目の前にあるし。ここでだいぶ度胸がついた。
刺繍モチーフ、ブレード、ボタン、ストッキングなどもあり。
2階もあるが、何があるかは不明。


小さな声しか出ないし、他の客が怖いから番号札がある店がいいという方はここ。
Casa Félix
最近はさっさと必要な材料を買いたいので、ここばかりで買い物。
細かな縫製道具も手に取ってみる事ができる。
なんといっても接着芯の種類はここが豊富。

ついでに生地店も。
Ribes & Casals
C/ Roger de Llúria, 7
08010 Barcelona
Tel. 93 301 23 45
Horario: Lunes a Viernes de 9.15 a 20.00 y Sábados de 10.00 a 20.00
この近所には生地店が多数あり。
日本ではなかなか見つけられない紳士用服地もあるので、わくわくする。
ここも、まごまごすると買えないのだ。
[PR]
by patronistaT | 2012-02-01 12:00 | 買い物 | Trackback | Comments(4)

洒落たパスタ/SANDRO DESII


毎年年末には日本に住む友人へちょっとした贈り物をする。
めったに行かないこちらの唯一!の百貨店EL CORTE INGLESの地下食料品売り場へ行った。
さすが近所のスーパーマーケットとは違い品揃えが豊富。
久しぶりの興奮! 以前に比べて種類も増えた気がする。
ワインはもう送ったから、なにか珍しい物は・・・。
クリスマスを前にしてメモを片手にした奥様方が多い。

目にとまったのがこちらのマカロニ。
c0175975_4502584.png

スペイン産、バルセロナの会社、これはプレゼントに理想的。
(なるべくバルセロナ産と言う事にこだわっているので)
パッケージのデザインがいい。
フランスだとラブリーなデザインが多い印象だけど、
スペインの今のデザインはもっとシャープ。
数々の斬新な文化を生み出してきただけの事はある。
友達に買ったのはオレンジと黒のサーモンとイカスミ。
おしゃれなマカロニの数々
SANDRO DESII
[PR]
by patronistaT | 2011-12-14 05:05 | 買い物 | Trackback | Comments(2)

c0175975_3383022.jpg

ちょっと前になるけど
como agua de mayoのウインドー。
evaとtoppoのbolsito cyanは
売れているそうで、何度も追加オーダーがあったとか。
こちらもうれしいけど、彼女たちがどんな風に作っているか
だいたい知っているのでほんと、おつかれさんです。
少なくても私の周りのスペイン人は土曜も、
忙しければ日曜も働いている。

彼女たちのバッグbolsito cyanはevaがデザインとパターン、裁断。
その後は2人で、ときどき外注に出して仕上げまで行っている。
きちっとした作りなので、ちょっと不格好なハンドメイド風ではない。
やっぱりかわいいがま口型バッグ。
口金はメタルと木製のコンビ。
ウインドーのお花付きの靴はCHIE MIHARA。
ちょうどバッグと雰囲気もピッタリ。
同じデザインで赤い靴もあった。
かなり引かれたけど、私にはちょっとラブリー過ぎる。
 でも、かわいいな〜、スゥエードってところが
 色に深みを感じて素敵なのだ。
こうして、通りかかるたびにevaとtoppoのバッグが
ディスプレイされているかチェックしている。


近頃、洋服のブティックのディスプレイに
アンティークを良く見かけるが、左上の飾りも
鉄製の門や街灯等の装飾。
左の針金のトルソーはたぶんレプリカね。
下の帽子のケースもかわいい。
帽子のケースってじゃまなんだけど、
なぜか引かれる箱なのだ。
ぺしゃんこになっていても、
いつか直そうと思ってつい買ってしまう。

como agua de mayo
住所:Calle Argenteria, 43.
右となりに姉妹店のLes petites de mayo
となりの靴屋も同じオーナーなのでちょっと良いセレクト。
[PR]
by patronistaT | 2009-12-10 03:40 | 買い物 | Trackback | Comments(9)

c0175975_19251040.jpg

2年ぐらい前にオープンした
オリーブイオルやビネガーのお店。
名前は・・・知らない。覚えていない。
今度確認して、書き込みます!

おもにフランス産、すこしだけスペイン産もおいている。
いままでウインドーにへばりついて見ているだけだったが、
(だって高そうなんだもん)
たまたま機会があり、店の一番奥のビネガーを試食。
アプリコット、いちぢく、りんご、カシス、オレンジ・・・
などいろんなフルーツのフレーバーのビネガー。
カラフルな色にそそられるな〜。

c0175975_193096.jpg
私の気に入ったフレーバーはカシス味。
まるで梅干しのお酢みたい。
さっそく、スペイン料理でもフランス料理でもない
ホタルイカとキュウリの和え物に使って見た。
日本の酢に比べて酸味が強い気がしたので
砂糖を少々多めにいれて、
カシスビネガーで作ったイカの梅和え。
ちょっと贅沢な気もするけど
こちらでは梅干しの方がお高いので。

写真のボトルで750ml入 10ユーロ
他にも小さな瓶に入ったオリーブオイルや石鹸、
自然の塩などなど、キッチンが楽しくなる調味料が揃ってるお店。

近くには業務用等もあつかう厨房用品の店やカフェ、レストランもあるので
古い町並みを見ながら落ち着いてお買い物するには最適。

c0175975_19372058.jpg

この店がオープンするまでこの角の物件は古道具屋のような感じで、
おじいさんが一人、椅子に座って毎日ボ〜ッと外を見ていた。
ボロボロのガラスのウインドーにはアンティークのランプ・シェードが
ぐちゃぐちゃにホコリをかぶったまま放置されていたのを覚えている。
何度も店に(店として営業していなかった)入って、
そのガラクタを譲ってくれるように頼んでみようかと
思ってはいたのだが、年よりの話す事を理解するのが
難しかったりするし、嫌がられたらどうしよう・・・
とか、考えているうちにおじいさんとガラクタは無くなっていた。

plaza de las olles,08003 Barcelona
[PR]
by patronistaT | 2009-05-22 19:46 | 買い物 | Trackback | Comments(10)

Porta del'Angelはショッピングするのにとても都合がいい。
ZARAグループ、H&M、MANGO、その他靴屋もたくさん、
El corte ingres(デパート)もあるし、
カタルーニャ広場の反対側にはFNAC,HABITAT、他にも店だらけ。
と、行ってもよっぽどついでがないと、この辺りで済ませてしまう。
この通りは一昨年あたりから改築が続いてどんどん新しいビルになった。
映画館が1軒あったけど、ガラス張りのビルに・・・。
c0175975_1434863.jpg

去年だったか、PORTA FERRISSAに1軒あったH&Mが
こっちにも進出してきた。
え〜っと、ここは以前何の建物だったか???
「ガス会社じゃなかったっけ?」
そうそう、立派なガス会社のビルだった。
c0175975_1445776.jpg

建物の外観はきれいにリフォームして、中は別世界。
ギラギラしすぎていて・・・・・・入る気になれない・・・。
全く別のデザインの建物にしなくてよかったけど。
c0175975_1465593.jpg

この通りをカタルーニャ広場とは逆方向にゆくと
道が二股に分かれている。
右へ行くと昔のお洒落な通りPORTA FERRISSA
  (こっちもブティック多数あり!ちょっとごちゃごちゃしてるけど)
左はカテドラル。
カテドラルはまだ工事中で一部シートがかかっているけど
今年には終了するそうだ。
もうすぐかな?それとも今年の12月ぐらいかな?
[PR]
by patronistaT | 2009-02-05 01:53 | 買い物 | Trackback | Comments(4)

<お姫様とえんどう豆>

c0175975_1952505.jpg

「お姫様とえんどう豆」または「エンドウ豆の上に寝たお姫様」という
アンデルセンの童話を知っていますか?
知らない人はタイトルで検索してみて。
バルセロナのミュージアム・ショップでこんなの見つけました。
アンデルセンの童話の人形 布団に寝ているお姫様と
布団の下に挟まっている小さなお豆。
この小さなエンドウ豆がゴロゴロして夜寝付けなかったため
運良く王子様と結婚できたラッキーなお姫様のお話。
右下はおもちゃの兵隊かな?
後日、またこのウインドウを見に行ったらこのお姫様&ベッドのセットは売れてました。
絵本も一緒に並べてある。
イラストのタッチが少々不気味なので
大人向けのお洒落な絵本かな。

ここはバルセロナ歴史博物館のショップで、
本や雑貨などかわいいものがいっぱいで
おみやげ探しにピッタリ。
私は昔のバルセロナの写真集を探すのに立ち寄る事が多い。


バルセロナ歴史博物館
住所:Pl. del Rei 1  メトロ4番線(黄)Jaume I 下車徒歩2分
入場料:4ユーロ
開館時間:火曜〜土曜:10:00~14:00/16:00~20:00
日曜、祝日:10:00~15:00  月曜休館



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]
by patronistaT | 2009-01-06 19:53 | 買い物 | Trackback | Comments(4)

c0175975_2303388.jpg


ちょっと季節外れなタイトル
バルセロナの中でも気に入っているセレクト・ショップを紹介
「Como agua de mayo」 5月の水のように と、いう意味
家の近所にも2軒あるけど、店構えはこちらの方が素敵。
この場所はバルセロナの骨とう通りにあり、ここも1年以内に
アンティークショップからセレクトショップになった。
(以前のアンティークショップは異常に高かった。
  ホーローの塩をいれる容器で60ユーロ!
  私は挨拶もしてるのに、愛想悪いし、バカにするな!!って感じの店だった)
愛想の悪い店主(わりと若者)でも、アンティークショップがなくなったのはちょっと寂しい。
問題は、後にできる店だんだけど、うん、これなら許す。

取り扱いの商品はスペイン、フランスなど。
店によってはちょっとラブリーだったりするけど、
繊細すぎず、軽やかでお洒落な服ばかり。
忘れちゃいけないCHIE MIHARAも。

c0175975_302055.jpg


バルセロナ ボルネ地区 ショッピング情報

carre banys nous 番地忘れました
Carrer de l'Argenteria, 43(ボルネ地区)


こちらにアンティークショップの頃の写真あります


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へランキングに参加しています クリックで応援よろしくおねがいします。
[PR]
by patronistaT | 2008-10-13 03:02 | 買い物 | Trackback | Comments(6)