2010年 03月 30日 ( 1 )

バルセロナが大好きなのであまり文句は言わない方だ。
食べ物がおいしいし、散歩も楽しいし。
でも、何がつまんないかと言うと、
       ¡おやつの種類が少ない!
いくら数年日本を離れているとは言え、
子供の頃からあふれる物にすっかり慣れてしまっているので、
毎日ポテトチップスばっかりじゃつまんないのだ。
もちろん、スペインにもクッキーもビスケットもチョコレートもある。
日本は日本の伝統的おやつ、煎餅、おかき、饅頭、などなどがあり、
しかもおかきにチョコレートがけなんて、和洋折衷な発明品もある。
その2つのカテゴリーがないだけでも種類が限られるのに、
ポッキーのような棒状クラッカーにチョコがかかっているお菓子を
作っているのはフランスのメーカーLUの「MIKADO」だけ。
    普通のチョコとホワイトチョコの2種だけ。
日本なら明治製菓もロッテもブルボンも作っているのに。
経済至上主義がこんなときに恋しくなるのだ。
季節限定「フラン」なんか食べたいのう・・・。

日本よりおいしいのはポテトチップス!

最近は不景気のため、各企業も販売促進に知恵を絞っているのだろう、
ドーナツ1個包装が去年売り出した。
紙のチャチな箱とペラペラのビニールでは
5個入りの最後の1個を食べ終わるまで持たないの。
   (でもゴミが出るから1個包装は買わない)

スーパー・マーケットも儲けようと言う気がないのか、
売っている物が変わらない。
いつも同じ物を扱っている安心感もあるが
たまには違う物も扱って欲しいんですが。
と、たまたま見つけたのがこのチョコレート。
ミルクチョコのなかにマーブル・チョコレート入り。
中にはハズレもあって入っていない部分もある。
マーブルの周りの砂糖がけの部分がザクザクしてナッツ入りとは違う食感。
なんだか楽しくなるようなパッケージもかわいい。
1個1ユーロでした。
c0175975_2216231.jpg

[PR]
by patronistaT | 2010-03-30 22:42 | 食べる | Trackback | Comments(8)