2010年 03月 19日 ( 1 )

c0175975_10652.jpg

Inconscientes/無意識(2003)
監督:Joaquín Oristrell
出演:Leonor Watling (Alma)
   Luis Tosar (Salvador)
   Núria Prims (Olivia)



主演のレオノール・ワトリンはバルセロナ出身で、
母親がイギリス人、英語でも演技ができる。
Isabel Coixetの死ぬまでにしたい10のこと My Life Without Me など
ほかにも日本で公開されている映画にも出演している。

ストーリーはコメディタッチで、あんまり興味ない。
でも、舞台になっている1913年の時代背景が描かれいてその方が興味深い。
あとは衣装と内装ね。
この頃のちょっと悪趣味な装飾過剰なデザインのドレスや帽子に
ウィリアム・モリス風の壁紙やカーテン。
  (できればウィリアム・モリスの間が一部屋欲しい!!!)
舞台はバルセロナ、撮影もバルセロナ市内や郊外。
C/CIUTATの今は改装してしまったハーブ店も出ていた。
見るだけでもうれしい映画なので、DVD買いかな〜、なんて思っている。

ボクシングジムが出てくるんだけど、
モデルニスモ建築で有名なクアトロ・ガッツの斜め向いに
昔、ボクシングジムがあったそうで、
ボクシングを見に来る人たちは、政治や思想に関心のある者が多かったらしい。
フランコ政権時にはそう言った理由でボクシングは禁止だったそうだ。


レオノール・ワトリンはキュート。
笑顔がすっごくかわいい。
姉役のNúria Prims は日本の役者のピーターそっくり。
Luis Tosar いかにもスペイン人男性な顔立ち。
頭は薄いけど、りっぱなヒゲは本物!
バルセロナの図書館にDVDがあるので
アンティークや古い建物好きは必見の映画。
[PR]
by patronistaT | 2010-03-19 01:29 | バルセロナで撮影された映画 | Trackback | Comments(6)