リヨンまでちょっと 3

リヨンに到着したのが午前11時、そこから市内まで行き、昼食を求めて
ブラブラしていたのですが、少々出遅れました。スペインの昼食時間になれていると
うっかりしてしまう。スペインの昼食時間は2時前後。
フランスは隣だからといってここぐらい遅い訳ではないのです。
川の中州の向こう側に川に平行している石畳の道があり、食堂がたくさん立ち並ぶ。
庶民的な店から多少洒落た店構え等、だいたい15ユーロから28ユーロぐらいで
前菜、メイン、デザートのメニューがある。お昼の営業を終わっている店も多いので
ここでスパッと決めてしまわないと。というところで、15ユーロの店にしてみた。
大人3名+11歳の男児1名 それぞれにメニューを注文。
11歳の男児の前菜はリヨン風サラダ。むこうにみえるのがそう。ベーコンと目玉焼きがのっている。
手前のが相方の頼んだよくわからない一皿。ピンクっぽいのはソーセージみたいだったけど、
他の2つは入っている野菜が不明。茹でた大根のような。。。
c0175975_01273562.jpeg
向こうのボウルに入っているのがオニオングラタンスープ。
こちらはチーズの入ったパイ。
う、、、もうこれでお腹いっぱいになりそう。もちろんカゴに入ったパンは食べていない。
c0175975_01292069.jpeg
さて、メイン。
向こうがリヨン名物、クネル。ザリガニのソースになんとご飯付き。。。
手前はあえて頼んでみたのが、フランスのカジョス。かなり獣の味です。
臭いもの平気なんだけど、途中でギブアップ。
c0175975_01302072.jpeg

向こうは11歳の男児が注文した肉。子供らしい注文の仕方です。
手前はなんか腸詰めみたいなヤツのベシャメルソースのグラタン。
c0175975_01314841.jpeg
同じ観光地のバルセロナと比較して、安いのに量が多く、調理した物が出てくるのに驚き。
この状態だとあと2回の昼食を考えないと食べきれないし、どうしようかと心配。
ここ、かなり庶民的な店です。あとで判ったのですが
地元の人も多く訪れる量が多いと知られた店らしい。
夕食は家では食べないのですが、旅行では食べたい方。でもこの旅行では夕食抜きになりました。






[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/25936344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2016-08-29 18:01
いいなー、臓物の煮込みっぽいやつ。好
Commented by patronistaT at 2016-09-01 16:13
こんにちは。スペインにもこれと同じモツ煮込みあるんです。自分でも作るし。でもこれは臭過ぎて残しちゃいました。牛レバー刺し好きですか? 近所にいい肉屋があって食べられますよ。馬刺も。買うなら火曜日がベストですね。
by patronistaT | 2016-08-29 01:26 | リヨン2016年 8月 | Trackback | Comments(2)