知人に生まれた子供の名前が不評

c0175975_16284416.jpg
3月20日に知人に子供ができた。友人の妹(3姉妹の末娘)の娘の子供。彼女が二十歳ぐらいの時に出会い、
新しい恋人、職探し、転居など時々噂を聞いてはいた。そんな彼女が母になったのだ。
彼女の母、つまり友人の妹はスピリチュアル系に興味があり、一時はモンセラの山の上で神と対話する(キリストではない)なんて言う感じのカルトじゃないかと思える様な集まりに参加してたりしていた。姉達は心配してモンセラまで付いていって見張ってたとか。
そんな祖母になった彼女とその娘とたぶん彼氏も一緒になって考えたであろう名前が
BAMBOO
スペイン語の綴りも英語と同じだと思う。竹のバンブー。
これがまた姉二人に加え友人一同、すこぶる評判が悪かった。『竹子』ならありなんだけどね。
どう思う?と、意見を聞かれてても、「バンブーは日本語で竹だから、『TAQUECO』良いけど
バンブーは耳障りが悪いよね」程度しか言えない。当事者達は満足してつけてるのだから。
ついでに日本人だから、アジア人だから知っている竹についてのイメージを伝えておいた。
竹は真っすぐに伸び成長も早く、常緑であることから、縁起がよい植物の一つ。よい物の順番を表す時の2番目にあたるのだと。
食べて良し使って良し愛でて良しの素晴しい植物だと。地下に広く根を張るため地震の時に避難たらよい場所として古くから言われているとも。竹無しではアジアは語れないのだと。でも赤ちゃんはスペイン人。
そして私たち友人の間では『TAQUECO』タケコ 『TAQUE CHAN』タケチャンと呼ばれている。
お祝いに竹の模様の手ぬぐいを送っておいた。そしてもう1枚麻の葉の手ぬぐいも。
もちろん由来も説明。マリファナの葉っぱを図案化した物で、竹と同様成長が早く丈夫な事から新生児の下着などに使われると。
解説付きだと他の人が見た時に興味もわくし話のネタになるので。
タケチャン、もうすぐ5ヶ月です。




[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/25868426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by patronistaT | 2016-08-03 16:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)