これはゴボウではないのよ

ゴボウが売られているという情報を聞きつけ、市場へ行ってみた。
見あたらないので、珍しい物を売っていそうな八百屋で尋ねてみると、
「大根の細いような根っこで茶色い野菜はない」
「ゴボウでしょう?」
知っているではないですか。袋ごと見せてもらうと、
ちょっと違う、ゴボウの葉には細かな毛が生えていて丸いのだ。
見せてもらった土まみれの根っこから生えている葉は細くて艶がある。
しかも香りもしない。手にする前に「日本人はこれを探してるの」なんて
言ってしまったから、あとには引けないし、食べた事も無い野菜なので
買ってみる事にした。しかも袋全部。6本ぐらい入っていて5ユーロ。
市場をでたら、まずその謎の野菜をポキリと折ってみた。
白い樹液が出るし、全く透明感がない。ごぼうじゃないな、やっぱり。
勘違いした人はゴボウの葉っぱを見た事なかったんでしょうね。
調理する時にがっかりしただろうな。
c0175975_00033094.jpeg
c0175975_00060381.jpeg
じゃ、なんだったかというと、「サルシファイ」という野菜。
「西洋ゴボウ」とも言うが、まったくゴボウの仲間ではなく、親戚でもない。
特に変わった風味が有る訳でもないので、トマトの煮込みに入れてみた。
肉じゃがでもOK。買うほどの事も無いけど、珍しい物がお好きな方どうぞ。

市場の奥さんがこれをゴボウだとお勧めしてると思うと、
間違いを正しに行った方がいいのか、
黙っておいたほうが良いのか、迷っているのです。
家からは遠いしなぁ。。。
ちなみにこれを売っているのはグラシアの市場。



[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/25334926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2016-02-24 15:40
それでも正体が分かってちょっとスッキリしました。笑
同じ根菜だから体に良さそう、と私なら確実に買ってるな、と思いました。(バルセロナ在住ならね)
ちなみに、こちらの国ではまったく見ない野菜ですね、もっぱらビート系のごついものが多く売られておりますが、このところどうしても葉物にばかり手が出てしまいます。
そういえば昔読んだ雑誌にパリ近郊の森にゴボウが自生しているとありました、ゴボウ以外にも俗に山菜と言われる類のものが多くあって日本人グループが荒らしに行ってました。笑
私も長芋とかあったらいいなー、とつい夢見てしまいます。
Commented by patronistaT at 2016-02-24 17:45
食感は芋のように柔らかい。期待していなければまあおいしい物ですよ。
長芋は中国人の商店にあるんです。レンコンも。どっちも来た当初は見かけなかったなぁ。先日、酢蓮作って、甘すぎる市販の油揚げでいなり寿司作りました。テレビドラマの「荒地の恋」で豊川悦司がハス入りのいなりを食べるシーンがあったんです。子供の頃の味です。
昨日からまた明太子作ってます!!
Commented by gyu at 2016-02-29 05:45 x
ゴボウは、1mもある立派なのが、韓国食材店に売っています。
c/Marques de Sentmenat, 91 93 439 5141
このおばさんの手作り餃子おいしいです。
キムチはボケリアの中国のおばちゃんのがおいしいよ!
Commented by patronistaT at 2016-03-02 01:14
こんにちは gyuさんありがとうございます。
http://alimentacioncoreana.com/
この店ですね、行った事はないけど知ってはいました。
ゴボウ売ってるんですね。バルセロナの左側って
ちょっと行くのが面倒なんですよね。でもお豆腐屋さんの油揚げも欲しいし、行ってみます!!
by patronistaT | 2016-02-24 00:00 | 食べる | Trackback | Comments(4)