スペイン人お勧めの中華総菜を買ってみた

メトロのアルコ・デ・トリンフ(凱旋門)の周囲には中国人の営む商店がたくさんある。
食品スーパー、内装業、コピー屋、花屋など。
いつも行くスーパーで野菜を物色中、
揃いの作業着を来た3人の30代ぐらいのスペイン人男性が
奥の冷蔵庫の前に一直線。迷わずに商品を手に取るとは慣れているな。
たいていのスペイン人は包装の表を見て裏を見て、匂いを嗅いだりしながら
買うかどうかを悩んでいる事が多い。
「あ、これこれ」「これがうまいんだ」「オレも買う」
そういう3人がものすごく気にかかったので、
「なに買ってるの?」と尋ねてみた。
まるでスペイン人のおじさんおばさんのようだ。
それが下の2点。左はタケノコとモヤシのラー油和え。
右はクラゲだそうだ。
3人とも2つとも買って行った。
金、赤、白
まるでお正月のようなパッケージデザイン。中国では正月に食べる物なの?
クロアチアの旗も思い出す。
c0175975_22185990.jpg
スペイン人から勧められて買うのもたまには面白いじゃない。
このタケノコとモヤシのラー油漬けは、漬け物のような物。
もともとパクチー大好物だし、エスニック食材は好きな方だが、
口の中に入れたとたんに中国味。
中華味ではなく、中国の空気の味。
昔、雲南省へ行った時の空気の匂いと、
強すぎる八角味。 う〜ん、このままでは食べられない。
捨てるのももったいないし(忘れたが値段はたぶん安い)
後日、中華野菜炒めに転用した。
c0175975_22191201.jpg
これが、クラゲ。
実はまだ食べていない。8月までは大丈夫って書いてあるな。
そういえばこっちに来てからクラゲの酢の物とか食べてない。
でも、これは酸っぱくないらしい。スペイン人によると。
c0175975_22192626.jpg
以前、日本では海にいるクラゲを食べるんだよ、と話した所、
カスティ・デ・フェルズの海で捕まえたクラゲを自宅で食べてみた
スペイン人の友人(女性)がいる。かなりのアドベンチャーだ。
彼女ならきっと秋に取れる銀杏も試すに違いない。

海外で暮らすには多少の勇気があると、さらに楽しいのです。
あとはいろんな国の友達もね。

[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/24143752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2015-05-24 16:43
今回の記事読んで、当時自分が中華食材店で「毒性」について調べまくってびびったあの日が鮮明に蘇りました。でも未だにキクラゲとか少量づつ消費して、自己の浄化機能というものを信じているんですけどね。
しかし、欧州の人がクラゲを解するというのは非常に進歩したなーと感慨深いです。ちなみに和食も中華も食感を楽しむ素材って多いじゃないですか、それ自体の味は二の次って感じの。自分の暮らす国の人はどんな食材もクッタクタになるまで煮込んで美味しいと言ってのける国民なんでウケないんですよね、この手の食品。食感と知能の高さは関係あると信じてますので、いろんな意味で諦めてますよ。笑
Commented by 流れ星 at 2015-05-26 18:42 x
HOLA!.
新市長にPodemos党が当選しましたね、好きな街なのでgood news です。

ところで、中国食品、怖くないですか?
例をあげたらキリがありませんが、昨年、懐かしい寒天を見つけ嬉々として買い、家に戻って改めて見ると
、げっ!色真っ白、純白、異常な白さ... 一瞬:漂白剤:の文字が頭に浮かび、記憶にある日本の
寒天て確か、ちょっと薄汚かった気がするんですが。(食べずに捨てた)

ヨーロッハ゜で農薬を一番多く使うのは、フランスだとか。
それと食品を長期保存するのに有毒ガスを噴霧したり、例えばリンゴや梨、2.3センチの厚さで皮
剥けば問題なし) 魚貝類は、殺菌も兼ねて放射能浴びせると、ニュースで言ってました。
ああ、こわー!
Commented by patronistaT at 2015-05-27 17:06
そういえば、かなりビビってましたね。
ビビったら食べない。これが私のポリシー。
医者が砂糖を薬だと嘘着いて処方して、気分でなおるとか有るじゃないですか。あの逆だと思ってます。

たしかに、欧米も進歩しましたね、食に関して。
以前、蛸を出す店でイギリス人と思われる中年カップルの
女性の方がフォークで嫌そうに蛸をつついているのをみて、
(よそんちの食文化を目の前でケチ付けるな!)と思いましたよ。アラブも含めてアジアの食文化はなかなかイケてます。スペインも半分ぐらいアラブだし、日本人に合うはずですね。
Commented by patronistaT at 2015-05-27 17:19
流れ星さん、こんにちは。
あの女性市長ですよね? Podemosの候補者だったんですか。
シンボルマークを覚えていないので、新聞見て、どこの党?って思ってました。

中国食材は、どこのもそうですが、怖いと思ったら食べない事ですよ。
怖いと思ったら、当たります!
毒餃子事件ありましたね。家で作った餃子でも気分が悪くなった人が大勢いましたよね。
少なくともスペインにちゃんと輸入されている物については基準をクリアしてると思ってます。
じゃ、裏から輸入された物はどうやって判断するかって事にもなりますがね。。。
昔、相方が買うと言ってきかない中華麺にダメだしした事があります。
理由は油で揚げてある麺だから。そんなに言うなら買ってみろって。
結果、油が回っていて口に入れた瞬間、おえぇ。
日本でも田舎の商店のポテトチップスであったなぁ。
毎日の食生活、安全性も大事ですが、多様性にどっぷり慣れてしまっている日本人の私には、
中国食材はありがたいです。もちろん、なんでも買う訳じゃないですけど。
Commented by 流れ星 at 2015-05-28 19:00 x
そうですね。
余り神経質にならない方がいいのかも。
食品だけじゃなくて他にも危ないものは、たくさんあるし、気にし過ぎたら
生きていけない....。

それこそ、ヒ゜レーネ山脈の山奥で
自給自足の生活でもしない限りは~~~
Commented by patronistaT at 2015-05-30 17:25
そういえば、もう1点のクラゲ、まだ食べていないんです。
最初のが八角味きつかったので、ちょっと勇気いります。。
by patronistaT | 2015-05-23 22:41 | 食べる | Trackback | Comments(6)