9-N 11月9日はカタルーニャの住民投票の日 やっぱりやるの

c0175975_19031253.jpg
この前の記事で独立を問う住民投票は無くなったと書いた。
スペインでは公式な住民投票は違法。
結果、意見を問う為の公式でない投票になったのです。

今、バルセロナを旅行中の方々は町中で『9-N』と書いた
赤と黄色のポスターなど目にすることだろう。
nobiembre(11月)9日ってことです。
我が家の広場にも横断幕がいつの間にか掲げげられている。

独立、どうなのかな。
だれにも判らない。
地元の友人達に尋ねても、ものすごく曖昧な、慎重な返事しかこない。
実のところ、だれも独立なんかしたくない。
でも、もうちょっと自治権をなんとかしてくれないと困る!と、
さもないと、独立するぐらいの覚悟ができているんだぞ、とアピールしたいのだと思う。
いつもニュースをきちんと見ていない私には、
中央政府は「どうせ独立なんかできないんだから、投票したり運動しても無駄だよ〜」
な、なんかのらりくらりした印象を受けるのだ。

9日の投票はオフィシャルではない。
なら独立に「SI!!』の投票をするつもり。友人も同意見。
相手にされなくても民意は伝えるべきなのよ。

2年ぐらい前までスペインの国際郵便はここから出すと、直接バルセロナから出ていた。
それがなぜか全部マドリッドへ。だから国内移動だけでも2日ぐらい時間がかかる訳。
スペインに入って来る郵便物もそう。これって能率悪いよね。
バルセロナは海外の企業も移住者もたくさんいるから、国際郵便物も多い。
今のように変更になった時、なんか嫌がらせみたいに、思ったものだった。
これは私の勝手な想像だから、ね。

投票の方法のサイト 


[PR]
by patronistaT | 2014-11-05 19:14 | バルセロナ/スペイン事情 | Comments(0)