アプリコットを塩漬けにしてみる

c0175975_22442495.jpg
日本にいたときは、ぬか漬け、白菜付け、たくあん、梅干し、らっきょうなど
日本ならではの保存食を作るのがあたりまえだった。
市販の味付け梅干しやあますぎるらっきょう、黄色すぎるたくあんが嫌いなのだ。
ぬか漬けが大好物で、こんなにおいしいものなら
ぬかみそはさらにおいしいに違いない!と
一度は糠を味見した事があるんじゃないかな。

海外に住んでいると材料も環境も違うので、
今までの経験と知恵と大胆な発想で代わりの物を作る様になる。
あるとき、小学校の友人の田舎が山形で
「サクランボで梅干しつけるんだよ」と、言っていたのを思い出した。
アンズならいけるんじゃないか? 
梅と同じ種類だし、毛も生えてるし、見た目は変わりない。
ネットで検索すると、みなさんやられております。
毎年思い出しては忘れるのだけど、今年はやっと挑戦。
日本では梅干しの季節にはどこのスーパーにも
青梅、塩、容器、焼酎がまとめて全面に売られるが
こっちではそう言う訳には行かないので、ついつい時期を逃してしまっていた。
今年、初実験、少しだけね。
熟れているので梅酢の上がりが早い。味はたぶん梅の時と変わらない。
地中海での土用干しまで約1ヶ月。
どんな風にできるでしょう。




[PR]
Commented by efendi at 2014-06-04 19:19
結果報告、ものすごく楽しみにお待ちしてます。笑
発酵食品で健康管理、が今年とても大きな課題です。
Commented by patronistaT at 2014-06-04 21:48
毎日ガラス瓶を斜めにして転がして喜んでいます。

納豆製造機も構想1年なんですが、いまだに手をつけておりません。
以前作ったときは温度計無しでやったので、発酵し過ぎでした。
ヨールグトメーカーを使う手があるんですが、これ以上家電とコードを増やしたくない!!
by patronistaT | 2014-06-01 22:59 | 食べる | Comments(2)