夏のワンピース2点完成

c0175975_23494052.jpg
c0175975_23364545.jpg

c0175975_23371091.jpg

スペイン人の若い子からの依頼でワンピース3点頼まれました。
1点は彼女のパフォーマンス用のドレスで撮影前に納品済み。
これはまだだったので、なんとなく撮影でもしておくか。
いままでなら自分の仕事がいくつかの行程をへて、
上のモデル着用の写真などになったのだけど、
最近はその若い子のおかげでその正反対をやったりする。
その若い子達って言うのは、あるデザイナーの紹介の紹介の。。。
という感じなのでみなデザイナーとしてどこかの会社で働いている訳。
これから先のトレンドを見て作って行く連中なので、
しかもすごく忙しいし、その辺りの有名ファストファッションの店で
買うのもかっこ悪いのだ。欲しい物はあるけど、高いし、
売ってないし、、、となると私の所に来るわけ。
私もこう見えて結構多忙なので、「急ぎの仕事はやらないからね」
と事前に言ってあるので、メールで送られた写真を見て
頭の中でああでもない、こうでもないと、シミュレーション。
そしてほとんどが一発勝負。(仮縫いなし)
これは会社で働いていた頃では信じられない事。
やりなおし3回なんて当たり前だったから。

ある日、私が彼女に
「中国人の方が安いし、早いんじゃないの?」と言うと。
「あの人達は絵があったら絵の通りにするからだめなの」
なるほどな、写真の場合はいいが、
デザイン画の寸法の通りに作ったらおかしな事になるのです。
デザイン画はあくまでもイメージなので。
会社に居た時に香港でニットの生産をやっていた。
スタッフが香港に持って行く資料の中に、私たちの作ったパターンに指示書。
どの書類も同じ物、事に関しては同じ単語や言い回しを使う事!
などなど通訳が理解できる様に準備をした物だった。
(通訳でもさまざまな専門用語が判らない場合があるから)
数週間後に最初のサンプルが送られてくるのだが、
みな驚愕、その後笑いになったのは
インターシャのセーターの前身頃に「前身頃」と編み込まれていた。
たしかにな、パターンにはそれぞれのパーツにのスタンプが押されている。
もちろん前には「前身頃」って。
これ、ほんとの話なんだから。 


そう、こういう仕事を私に依頼して来る子達はほとんどが
某巨大ファストファッションの会社、または関連会社で働いてる。
だから自分のところやライバル会社の服なんか着たくないの。
好きで自分のブランド初めても、結局続けられなかったり。。。
そういう子達をみていると、ホント複雑な気分になる。






[PR]
Commented by efendi at 2014-05-26 14:50
素敵、特にロングのワンピース。Vになったバックがもう、とんでもなく好みです。
これって黒だからこんなに素敵なのかしら、どうしてもこれからの季節は白とかパステル系ばかりに目が行くんですが。
しかしバルセロナの若い女子は自分の意見をしっかり持ってるようで感心しました( ̄^ ̄)ゞ
Commented by patronistaT at 2014-05-26 17:43
こんにちは! 背中がVの方は胸は真横にまっすぐなデザイン。
これらを頼んだ子は最近会社を研修期間終了で解雇になり、再就職。
去年もそんな事が続きへこんでました。
お金がないので今年の夏はこれ2点で過ごすなんて言ってましたよ。
今年の夏は黒やネイビーですね、私の気分も。
白もいいんですが、扱いが面倒で。。。
ほかに真っ赤。赤のギンガムチェックのワンピースが欲しいと去年から思ってるんですが、
頭の中だけで完成してます。。。。 紺屋の白袴です
by patronistaT | 2014-05-26 00:16 | ファッション | Comments(2)