非効率社会の楽しみ

ちょっとした生活習慣や考え方の違いで
思っても見ない事が起こるのが海外生活での面白い事でもあるし困る事でもある。
だいたい困る事と言えば私の語学力不足とそれに伴う、
説明力不足&説明するのが面倒くさい!による場合が多い。
この年になると単なる勘違いも「ボケ」かと思われそうで情けない。
あぁ、帰国して電車の切符の買い方が判らないとやっぱり
田舎モンかボケだと思われてしまうのだろう。
長年東京で勉強、仕事していたのになぁ。

今の所、バルセロナは「忙しい町東京」よりはいろんな事に寛容だと感じる。
バスや電車に乗り込む時に多少、数秒まごついても平気。
自動ドアが少ないため、後から入ってくる、出てくる人にドアを押さえるのが常識。
客の順番待ちは後から来た客が誰の後か、自ら確認する。
これらは経済活動が活発でないために、忙しくないからできることなのだ。
店ではそれぞれが別々の注文をするし、思いもよらない行動を取る。
正直言って「非効率」だ。
今ではその「非効率」社会がちょっと気に入っていたりする。

以前、公立の語学学校でカタルーニャ語を勉強していたときの事。
「以下の4つのうち、迷惑、嫌だと思う事は?
ー禁煙の場所で喫煙する事
ー電車などで一人で話す
ー道にゴミを捨てる

私以外の生徒は全員「ー禁煙の場所で喫煙する事」だったのに
私だけ「ー電車などで一人で話す」
みんななぜそれを選んだのかとても不思議がって理由を聞いてきた。
「一人で話しているような人って急にナイフで刺したり物騒な事をしそうだから」
だれも同感してくれる者はいなかった。
どうしてかって、こっちは大きな声で独り言を言っている人が多いのだ。
酔っぱらい、そうでない人、色々。だからといって、周囲の人に危害を加える事もない。
(酔っぱらい、ドラッグ中毒は別)
日本だと一人でブツブツ言っている人はちょっと怖いよねぇ。

独り言も多ければ、鼻歌、口笛も多い。
1週間に必ず2回は聞こえてくるのが「子象の行進」
こっちの人、口笛上手。石の建物に響いてよけいにうまく聞こえる。
でも、誰が吹いているか判らない。どのおじさんなんだろう。。。。。

[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/20733779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2013-09-16 16:22
自分の住まう国もかなり非効率な場面が多いですよ。これにいちいちイラついていたらストレスで病気になるレベル。
日本に戻ると逆にボケそうだと感じます、最初は浦島状態で次は過剰サービスと便利さが理由。笑

独り言、私も確実にそう答えたはず、です。怖
Commented by patronistaT at 2013-09-17 01:05
非効率な社会は効率良く振る舞えない人間に寛容なのではと思います。
たとえば老人、東京の流れに乗れない外から来た人(外人も同様)
東京の流れに長年知らず知らずのうちに合わせた自分は
東京に帰ったら自分が「効率良く振る舞えない人間」の口実を作るだろうなぁ。
「あ〜、久しぶりに海外から帰国したら東京も変わったわね」って。
  なんだかそれも嫌みなおばさんじゃないですか。

非効率にしか動けない年齢になってきたので、こっちが有る意味楽かな。
 私、自分の鼻歌の音量が大きくなった気がします。。。。。
by patronistaT | 2013-09-14 23:36 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)