乳がんに「国民性」? 日本人と欧米人の違い

こんな記事も見つけた。

以下、
乳がんに「国民性」? 日本人と欧米人の違い〈AERA〉
( 7月15日(月)16時15分配信)
「がん発症のリスクなどを調べることができる遺伝子検査。がんと遺伝子の関係が明らかになりつつあるなか、乳がんにも「国民性」があることがわかってきたという。昭和大学医学部乳腺外科教授の中村清吾医師に話を聞いた。

*  *  *
 乳がんにも「国民性」があることが、少しずつわかってきています。日本人と欧米人では、乳がんの発症年齢の分布が全然違い、欧米人は閉経後に発症するホルモン陽性タイプの乳がんが多く、発症年齢のピークが60代後半。45歳未満は乳がん全体の3~4割ですが、日本人は45歳未満が5割近くに達します。

 (異常があると乳がんや卵巣がんに罹患しやすくなる遺伝子)BRCA1、2は、原因遺伝子の7割近くを占めると推定されていますが、P53、PTENといった、他の原因遺伝子も見つかっています。最近は、ゲノム情報を一度に調べられる「次世代シーケンサー」も登場し、個人についても、ゲノムをまるごと読む「ホールゲノム」時代が訪れようとしています。将来乳がんを起こす確率が高い変異なのか、そうでないのかという塩基の配列ごとの対応表がそれぞれできれば、1人の人を次世代シーケンサーにかけて、1度の検査で複数の代表的な原因遺伝子を同時にチェックすることも可能になってくる。

 国ごとの傾向がわかるようになれば、より精度の高い予測のもとに、予防や治療、検診などのプログラムを組み立てられる。日本でも厚生労働省が研究を重ねた結果、BRCA2の人の方が多いとされていた実態が、最近ではBRCA1の人の比率が増えるなどデータは更新されています。

 自国のデータベースの作成は重要。韓国では1千人以上の陽性者のデータを集めていて、独自のリスク解析ソフトも作っている。日本はまだ260人を対象にした検査で、陽性の人が80人というデータを出している段階。一人ひとりにふさわしい予防や治療法の選択を手助けするためにも、日本人独自のデータベースを作りたい。海外のデータに頼らざるを得ない状況を打破しなければと思っています」

※AERA 2013年7月15日号
ここから拝借

c0175975_21152230.jpg

アンジェリーナ・ジョリーが乳がん予防の両乳房切除をしたのは覚えているよね。
スペイン、少なくともカタルーニャは国の社会保障の範囲での
マンモグラフィ検診は50歳から。
実は母が70代の時に乳がんで腫瘍摘出手術を受けた。
その後、毎年、数年おきに定期検診をして、数年前にも再発したので再手術。
この事をこちらの担当医に話すと、50歳前でも受けられるという事だったので、今年の春に検査した。
私は妹が3人おり、一番下の妹が検診で再検査だったそうだ。
やっぱり遺伝子を受け継いでいるようです。
日本では乳がん・子宮頸がん・大腸がん検診の無料クーポン券が配布されたそうで。
40代から60代、スペインより10歳若くてもできるんだ。
(スペインでも民間の医者にかかればできる)
上の記事に書かれている事が、各地の言語に訳されて現地在住の日本人女性に
配布されれば、担当医に早めにお願いすることもできるんじゃないか。
検診で予防することは発症するよりずっと個人の負担、国の負担も軽くなるはず。
もちろん体への負担も。
それにしても、日本人のデータが少ない事に驚く。
もうちょっと医療先進国だと思ってたんだけど。
90年代に増加した国際結婚や仕事、リタイアで海外に在住の日本人もたくさんいるはず。
こういう人種間による病気発症の違い等がわかると、ずいぶん安心できる。
目が大きいとか、手足が長いとか見た目には敏感なんだけどね。

そう、先日このブログでも何度かお部屋の写真を紹介している友人の母親が亡くなった。
これで彼の家族は弟だけ。両親どちらも心臓の病気が元で亡くなっている。
他の友人の家族も同様。日本の私や友人知人の家族はほとんどがガン。
これも偶然ではないと思うけど。

家族に乳がんを発症した方はすぐに担当医に相談してね。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/20506954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2013-07-17 17:04
私も以前書きましたが、乳がん検診は三十代の女性には必須だと思いました、って自分は四十路過ぎてのデビューでしたけどね。しかもマンモにはあまりにも不向きなサイズだったので結局何も分からない、と超音波に回されてしまったという惨敗ぶり。
まぁ、それでも異常が無いことが分れば安心です。
我が家は癌家系ではないけれど、今時の世の中は生まれ育った後の環境が影響することも大きいと思いますしねぇ。
健康第一、四十路に入ってものすごく実感しております♪(´ε` )
Commented by patronistaT at 2013-07-23 21:04
こんにちは。毎日暑い日が続きますね。そっちもそうかな?
最近、元気そうな年寄りを見かけると、すごくうらやましく思います。
「元気で長生き」そんなことを考えるような年になっちゃいました〜。
by patronistaT | 2013-07-15 21:48 | 日記 | Trackback | Comments(2)