スペイン経済危機を日常に感じる時

PIIGSにSTUPIDの「S」のスペイン在住です。
普段町を歩いていて、経済危機をひしひしと感じるところと言えば、
昔の東京のように空きテナントが増えた事。
空き地や時間決め駐車場を見る事がないだけマシかな。
昔しばらく鎌倉に住んでいた事があり、大きなふるい屋敷が取り壊され
どんどん有名駐車場に変わって行くのをみて悲しかった。

ほかに、「DIA」という安いスーパーマーケットの客層が変わった。
数年前なら、異臭、アルコール臭のする年寄り、物乞い風、チンピラ、パンクなどが多く、
とてもベビーカーを押す主婦が入れるような店ではなかった。
でも、最近は「まとも」な客が多い。
私の回りでもその「DIA」はあんまり良い評判ではないけど、
近いのでコンビニ代わりに使っている。お客が多いので商品の回転が速いのが利点。

しばらく図書館に行っていなかった。
そこで見た物は、多種に渡る雑誌ラックコーナーの半分近くが空で、
雑誌が立てかけてあるはず場所のそれぞれには「経費削減による購中止」のような張り紙。
ガ〜ン、きっと新しい本やDVDも以前ほど入荷しなくなったのだろう。
もう2年ぐらい前からだけど、梱包用にくれた古新聞ももらえなくなったし。
(古新聞、段ボール、金属などの資源ゴミの高騰により
 ゴミコンテナをあさって売買する移民が増えた。ちなみに中国は日本の資源ゴミを輸入している。
日本国内の業者に売るより中国に売った方が高く買ってもらえるそうだ)

やれやれ、毎年恒例のお年寄りフィエスタが始まった。
市役所が特設ステージを作って、午後4時ぐらいから
有志による歌、詩の朗読、ダンスなど。
スピーカーでガンガンやってくれるので、音が石の建物に響いて、実はちょっと迷惑。
それでも、始まってしまうと調子外れの歌に笑っちゃって、
年寄りが外に出る機会がある事は良い事だと、気にしなくなる。

c0175975_05220100.jpg
歌とMC兼任のおじさん
c0175975_0475459.jpg
やはりフラメンコ

今はこのフィエスタのおやつタイム。
おつまみと飲み物が振る舞われる。
この後は生バンドが入って「懐メロ」の演奏が有るはず。
まさか、経費削減で省略じゃないよね。。。。
とりあえず、この催しがなくならなくて良かった。
たぶん、楽しみにしている人も多いだろうし。

ちなみに、バルセロナの財政は悪くはないはずなんだけど、
政府との問題があり、お金がないのです。

ーーー以下、ウィキペディアより一部引用ーーー

PIGS: またはPIGS
PIIGS:ポルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペインに加えてイタリア

STUPID: スペイン、トルコ、イギリス、ポルトガル、イタリア、ドバイ

ほぅ、UR all PIGS from HELL! というのもあるのか。
   (YOU ARE ALL PIGS FROM HELL)
ウクライナ、ルーマニア、ポルトガル、イタリア、ギリシャ、
スペイン、ハンガリー、エストニア、ラトビア、リトアニア
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/20417208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2013-06-27 15:41
STUPIDのTです。笑
スペインは表立って経済危機という感じは見られないんですが、やはり生活していると些細なことに経済を感じますよねぇ。トルコは景気が良いとはいえ、まんべんなく恩恵には授かってないですよ、一部が景気が良いだけの話で生活は苦しくなるばかり。
さすがに、スーパーは私もBIM常連ですね、MIGROSはたとえMが一個でもあまり利用しませんが、同じ系列のお安い系スーパーであるŞokは近所だけによく使います。卵が新鮮なことだけが利点かしら。。。
それにしても、フラメンコのオバちゃん達かわいいですね。笑
Commented by patronistaT at 2013-06-29 03:42
いやぁ、図書館の雑誌の削減には驚きました。 
細かい事はわかんないのですが、
カタルーニャは外資系企業あるし、観光収入もかなり多いのですが、
入った税金を一旦中央におさめて、それから戻されるんですよ。
かなりの昔からそう言う約束で変わらないんだそう。
古くから鉄鋼産業で栄えたバスクは、
カタルーニャよりは戻りが多いんだそうです。
ここで税金を納めている身としては、やはり不公平かなと思いますよ。
それにしてもどんどん観光客は増えるし、ぱっと目には経済危は感じませんね。
by patronistaT | 2013-06-26 00:58 | 日記 | Trackback | Comments(2)