<スペインで虫垂炎2泊3日の入院 その3>

手術後10日で傷口を留めていたホッチキスを取ってもらった。
これで普通の生活ができるが、
1ヶ月は腹筋を使うような事は避ける様にとの事。
ヒールのある靴で元気に歩く、階段の上り下り、
高い所に手を伸ばす、堅いカボチャを包丁で切る動作までお腹に響く。
咳もクシャミもできない。

退院したその晩に見てしまった映画がこれ
「アウェイク/AWAKE」

心臓移植と虫垂炎とはレベルが違いすぎるにしても、
いまさら、あの日の様子を思い出してビビる。
(実際、そのときはそれほど怖がってはいなかった)
麻酔がしっかり効いていて、良かった。。。。
日本は部分麻酔らしい。部分麻酔はanestesia localと言う。

退院後、すぐに友人から電話があり
「Parte de bajaをもらわないとね」
医療費が無料というだけでもありがたいのに、
申請すれば休職した給料の80%がもらえるそうだ。
2週間程度の休職だろうと思っていたけど、1ヶ月ももらえた。
若くはないので回復までに時間がかかると判断されたのかな。
まあ、しばらくはゆっくりします。
秋に買ったヒールの靴がまだ履けないのが残念だけど。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/18849111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2012-11-22 22:34
リハビリ、大変そうですね。切った、貼ったの手術ってのは本当にダメージが大きいと思います。私は整形外科で経験しましたけど、時間をかけてゆっくりと日常生活・社会生活に復帰するしかありませんね。これから寒さも増しますのでご注意くださいませ。(腹巻きは良いですよ、おススメです)
Commented by sugiko at 2012-11-22 23:35 x
入院中からの緊張感が解けたらしばしごゆるりと。。。けっこう気疲れが残ってるものです。大笑いな映画もこれまたお腹がよじれてタイヘンかも。私は全身麻酔が覚めた時に人工呼吸器の管を抜いた後のノドが痛い痛い!って言ってたらしいんだけど、記憶になし。へんな事口走ってたらやだなぁ。笑。顔には呼吸器の固定に貼られてた絆創膏の跡が×印に残ってた。すべては爆睡中?の出来事なのでした。
Commented by patronistaT at 2012-11-23 01:12
efendi さん 、ほんとそう。それほどビビってもいなかったし、
大丈夫と思っていたんですが、いまさら疲れが出てる感じ。
あんまりやる気がおきません。お腹切ったんだもんね。
私の体のなかに初めて手を突っ込んだのが外人とは・・・。
Commented by patronistaT at 2012-11-23 01:14
sugikoさん
私も麻酔から覚めたら声が出なくて驚いた!
喉以外にも尿道にも管を入れられていたようです。
全く知らなかった。知らない方が身のためですね。
by patronistaT | 2012-11-21 22:35 | 日記 | Trackback | Comments(4)