ホテルの屋上からバルセロナを眺める

c0175975_2202820.jpg

バルセロナ市のホームページがかなり使える。
市役所の住民サービスと言えば、引っ越しの時ぐらいしか思いつかない。
バルセロナのサイトは「週末どこへゆこうか?」のアイデア探しに最適。
デザインも良いしね。
映画の上映リスト、コンサート・ライブ情報、レストランetc.
今日見つけたのが今週末の6月5日から9日に限り開催されるホテルの屋上を解放するイベント。
住民だとホテルの屋上なんて行く事がない。
プールに夕方からの景色を楽しめるなんて良いアイデアじゃない。
A VISTA D'HOTEL

周知のとおり今スペインは渦中の国。
中央に多額の税金を納めている産業もたくさんあるバルセロナでさえお金がない!
ここの所、こういったイベントが目白押しだ。
天気も良く日が長くなったのも理由だと思うけど、
少しでも町に活気が欲しい、動きが欲しいと願ってのことのように感じる。
無料サービスが充実しているのは良いけど、予算は?と心配になったりするけど。
「働かざるもの食うべからず」ではなく「働かなくても食っても文句言わないよ」
  (文句言われても聞き流すし)
動きのない町は悲しい。バルセロナは人気の観光地だからいつだって人で山盛りだけど。
先日、村の予算の件で闘牛か雇用かで住民投票を行った村があった。
若者の多数が雇用よりも闘牛を選択したとあったが、
長い目でみたらその方が良い選択だったように思う。
若者にはまだ気持ちに余裕があるのか、現実を判っていないのか。。。。

そんなことを思いながら、今日もなにか面白いことはないかと、
市役所のサイトをチェックする。
Ajuntamento de Barcelona

われらが東京のサイトももうちょっと考えた方がいいと思うけど。
世界中から観光客がやってくるというのに。
 堅いんですよ。
東京都
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/18068280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2012-06-07 00:26
しかしスペインもギリシャも同じような不況下にあるのに、ギリシャと比べるとスペインはなんとも前向きな感じがするんですよねぇ。
逆に私の在住する国はとても景気が良くいろんな意味で画期的な話が多い割りに、「じゃ、なんでこんなに仕事ないんだよ」という(笑 
いろんな意味でスペインには頑張ってもらいたいと思いますよ。
Commented by patronistaT at 2012-06-07 23:27
そちらの国はまだまだ画期的に変化する伸びしろが大きいでしょう!かつてそう20年ぐらい前だとスペインも前向きな変化を感じたのですが、
ここのところどうでしょう...
天気がいいのが救いな感じです。天気がいいだけで良い印象、開放的な雰囲気ありますね。それだけにたよらないでがんばって欲しいものです。上向くぞ〜!
by patronistaT | 2012-06-06 22:20 | バルセロナ/スペイン事情 | Trackback | Comments(2)