cassoulet au canardとごぼう/パリ土産

c0175975_262389.jpg

静物画風に撮影した物は、
先日バルセロナを訪れた友人からのお土産。
前回同様、私からのお願いは
      「ごぼう持って来て」
パリではごぼうが簡単に手に入るそうだ。
バルセロナでは見た事がない。
最近は生のレンコンや山芋もたまに売っている時があるので、
それだけでもかなりうれしいけど、
鳥ご飯にはやはりごぼうは欠かせない。
相方がインプラントを入れる手術をしたばかりで
堅い物を食べる事ができないので、
ごぼうはささがきにして人参などの材料と一緒に煮付け、小分けにして冷凍保存。
これでばら寿司、炊き込みご飯、ひじきの煮付けなどなどに使い回しする。
ごぼうを切ったときの独特の香りが懐かしい。
皮が白くなるまでこすり落としてはいけない。
ごぼうの香りがなくなってしまうから。
そう、先日中国スーパーで切り干し大根発見。
今は切り干し大根すら噛む事ができないので、半分は友人にお裾分け。

それから缶詰は友人の彼からのお土産。
「鴨のカスレ」白インゲンの煮込み料理。
日本にいるときは豆料理なんて、納豆、あんこぐらいでほとんど食べる事がなかったが、
こっちに来てからはかなり摂取量が増えた。
ひよこ豆、エンドウ豆、空豆、レンズ豆豆豆・・・・・。

頂いたお土産を大事に抱えてバルを出ようとすると、
「英語話せるか?」と訛のある英語で尋ねられた。
あまりのスペイン語なまりだったので、かなり調子が狂い、
「スペイン語はなすけど、何ですか?」
「その缶詰はどこで買ったんだ?」
「あ、これ。フランスから来た彼女達にお土産でもらったんんですが。
           あなたはフランス人ですか?」
「おれはスペイン人だけど、それが大好物なんだよ。
 こっちにも同じような物があるけど、フランスのが最高だ!旨いよな〜。」

突然知らない人に缶詰の事で質問されたりするのが、こっちならでは。
この前、私も近くにいた女性のかけていたメガネが素敵だったので、
どこで買ったか話しかけた。だいぶラテン化してきたか。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17951090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akimimiyazaki at 2012-05-12 19:59
こちらバーゼルでも、一年に一度くらいごぼうをお店で見かけますが、売ってないですねえ。ごぼうを抱えている人がいたら私も話しかけてますよ。(笑)
Commented by patronistaT at 2012-05-12 21:50
こんにちは。バーゼルもいいお天気でしょうか。
ごぼうの代用品ってないですよね。
あんまり無い物ねだりはしない方ですが、
たまに思い出してしまうと、あ〜ぁって思います。
日本には北欧産の輸入サンマが売ってるのに
こっちでは食べないんでしょうね、見た事無いです。
もし、北欧に行く機会があったら、サンマ食べます!!
Commented by efendi at 2012-05-12 22:35
実は以前日本の友人がパリのブローニュの森でゴボウを掘ってきた、という話を聞き、かの国にはこの手の山菜や根菜が多いと聞き驚いたものでした。友人はプチ・ツアーに参加して掘ってきたという話でした。実に羨ましい。私もゴボウが好きなんですが、手に入らない国に在住です。
日本からは以前レンコンとか持ち帰ってましたけど、このところは重いのでなかなか持ち帰りにくい食材です。。。蓮の花を見かけるとどうしても水を覗き込んでしまうのはひとえにレンコン恋しさから、です(笑
ゴボウや長いも、食べたくて仕方ないですよ。
Commented by patronistaT at 2012-05-13 00:38
efendiさん、こんにちは。
すごいです、パリではごぼう掘りができるんですか!
私が知っているこっちの山菜ってアスパラガスと松の実程度です。
今度、そちらの国に旅行する機会があったら、レンコンと山芋持ってゆきますよ!
by patronistaT | 2012-05-12 02:26 | 食べる | Trackback | Comments(4)