春の小さな隣人/Mirlo その後

4月1日の記事で街灯のてっぺんの飾りに渡り鳥が巣を作ったと書いた。
その後、オスが度々やってきては立寄り、またいなくなり。
卵が孵るのを今か今かと待っていた。

c0175975_14692.jpg
4月14日撮影
これはオス、メスに比べて少し大きくくちばしも鮮やかな山吹色。
オスが戻るとメスはしばらく不在。
巣にいないときはいつも街路樹の同じ枝に留まっている。
オスは巣の上に座る事はないようだ。
虫を食べるが、虫がいないときは木の実なども食べるそうだ。
テラスになにか置いておいたら取りにくるだろうか。

c0175975_1472237.jpg
4月15日撮影
ついに発見。
小さいので大きく上に背伸びする瞬間を撮影するのが難しい。


c0175975_148423.jpg
今日、ひな鳥が羽を広げたのを目撃。
巣から落ちないかと心配。。。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17858006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruggine at 2012-04-22 06:28
おおーっ、クロウタドリさんの巣が街灯の上にあるのですねー。
しっかしよく考えたモノです。
わが家のお庭にもいつもたくさんのMerlo(イタリア語はメルロです♪)が
エサを探しにやって来ますよ。
たまにわが家のルッジネさんのエサを狙うツワモノもいます。(笑)
Commented by patronistaT at 2012-04-24 19:23
ruggine さん、こんにちは。
バルコニーから見えるのはつがい1カップルだけなんですが、
ほかにもたくさんカップルがいるんでしょうね。
ツバメ以外の鳥の巣をみたのはこっちに来てからです。
日本ではみる機会がなかったな〜。
そちらのツバメもにほんのより少し大型でしょうか。
by patronistaT | 2012-04-22 01:58 | 日記 | Trackback | Comments(2)