ある日の買い物の道々で

この日はC/GIRONAにある図書館へ行った日だ。
バルセロナの図書館は各地域にあり、私の住む場所にもあるのだけど、
図書館ごとに特色があるので、メトロに乗ってでもGIRONAの図書館で映画のDVDを選びたい理由があるわけ。
こういう公共文化施設は充実してるのでとても満足している。

c0175975_19495767.jpg
角にはたしか古い食料品店が有った気がする。
どんどん小洒落たカフェテリアに様変わり。


このレストラン、開店前だった。内装が見たい。
c0175975_19524447.jpg



ここにも新しいカフェ
c0175975_1955952.jpg



c0175975_1957427.jpg
カサ・ミラの通りだったか、ル・クルーゼの店発見。
重たいので好きでは無いけど、ウインドーのタジンに惹かれて入店。
これはスペインならではかな。色は日本の方が豊富。
c0175975_19581245.jpg
タジンとはモロッコ料理の一つ。


c0175975_19594040.jpg
毎回気になるアンティークショップ。
鞄、やっぱり好きだ。鞄や箱は夢が広がる。
ヴィトンでたった一つ欲しいもの。それはアンティークの大きなトランク。
タイタニック号にも乗っていたようなやつね。無理だけど。


c0175975_200502.jpg
プラモデル店、イカ釣り漁船か。昔、プラモデル作りにハマった事があった。
子供のときは父と一緒によく作ったな。
このプラモデル屋のとなりにある中華食材店で買い物。

ゴシック地区へ戻って来た。
カテドラルを夕日が照らす。
c0175975_2014713.jpg
修復完成予定は2009年だったよね。
これはサグラダ・ファミリアではないんだけど。
c0175975_202306.jpg
c0175975_2035277.jpg
c0175975_2045024.jpg
カテドラル前の広場で真剣にサッカーする少年達。
観光客を上手に縫ってドリブル。こっちじゃ女の子もやる。
これからどんどん陽が長くなるヨーロッパの夕暮れである。
[PR]
トラックバックURL : http://patronista.exblog.jp/tb/17846954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2012-04-22 03:44
こちらも日が長くなりましたよ。でも夕飯はしっかり毎日同じ時間にお腹すくんですけどね(笑
アンティークショップ、実は私も初めてとことん惚れて買ったのがスーツケース、でした。10代後半で買ったその小ぶりなスーツケースで数年後にアフリカ旅行行ったんですよね、今思うとずいぶん身軽で友人に「どこ行くの?」と聞かれて「アフリカまで」と返事したら全く信じてなかったですけどね、帰ってきてから仰天されましたけど。
いや、カバンには夢がありますよね、私も買ったときは(買う前からですけど)すごい夢膨らませたもんですよ(愛
今じゃキャリーじゃないと体がもちません、夢よりも現実、ですか(老
Commented by mChouette at 2012-04-24 09:56
こんにちは。いつも突然の不定期な訪問で失礼します。
こんな光景をみると、羨ましいなって思う。とりわけ大阪に住んでいる私には。大阪の町は疲れる。喫茶店も落ち着いた昔ながらの喫茶店ってどんどん減っていってる。
ウィンドーのディスプレイもオシャレ。ずっと以前はデパートのウィンドーも夢があったりしたけど、最近は商売っ気が丸見えが多くって…。
トランク!
学生時代、実家が古い古い家を建て替えする時に蔵にあった革のトランクを見つけて下宿先に持ち帰って、大学時代はそれをもってキャンパス歩いてましたねぇ。(母や祖母たちはこんな汚い物、変なもの欲しがる子やねぇとあきれてましたけど)。結婚してからはある時はパッチワークの端布いれになったり、お気に入りのポストかード入れになったり…。
気に入ったのはずっとずっと少々壊れても捨てられずにいるんですよね。
Commented by patronistaT at 2012-04-24 19:14
efendi さん、こんにちは。午後8時過ぎまで薄明るいですね。
テラスでビールと行きたいところですが、ちょっと寒いんです。
アンティークの鞄一つでアフリカまでなんて、なんだか
コロニアル時代みたい。私は会社へ行く途中、道で見つけて
遅刻覚悟で一旦家まで持ち帰りました。
今は新品のスーツケースでもアンティーク調デザインが流行ってますよね。
Commented by patronistaT at 2012-04-24 19:20
mChouetteさん、こんにちは。
日本は、特に大阪は商業の町だから余計に看板や宣伝の音が目立つのではないでしょうか。東京の町、うるさ過ぎます。
こっちは人の生の声が大きいですが、スピーカーの音はしないんです。
不景気になると余分だと思われている良い物が減って来ますね。
夢のある装飾も無意味なのでしょうね。
あはは、私も汚い物ほしがる変な娘でした。
昔から引っ越しが多かったのと、戦争でお米に変わったそうで、
代々の古い物が無かったのが残念でした。
Commented by gyuopera at 2012-04-27 15:27
古いカバン、魅力的ですね! 昔はポーターに運ばせたから、車なんか付いていなかったんでしょうね。ほしいけれど置くところが無いなあ。
ロンドンで、ヴィトンの古いカバンばかり置いてあるアンティーク店がありました。素敵だった。今のヴィトンを買おうとは思わないけれど。
内装が見たいというレストラン、クラッシックで素敵ですよ。ここで頼まれて演奏したことがあるんです。
Commented by patronistaT at 2012-04-27 21:10
gyuさん、こんにちは。
上の記事に書いた拾った古い鞄をテーブル代わりにつかっていました。
積み重ねてベッドサイドに置いても素敵でしょ。

あのレストランで演奏されたのですか、内装もすてきなら
さぞ良い雰囲気だったでしょうね。
是非次回は営業中に覗いてみたいです。
by patronistaT | 2012-04-19 20:14 | 散歩 | Trackback | Comments(6)